河口湖ハーブフェスティバル2016!見頃・開花状況や大石公園情報等

6月から7月に開催される河口湖ハーブフェスティバルでは、10万本のラベンダーが河口湖畔に咲き誇ります。
kawaguchikoherb01

20165年河口湖ハーブフェスティバルの日程が決まりました。
八木崎公園会場・6月17日~7月10日
大石公園会場・・6月17日~7月18日


期間中、全国から30万人の方が来場し町は賑わいます。

とても気になるラベンダーの見頃・開花状況、大石公園会場と八木崎公園会場の詳細情報もお伝えします。




スポンサードリンク





河口湖ハーブフェスティバル2016

河口湖ハーブフェスティバルが開催される富士河口湖町(ふじかわぐちこまち)は、県の南東部に位置し、町は標高が高く河口湖駅の標高で857メートルもあります。

町名の一部にもなっている「富士山」の北に位置し、富士山の溶岩流や噴出物で堰き止められた富士五湖(河口湖、西湖、精進湖、本栖湖、山中湖)のうち、山中湖を除く4湖が富士河口湖町内に属しています。
なお、2013年に富士五湖全てが世界文化遺産に登録されました。


10万本のラベンダーが夏の訪れを知らせてくれる「河口湖ハーブフェスティバル」は、毎年30万人が来場する富士河口湖町の一大イベントになりました。


kawaguchikoherb02

2016年の開催は、
◆八木崎公園・6月17日(金)~7月10日(日)
◆大石公園・・6月17日(金)~7月18日(月祝)



◆関連イベント『富士山・河口湖山開きまつり・花火大会』
      ・・・・7月2日(土)20:00~20:30
*富士山の山開きを記念して、花火を打ち上げます。
*打ち上げ場所は、河口湖畔船津浜沖畳岩、河口湖畔大池公園湖岸



会場は2カ所、メイン会場の八木崎公園と第二会場の大石公園です。

河口湖ハーブフェスティバル・基本情報

・開催場所:八木崎公園/大石公園(富士河口湖町)
・電話番号:0555-72-3168(河口湖ハーブフェスティバル実行委員会)
・株  数:10万株
・アクセス:自動車:中央自動車道・河口湖IC~
      電 車:富士急・河口湖駅~



開催期間・開催時間が、八木崎公園と大石公園で多少違いますので、ご注意ください。





見ごろ・開花状況は?

例年ラベンダーの見ごろは、6月中旬から7月中旬まで。
早咲き・遅咲きの2種類があり、見頃期間が長くなり、たくさん楽しめて嬉しくなりますね。



2016年の見頃・開花状況

■【八木崎公園】開花状況
・6月10日、早咲き・こいむらさきがほぼ見頃を迎えました。
・6月14日、早咲き・こいむらさきが見頃となりました。
・6月17日、早咲き・おかむらさきがほぼ見頃に。
・6月23日、早咲き・こいむらさきは引き続き見頃です。
・6月24日、遅咲き・グロッソは7分咲きです。
・7月1日、おかむらさきは見頃過ぎ。まだお花と香りを楽しめます。
・7月7日、こいむらさきも見頃過ぎ、まだ楽しめます。
・7月8日、遅咲き・グロッソが見頃を迎えています。



■【大石公園】開花状況
・6月10日、早咲き・こいむらさきがほぼ見頃を迎えました。
・6月22日、遅咲き・グロッソは6~7分咲きです。
・6月27日、全体的に見頃を迎えています。
・7月4日、見頃継続中です。
・7月6日、見頃過ぎですが、まだ楽しめます。


2016年は、大石公園・八木崎公園の早咲きが数日違いで見頃になりました。
また、2015年よりだいぶ早く見頃を迎えています。今後の状況をチェックしてからお出かけください。


☆最新の開花状況をご確認ください。
⇒ 富士河口湖 総合観光情報サイト



2015年の状況もご参考にしてください。


2015年の見頃・開花状況

■【八木崎公園】開花状況
・6月19日、早咲き・こいむらさきが見頃を迎えました。
・6月29日、早咲き・おかむらさきほぼ見頃に。
・7月11日、遅咲きグロッソ満開見頃になりました。


■【大石公園】開花状況
・6月22日、早咲き・こいむらさきが見頃を迎えています。
・7月1日、遅咲きグロッソが見頃となりました。
・7月15日、遅咲きグロッソ見頃継続中です。





スポンサードリンク





八木崎公園情報

2016年も八木崎公園をメイン会場として、河口湖ハーブフェスティバルが開催されます。
日程は、6月17日(金)から7月10日(日)まで。




八木崎公園は、河口湖の南側に位置し、広大なラベンダー畑でたくさんのラベンダーが鑑賞できます。
メイン会場だけあって、広大なラベンダー畑は大石公園よりもずっと見応えがありますよ。

ハーブフェスティバルの開催期間は、6月17日~7月10日までです。大石公園より1週間以上も短くなっています。お間違えのないようお願いします。


また敷地内の河口湖ミューズ館は、布でてきた子どもの人形がとても印象的です。
さらにショッピングエリアでは、地元の特産品がたくさん販売されています。ラベンダー鑑賞の後は、お土産選びでも楽しみください。


■八木崎公園会場・基本情報■

・開園期間:6月17日(金)~7月10日(日)
・開園時間:9:00~18:00
・会  場:八木崎公園
・入園料金:無料
・住  所:山梨県南都留郡富士河口湖町小立923番地先
・アクセス:河口湖駅~西湖周遊バス~八木崎公園下車
・駐車場 :無料/八木崎公園内広場(グランド)を開放
・問い合わせ:0555-72-3168(河口湖ハーブフェスティバル実行委員会)









大石公園と周辺情報

第二会場となる大石公園でも河口湖ハーブフェスティバルが開催されます。
2016年は、6月17日(金)から7月18日(月祝)まで開催されます。



大石公園は、河口湖の北岸に位置しています。立地上「ラベンダーの花」とその向こうの「河口湖」、さらに先の「富士山」が同時に眺められる事が人気になっています。


この「ラベンダーと河口湖と富士山」の絶景が、『関東の富士見百景』にも選定されました。オススメしたい撮影スポットです。


大石公園では、6月17日(金)~7月18日(月祝)まで開催されます。八木崎公園より1週間以上長い日程です。ご注意ください。



大石公園会場・基本情報

・開園期間:6月17日(金)~7月18日(月祝)
・開園時間:9:00~17:00
・会  場:大石公園
・入園料金:無料
・住  所:山梨県南都留郡富士河口湖町大石2585番地先
・アクセス:河口湖駅~河口湖周遊バス~終点・河口湖自然生活館下車
・駐車場 :無料/大石公園グランドを開放
・問い合わせ:0555-72-8772(大石観光協会)









大石公園のお隣「河口湖自然生活館」

ラベンダーを見終わり、帰りにちょっと立ち寄って、お買い物や休憩をとる場所として、「河口湖自然生活館」はいかがでしょう。


ブルーベリーをテーマにした、ショップ・ジャム作り体験教室・カフェをやっています。

富士山や山梨県関連の商品もあって、おみやげの買い物は、このショップで間に合います。人気No.1のお土産は、自然生活館で手作りしているブルーベリージャムです。


休憩もここのカフェで、ゆっくり、コーヒーや紅茶をいただきながら、
すぐ目の前の「河口湖」と「富士山」を眺めるなんて最高ですね!


・ショップ:9:00~18:00(冬季は9:00~17:30)
・カフェ :9:00~17:00(冬季は9:00~16:30)
・場  所:大石公園内
・住  所:山梨県南都留郡富士河口湖町大石2585
・問い合わせ:0555-76-8230





まとめ

2016年河口湖ハーブフェスティバルの日程が決まりました。
八木崎公園会場・6月17日~7月10日
大石公園会場・・6月17日~7月18日


終了日が少し違いますので、お気をつけください。




スポンサードリンク



関連コンテンツ

コメントを残す

このページの先頭へ