小田原城あじさい花菖蒲まつり2017!開花状況・見頃、見どころは?

2017年の小田原城あじさい花菖蒲まつりは、6月3日(土)~18日(日)です。

まつりの時期になると、アジサイと花菖蒲の花の競演が楽しめます。

odawarajo-ajisai1

アジサイが約2100株の花を、花菖蒲が約6000株の花を咲かせ、6月中旬には同時にお楽しみいただけます。

では小田原城あじさい花菖蒲まつり2017。開花状況と見頃予想、まつり日程、アジサイと花菖蒲の見どころを1つずご紹介します。


スポンサードリンク



開花状況と見頃予想

小田原城の花菖蒲園では、アジサイを背景に花菖蒲が花を開きます。

開花の状況は例年下記の通りです。
・花菖蒲  6月上旬~中旬
・アジサイ 6月上旬~7月上旬


両方が同時に見頃を迎えるのは、6月中旬頃。できれば、この時期を狙いたいですね。

さて2017年6月1日現在、アジサイ・花菖蒲ともに咲き始めています。
6月9日現在、花菖蒲は見頃。あじさいは数日で見頃でしょう。

☆最新の開花状況をご確認ください。
⇒ 平成29年あじさい&花菖蒲の開花状況

2016年の開花状況もご覧ください。


2016年の見頃・開花状況

・5月26日、アジサイ、花菖蒲がともに咲き始めています。
・6月13日、アジサイが見頃。2016年の花菖蒲はイマイチだったのか!?



小田原城あじさい花菖蒲まつり日程

2017年の開催日程が発表されました。

・期  間 2017年6月3日(土)~18日(日)
・場  所 小田原城東堀の花菖蒲園
・アクセス 小田原駅から徒歩10分
・ライトアップ 19:00~20:00



アジサイ花菖蒲の見どころは2つ

オススメの場所は小田原城東堀・花菖蒲園の1か所だけです。

アジサイと花菖蒲の楽しみ方・見どころを1つずつご紹介していきますね。


スポンサードリンク



アジサイの見どころ

花菖蒲園に沿って斜面いちめんにアジサイが咲いています。

実は斜面の上は本丸(城主の居所)でした。この斜面は、城主の居所を造るために積み上げた土塁(土手)なんです。だから高~く積み上げたのですね。

odawarajo-ajisai2

昔の職人さんが高~く積み上げてくれた土手いちめんに、青色のアジサイ(紫色も少々)の花が赤い橋を背景に咲いています。鮮やかな赤い橋は常盤木橋といって、天守閣に通じています。

青色や紫色のアジサイと、赤い橋がマッチして、つい引き込まれてしまいそうになります。



花菖蒲の見どころ

ここは花菖蒲園ですから、花菖蒲をオススメしないと叱られてしまいます(笑)。

斜面に咲くアジサイに比べ、ちょっと地味な感じがすると思ったら、見頃の期間も、あじさいよりかなり短いんです。

odawarajo-ajisai3

城壁の石垣が左右ほぼ対称、赤い橋とのつり合いもとれていますよね。
石垣と赤い橋をバックに、花菖蒲の花が白・ピンク・紫色に咲き乱れています



まとめ

これまで、小田原城あじさい花菖蒲まつり2017。開花状況と見頃予想、まつり日程、アジサイと花菖蒲の見どころをご紹介しました。

2017年の小田原城あじさい花菖蒲まつりは6月3日~18日!

まつりの時期になると、2100株のアジサイと6000株の花菖蒲が、同時にお楽しみいただけます。

ご都合をつけて是非お出かけくださいネ。

※あじさい・関連記事
⇒ 白山神社あじさい祭り2017
⇒ 本土寺のあじさい2017
⇒ 長谷寺のあじさい2017
⇒ 明月院のあじさい2017
⇒ 箱根あじさい電車2017
⇒ 下田あじさい祭り2017




スポンサードリンク




おすすめ・関連コンテンツ

コメントを残す

このページの先頭へ