高田公園の桜2017!開花予想と満開予想は?駐車場情報など

高田公園の桜は、さくら名所100選の地に選ばれる桜の名所。約4000本ものソメイヨシノが咲き誇ります。
takadasakura1

2017年高田城百万人観桜会が4月1日~17日まで開催されます。今回も大変な混雑が予想されています。

観桜会が開催される時期になると会場周辺の道路は、交通規制され大渋滞が予想されます。よって駐車場選びやアクセスにも注意が必要ですよ。

では高田公園の桜2017。2017年の開花予想と見頃予想、高田城百万人観桜会、オススメの日本三大夜桜、駐車場とアクセスなどをご一緒に見ていきましょう。


スポンサードリンク





2017年の開花予想と見頃予想

日本気象協会から2017年の開花予想が発表されています。(3/15)

・開花予想日…4月8日(平年並み)
・満開見頃予想…4月13日

新潟の桜は、平年並みの開花となる見込みです。
2017年は暖冬でした。2月以降は平年並みの気温で、以降も平年並みが続く予想のため、高田公園の開花は平年並みとなるでしょう。

2016年は開花が3月31日、満開が4月6日でした。2017年は開花日・満開日ともだいぶ遅くなりそうですね。


なお3月16日現在、つぼみが少しずつ膨らんできました。

最新の開花状況は、コチラでご確認ください。

⇒ 高田公園の開花状況




高田公園の桜2017

高田公園は、徳川家康の六男松平忠輝が築いた高田城の跡地に整備された公園です。公園内の桜は「さくら名所100選の地」にも選ばれるほどで、日本を代表する桜の名所です。

公園内には約4000本のソメイヨシノが咲いていますが、元々は1909年この地に2200本の桜を植樹したの事がはじまりです。



高田城百万人観桜会

高田城百万人観桜会と命名したように、2014年~2016年まで3年連続で130万人を超える花見客を迎え入れました。スゴイ人出ですよね~。

2017年の観桜会は、4月1日~17日に開催されます。またまた大変な混雑が予想されそうですね。

観桜会期間中、公園内には約4000本のソメイヨシノが咲き、日没後は約3000個のぼんぼりが点灯されます。

明るいうちにこの美しいソメイヨシノを鑑賞して、夜になったら「日本三大夜桜」のひとつにも数えられるライトアップされた幻想的な夜桜をお楽しみくださいね。

つまりココは、同じ場所で昼と夜、二度も絶景が楽しめます。


スポンサードリンク





オススメの日本三大夜桜

高田公園に来たなら、ライトアップされた日本三大夜桜を強くオススメします。


・ライトアップ期間…2017年4月1日~17日
・ライトアップ時間…日没~22:00頃まで
・三重櫓のライトアップ…18:00~22:00


約4000本のソメイヨシノが咲き、約3000個のぼんぼりが照らし出す。夜桜がぼんぼりの明かりでお堀の水面に映ります。
それを見る人々の心を魅了させてしまいます。高田公園の夜桜は超オススメですよ。

ライトアップされた夜桜の見どころを2つご紹介しますね。
・緑色にライトアップされた「三重櫓」
・桜のトンネルがきれいにライトアップされた「さくらロード」



高田城三重櫓のライトアップ

お城の三重櫓は緑色にライトアップされてまぶしい限り、その周りの桜は、ぼんぼりで照らされて、その美しい夜姿がお堀の水面に映し出されています。

takadasakura2

とても神秘的な感じがします。ウツクシクかがやく光景は、一見の価値アリです。



さくらロードのライトアップ

この紫色に光る花のトンネルは、人・人・人です。


夜ですから、気をつけて歩かないとぶつかります。歩くテンポも流れに合わせないと、前後の人と衝突してしまいます。特に小さなお子さま連れの方は、手をはなさないようにしてくださいね。

桜は真上に咲いているので、つい真上を見たくなります。すこし前方の上部を眺めながら歩くって感じがベターです。

撮影するときは、横によけるなどして、流れを乱さないようにしましょう。


以上、ライトアップの見どころを2つご紹介しましたが、隠れた見どころを一つだけ紹介しますね。

三重櫓の近くの噴水広場。ライトアップで色が変わる噴水で、水の出方も変化します。ずっと後日まで印象に残る噴水ではと思います。


ライトアップされた高田公園はとてもキレイですが、桜のこの時期の上越の夜はまだ少し寒いです。
防寒対策をしておいたほうが無難でしょう。薄手のコートなどを用意したほうがいいかもしれませんね。




駐車場とアクセス

高田公園へのアクセスは自動車か電車でしょう。自動車の方は、駐車場情報もご覧ください。


駐車場

特に土日と金曜夜の周辺道路は、交通規制があったり、渋滞が予想されますので、駐車場選びには注意が必要です。

臨時駐車場を含めて可能な駐車場は市内にたくさんあります。その中でもオススメの駐車場をご紹介します。

オススメする駐車場は、高田駅前の駐車場です。高田公園へは、高田駅から歩いていけます。10分~15分程度です。

もうひとつのオススメは、会場からできるだけ離れた臨時駐車場。道路が渋滞しないから、止めやすいと思われます。会場まで多少距離がありますので、シャトルバスをご利用ください。
なお第5と第6時駐車場にはシャトルバスはありません。

身がい者専用駐車場も会場の近くに用意してあります。駐車場は、かなり充実しているようです。



アクセス

オススメのアクセスをご紹介します。自動車が便利ですが、混雑するので注意が必要です。混雑を避けたい方は、電車のほうがいいでしょう。

・車の方は…臨時駐車場から徒歩orシャトルバス
・電車の方は…高田駅から徒歩(15分)orシャトルバス


シャトルバスの料金は、大人(高校生以上)200円、子ども100円、小学生以下無料。料金もお安くて、ありがたいですね。

シャトルバスの運行時間は、8:00~21:00。でも、ライトアップは午後11時までやっていますよね。
シャトルバスをご利用される方は、午後9時までにご乗車くださいね。




まとめ

ここまで高田公園の桜2017。2017年の開花予想と見頃予想、高田城百万人観桜会、オススメの日本三大夜桜、駐車場とアクセスなどをご紹介しました。

2017年の開花予想は、4月8日頃
2017年の満開見頃予想は、4月13日頃~


昼は明るいところでキレイな桜を、夜はライトアップされた神秘的な夜桜をお楽しみください。

観桜会会場周辺の道路は土日などは混雑が予想されます。駐車場は「高田駅前」または「会場から離れた駐車場」を、会場までのアクセスは「徒歩」または「シャトルバス」をオススメしました。

上越の夜は少し寒いかもしれません。防寒対策をしてお出かけください。

※桜・関連記事
⇒ みなみの桜と菜の花まつり2017!開花状況や見頃?アクセスは?
⇒ 三浦海岸河津桜まつり2017!開花状況や見頃はいつ?
⇒ 熱海桜まつり2017!見ごろや開花状況?見どころは?
⇒ 河津桜まつり2017!見頃や開花状況は?住所やアクセスは?
⇒ 高遠城址公園の桜祭り2017!開花予想、見頃はいつ?



スポンサードリンク



関連コンテンツ

コメントを残す

このページの先頭へ