代表取締役と代表取締役社長?違いを詳しく解説!

契約書の記名欄を見ていると、「代表取締役」や「代表取締役社長」等と記載されているケースが多いようです。この2つの違いはいったい何でしょうか?

daihyotori

代表取締役と代表取締役社長の違いを詳しく理解していただくために、
代表取締役と社長との違い、代表取締役の法律上の地位、社長の役職上の地位、取締役の地位等について解説します。



スポンサードリンク






代表取締役≠社長

まず基本的なことを押えておきましょう。

◆代表取締役≠社長

実際はほとんどが「社長」→「代表取締役」のようですが、「社長」は必ず「代表取締役」になる訳ではありません。

でも、「専務」で「代表取締役」の方もいますし、「副社長」で「代表取締役」の方もいます。逆に「社長」であっても「取締役」の方もいます。ちょっと複雑ですが、後で解説します。

ここでは、「代表取締役≠社長」ということを押えておきましょう。


「代表取締役」と「社長」の詳細については、続きをご覧ください。





代表取締役は、法律上の地位を所持

結論から言えば、
「代表取締役 日本一郎」でも、「代表取締役社長 日本一郎」でも、『法律上の地位』は同じです。

会社法では、「代表取締役」は『法律上の地位』を所持し、会社を代表して、業務(例えば契約)・株主総会や取締役会等を執行できます。

「代表取締役」の表記が契約書等にあれば、『法律上の地位』を所持しているとされ、「社長」の記載は問題とされません。

★「代表取締役」も「代表取締役社長」も『法律上の地位』は同じ。
☆「代表取締役」は『法律上の地位』を所持しているから、責任が重いんです!





社長は、役職上の地位を所持

「代表取締役社長」の「社長」、会長・副社長等は、各会社が自ら定めた役職です。『役職上の地位』を契約書や名刺に表記しているわけですが、慣例的に使用されてきたものに過ぎません

したがって代表取締役が一人の場合は、契約書の表記は「代表取締役」と「代表取締役社長」のどちらを使っていも問題ないでしょう。

また、複数の代表取締役が存在する場合は少しだけ注意が必要です。代表取締役は通常1名ですが、大企業等では複数の代表取締役を設置している場合があります。

私がいただいた名刺の中に「代表取締役専務」というのがあります。よく調べてみると、同じ会社で「代表取締役社長」の名刺も存在していました。

この会社の契約書表記は、「代表取締役」でも問題ありませんが、できれば「代表取締役社長」または「代表取締役専務」にした方が混乱がなくなりベターかなと思います。

☆「社長」は『役職上の地位』に過ぎない。責任の重さは「代表取締役」か否か!





スポンサードリンク





取締役も、法律上の地位を所持できる

いままで「代表取締役」だけが『法律上の地位』を所持していると説明してきましたが、「代表取締役」ではない「取締役」が代表権を有する事が可能なんです。

株式会社では取締役会を設置しない場合や、有限会社では代表取締役が必置機関ではない為、代表取締役を設置しない事も可能です。設置しない場合「全ての取締役」が代表権を有することになります。要注意ですね。

☆取締役も『法律上の地位』を所持できる!





まとめ

ポイントをまとめてみました。ご確認ください。

★「代表取締役」も「代表取締役社長」も『法律上の地位』は同じ
☆「代表取締役」は『法律上の地位』を所持しているから、責任が重い
☆「社長」は『役職上の地位』に過ぎない
☆取締役も『法律上の地位』を所持できる



最後に、予告しておいた「社長」で「取締役」の方の事例をご紹介します。

過去の名刺を見ていたら「取締役社長」の方がいました。同じ会社に「代表取締役会長」さんもいます。

つまり、
「代表取締役会長」は『法律上の地位』を所持!
「取締役社長」は『役職上の地位』だけを所持!

「社長」だから、責任が重いのではなく、「代表取締役会長」は『法律上の地位』を所持しているから、責任が重いんですね。





スポンサードリンク

関連コンテンツ

コメントを残す

このページの先頭へ