新宮あじさい祭り2017!開花状況やライトアップは?

四国中央市・新宮町のあじさいの里には、シーズンになると2万株色とりどりのあじさいが開花します。

shinguajisai

新宮あじさい祭りは、2016年6月26日に開催されました。2017年の発表が待たれますね。

山の斜面に1本ずつ植えられた約2万株のあじさいが見事に咲き誇ります。

でも斜面はちょっと急坂です。歩くのは大変という方はモノレールに乗って眺めることもできますよ。


それでは、新宮あじさい祭り2017。
新宮あじさい祭りとは、開花状況は、新宮あじさい祭りライトアップなどを見ていきましょう!



スポンサードリンク




新宮あじさい祭りとは

四国中央市・新宮町上山中野地区の「あじさいの里」には、シーズンになると、山の斜面に約2万株、色とりどりのあじさいが咲きます。

2016年もお待ちかねの新宮あじさい祭りですが、正式に発表されました。2016年6月26日(雨天決行)に開催されます。



このアジサイは、国道319号線のあじさい茶屋周辺から見上げるのもいい。
散策道をゆっくり歩きながら眺めるのもいいです。

動画は1分15秒後からどうぞ。



疲れたら、茅葺き屋根の休憩所で腰かけながら眺めましょう。

でも歩くのはちょっとという方、モノレールなら楽に眺めることができますネ。
小さなお子さん連れの方や、ご年配の方にはオススメです。


いちばん上は、見晴らしが最高!見下ろすとアジサイと周りの山々が一望できますよ。

ここは、車で来てください。

ただ道路が狭くて、車一台がやっと通れる道幅ですので、対向車に注意して登ってきてください。すれ違いの時はちょっと難渋しますけど(笑)ね。



道路の上には、茶畑が広がっていましたね。

そして、道路の右手には大きな碑が立っています。そこには、あじさいの里の沿革が記されています。

「あじさいの里」のはじまりは、中野地区に待望の農道が開通し、お茶のみグループの主婦が喜びを込めて、2000株のあじさいを植えました。

その後は、あじさいグループにより増植・増園、茶屋、休憩所、遊歩道、モノレール等を整備して、今日のあじさい祭り及び「あじさいの里」を完成させました。

あじさいグループの方が、剪定や草刈りなどしっかり手入れされています。
だから、こうしてきれいなアジサイを見ることができるのですね。

ここに茶畑が、そぅ新宮町はお茶の産地としても有名なんです。茶畑が広がり、アジサイとの取り合わせもとても素敵です。



スポンサードリンク




開花状況は

それでは、約20,000株のアジサイっていつ頃楽しめるのでしょうか?


2016年の見頃・開花状況

・6月2日、咲き始めました。
・6月17日、満開見頃になりました。


最新情報はコチラをご覧ください。
⇒ 新宮あじさいの里


あじさい祭りの時期(ライトアップ期間)が見頃ですのでお出かけください。



新宮あじさい祭りライトアップ

2016年のライトアップ期間は、6月20日~7月8日まで(開花状況によって変更あり)
時間は、19:30~21:00まで


ホント、神秘的というか幻想的でキレイですね。暗い山の中、ここだけくっきりと明るく照らされたアジサイは、昼間とは全く違うキレイな輝きを見せてくれます。

足元は暗いですから遊歩道は気をつけてお歩きください。



まとめ

いかがでしたか?

新宮あじさい祭りとは、2016年の開花状況、ライトアップについてご紹介しました。

2017年は、新宮あじさい祭りに是非いらして下さいね。

※あじさい・関連記事
⇒ 白山神社あじさい祭り2017
⇒ 本土寺のあじさい2017
⇒ 長谷寺のあじさい2017
⇒ 明月院のあじさい2017
⇒ 小田原城あじさい花菖蒲まつり2017
⇒ 箱根あじさい電車2017
⇒ 下田あじさい祭り2017
⇒ 三室戸寺のあじさい2017
⇒ 矢田寺のあじさい2017




おすすめ・関連コンテンツ



スポンサードリンク


コメントを残す

このページの先頭へ