箱根の紅葉2017!見ごろ時期、混雑避けて人気スポットを巡る!

箱根は紅葉の名所。標高が高いので秋になると一足早く色鮮やかな紅葉が楽しめます。

紅葉の名所だけあって紅葉スポットがたくさんあります。しかも紅葉スポットがエリア毎に点在しています。

・強羅・小涌谷エリア
・桃源台エリア
・仙石原エリアなど

東京からも日帰りで行けますが、全てのスポットを一日で巡るのは到底ムリ。

私なら、箱根の紅葉スポットで人気1位の「箱根美術館」を含めて強羅・小涌谷エリアの3ヵ所ほどを巡りながら紅葉を楽しみたいですが、あなたはどう思いますか?

hakone-koyo1
photo credit: hogeasdf 071202-dsc_0054 via photopin (license)

でも紅葉の見頃時期、2017年も箱根は車も電車も大混雑するのでしょう。混雑を避けて人気スポットを巡る方法をご一緒に見ていきましょう!



スポンサードリンク




紅葉見ごろ時期、混雑を避けて人気スポットを巡る方法

紅葉の名所・箱根。紅葉の見ごろ時期の土日祝日は、公共交通機関も車も大混雑します。

見頃時期の混雑状況と混雑解消策を調べた上で、人気スポットを巡る方法をご提案しますネ。


見頃時期の混雑状況と混雑解消策

箱根美術館を含め強羅・小涌谷エリアでも、この時期はもちろん混雑します。電車も車も大混雑ですよネ。困りましたね~

でも安心してください!混雑や渋滞状況を把握して、混雑解消策を立てる。すると、大混雑に会わずに紅葉を楽しめるハズです!

ご一緒にやってみましょう。


◆箱根登山鉄道や箱根登山ケーブルカーの車内は、満員でギュウギュウ詰め状態です。
 混雑解消策⇒早朝、家を出ることで解決するでしょう。

◆箱根湯本駅や強羅駅の切符売り場の前でも、長蛇の列ができます。
 混雑解消策⇒事前に前売り券を購入しましょう。帰りの分もね。

◆箱根美術館は大人気の紅葉名所で、チケット購入窓口は開館前から長蛇の列が発生。
 混雑解消策⇒事前に前売り券を購入しましょう。インターネットからも購入できますヨ。

◆道路は、どこも慢性的に渋滞しています。
 混雑解消策⇒車はオススメしません。早朝家を出ることで1カ所目は解決しても、2か所目以降の駐車場と道路事情が予測できません。


上記の枠内をまとめますね。オススメは公共交通機関で早朝家を出る。電車の乗車券と箱根美術館のチケットは、事前に前売り券を購入しましょう!



見頃時期の人気スポットを巡る方法

混雑の解消策は分かりましたので、ココでは具体的に人気スポットを巡る方法をご紹介しますね!
(電車と箱根美術館の前売り券をは事前に購入しておきましょうね。)

まず、早朝家を出ましょう。9時頃には箱根美術館に到着できているといいですね。

登山鉄道の強羅駅でケーブルカーに乗り換え、公園上駅で下車します。徒歩1分で、箱根美術館に到着。
(もしケーブルカーになかなか乗車できない場合は、強羅駅から徒歩で箱根美術館まで約10分)

箱根美術館を含めて強羅・小涌谷エリアの3ヵ所ほどを巡るのでしたね!

お待ちかねお勧めルートは、箱根美術館⇒箱根強羅公園⇒箱根小涌園蓬莱園

(人気スポットとして…箱根強羅公園と箱根小涌園蓬莱園を選んだ理由は、第4章と第5章を見てくださいね。)

では、お勧めルートの巡り方を見て行きましょう。


箱根美術館のお隣が、箱根強羅公園。徒歩で直ぐの距離ですので迷う事もないですね。

箱根強羅公園~箱根小涌園蓬莱園は、徒歩で20分ほどかかります。
強羅駅を目指して前進すると、箱根登山鉄道の線路と並走する県道723号に突き当ります。
723号線沿いに強羅駅とは反対方向へ進みます。彫刻の森駅からは並行はなくなります。そのまま進むと、箱根駅伝で有名な急坂のコース・国道1号線に出ます。

右折して数分後、左手にファミリーマートが見えたら、その先が箱根ホテル小涌園。入口に到着です。

県道723号も国道1号線も車がビュンビュン走っていますので、横断する時はご注意くださいね。



お帰りは、箱根登山鉄道小涌谷駅まで徒歩約15分です。



スポンサードリンク




紅葉の見頃予想2017

2017年の関東は、10月から11月の気温が平年並の見込みです。よって紅葉の見頃時期は平年並の予想となるでしょう。

また特に箱根を含め関東の山沿い地方では、10月からは朝晩の気温低下が一段と進みます。従って2017年は、鮮やかな紅葉が楽しめそうですよ。11月が待ち遠しいですね。

箱根随一の紅葉スポット、箱根美術館の見頃時期を予想しますネ。

◆2017年紅葉見頃予想は…11月中旬~12月上旬
◆記事作成日(9/20)現在、見頃予想日は…11月12日頃~
◆9/20現在の見頃状況、まだ色づいていません!

最新の箱根美術館・紅葉情報はこちらから!
⇒ ウェザーニューズ紅葉情報


箱根美術館の紅葉

箱根随一の紅葉スポットは、箱根美術館の庭園です。箱根で紅葉を見るのならココは絶対外せません。

まず、庭園内の苔庭が素晴らしい!緑の苔のじゅうたんを敷き詰めたようで、見事という他に言葉がありませんネ。

そして11月になり、赤・黄色・オレンジなどの紅葉が庭園内を覆う頃になると、緑の苔庭とのコントラストが絶景となります。この絶景見たさに訪れる人がとても多いのです。

hakone-koyo2
photo credit: hogeasdf 小径 via photopin (license)

まるで絵画を見ているかのように美しいですよね。

庭の真ん中にある茶室・真和亭。茶室から苔庭の紅葉を眺めながら、和菓子と抹茶をいただくのも風情がありますね。
立礼席で一服700円です。箱根一番の紅葉スポットに行くのですから、ご満足のいくまでお楽しみください。



料金・時間・アクセス・駐車場

【入場料】大人900円、高大生400円、中学生以下無料
【休館日】木曜日(祝祭日は開館、11月は無休)
【時 間】9:30~16:30(4月~11月)
【アクセス・電車】
 箱根登山鉄道の箱根湯本駅から強羅駅まで乗車し、箱根登山ケーブルカーに乗り換えます。5分間乗車し公園上駅で下車。徒歩1分。
【アクセス・車】
 小田原厚木道路の小田原西ICから宮ノ下経由で約30分
 東名御殿場ICから仙石原経由で約30分
【駐車場】無料





箱根強羅公園の紅葉

箱根強羅公園も紅葉の名所です。11月になると公園内は鮮やかな赤に染まります。

特に素晴らしい紅葉が見られる場所は白雲洞茶苑という茶室です。

強羅公園は全体的には洋式整形庭園ですが、白雲洞茶苑だけは日本庭園になっています。

オススメは…
茶室に上がってお抹茶をいただきながら、庭園を眺める!
綺麗な紅葉の古木(大木)が、何本も茶室に覆い被さってきます。紅葉の大木って聞いたことありません。たぶん珍しいのでしょうね。

この日本庭園だけが、なぜか時が止まったかのような錯覚を感じそうですネ。

また抹茶とお茶菓子つきの見学(500円)もオススメ。茶室内部も見学できます。お菓子付きの抹茶をいただいて綺麗な紅葉を鑑賞。こんな贅沢もたまにはいいかもしれませんね。


料金・時間・駐車場

【入園料】大人550円、小学生以下無料
【時 間】9:00~17:00
【駐車場】300円(1時間)



箱根小涌園・蓬莱園の紅葉

蓬莱園へは、箱根小涌園の小涌園庭園からお入りください。小涌園庭園内にかかる蓬莱橋を渡り終わると、ソコが蓬莱園です。

蓬莱園の紅葉の特徴は、色です。ヤマモミジやノムラモミジなどが植栽され、1万6千平米の広大な庭園に色鮮やかな赤や黄色の紅葉が広がります。

ココは、赤だけでは出せない色彩豊かな紅葉です。他では見られない十分すぎるほどの見応えですネ~

実は蓬莱園は、国道1号線を挟んで向かいの三河屋旅館所有の庭園なんです。
管理は箱根町がして入園自由で無料、とても有り難いことですね。誰でも気軽に紅葉を楽しめますよネ。



料金・時間・駐車場

【入園料】無料
【時 間】入園自由
【駐車場】三河屋旅館の駐車場はなし。
 どうしてもって方は、小涌園ユネッサンの駐車場(有料)をご利用ください。




まとめ

お勧めルートの箱根強羅公園~箱根小涌園蓬莱園間は20分ほど歩きます。

しかし、そんなに歩けないよっていう方は、箱根美術館と箱根強羅公園だけにする。または、乗れそうなバスがあったら乗っちゃいましょう。

お勧めルートに決めたら、忘れないうちに電車と箱根美術館の前売り券を購入しましょう。箱根美術館の前売り入館券でしたら、こちらでも購入できます。
⇒ ラクラク入場(箱根美術館)



スポンサードリンク




おすすめ・関連コンテンツ



※紅葉・関連記事
⇒ 六義園の紅葉2017
⇒ 神宮外苑いちょう祭り2017
⇒ 高尾山の紅葉2017
⇒ 昇仙峡の紅葉2017
⇒ 芦ノ湖の紅葉2017

コメントを残す

このページの先頭へ