下田あじさい祭り2017!開花状況や見頃、見どころは?

下田公園の広大な丘一面に咲き誇る15万株、300万輪のアジサイは日本一といわれています。

アジサイの見頃にあわせて、2017年あじさい祭りが6月1日~6月30日に開催されます。

shimodaajisai01

150種300万輪・多種多様の色や形のアジサイが丘一面に埋めつくすと、想像をはるかに超えた壮観な光景が現れます。

丘を埋めつくすアジサイは、あじさい祭りに訪れた人を圧倒させることでしょう。


それでは下田あじさい祭り2017。
開花状況や見頃、見どころは2つなどを見ていきましょう!



スポンサードリンク




開花状況や見頃

それでは、300万輪のアジサイっていつ頃楽しめるのでしょうか?気になりますね。

過去の開花と見頃情報を調べてみました。
・開花時期は、5月下旬から6月下旬。
・見頃時期は、6月10日頃から6月下旬。


2016年の見頃・開花状況

・5月30日、ちらほら咲き始めています。
・6月9日、5分咲きに、見頃は間近かです。
・6月12日、見頃を迎えました。

※2015年とほぼ同じ頃、見ごろとなりました。まだまだしばらく楽しめそうですネ



見頃時期になると、青やピンク、白に紫色の花があたり一面を埋め尽くします。多種多様たくさんのアジサイの花が見事に咲き乱れますヨ!


下田あじさい祭り2017

下田公園において、アジサイの見頃にあわせて、2017年もあじさい祭りが6月1日~6月30日に開催されます。

総計15万株・300万輪のアジサイ目当てに、大勢の方々が来園します。

公園というより、山の中を散策しますので、それ相応に気をつけることがあります、ご覧くださいネ。

最初に、下田公園のアジサイは15万株、300万輪とご紹介しましたが、種類もスゴイです。なんと細かい品種も含めると150種になります。

150種・15万株・300万輪のアジサイが、広大な下田公園の丘を埋めつくします。

多種多様の色や形のアジサイを丘一面に埋めつくすと、想像をはるかに超えた、まさに壮観な光景が現れます。


アジサイの丘、いやアジサイの山と言った方がいいかもしれない下田の祭りの楽しみ方をご紹介しますね。

アジサイの山は広く、急坂を登り降りしないといけません。そんなとき、役立つのが、「靴」と「杖」。会場の入り口に、無料の杖が貸し出されています。

急坂をアップダウンする場所では、ぜったい必要になります(笑)。使っていた方も大勢いるようですヨ。


次は、靴。山道なので、履きなれた歩きやすい靴が絶対オススメです。
散策とぃうより、ちょっとした山登りですが、ま~ゆっくり歩けば、だいじょうぶと思います。

お体の不自由な方のために、お助けカートも用意されています(土日限定、無料)。

公園正面口から開国広場まで運んでくれます。下田公園さんの気配り、ほんとありがたいですね。

無料のカートや杖、ここは気配りがウレシイ!

動画にも、急な階段が出ていましたが、年配の方には、急坂のアップダウンはしんどいかもしれません。



基本情報

・住  所 静岡県下田市3
入園料  無料
・アクセス 伊豆急下田駅より徒歩で約20分
・自動車  あじさい祭専用駐車場 500円(6/1~6/30)
・あじさい祭り 6月1日~6月30日


スポンサードリンク



見どころは2つ

それでは、オススメの見どころを2つご紹介しますね。

オススメは何と言ってもアジサイそのものですね。日本一のアジサイをごゆっくりとご堪能してください。

1つ目は、公園というよりも山中一面に咲き広がるアジサイ
お楽しみでください。

2つ目は、山中のアジサイに少し飽きたら、ちょっと目を先の方へ向けてみてください。
そこには、花と花の間から静かな海と港が見えます



山中のアジサイ

公園というから、軽い気持ちで散策しようなんて、ダメですヨ。

ここは、全部アジサイで覆われている『アジサイの山』なんです。

山ですから、アップダウンが多く、急な坂、急な階段もあります、谷もあるし、細い道もある、そして、園内はとにかく広いです。


入口に無料の杖が置いてありますので、是非借りてくださいネ。それから、履きなれたスニーカーもオススメですヨ。

オススメ散策コースがあります。オススメ散策コースなら安心ですね。マップを手に入れて散策に出かけましょう!


shimodaajisai02

山のあちこちにアジサイが咲いています。
青・ピンク・紫・白、色とりどりのアジサイが見事に咲いています。


坂道の両側にはダーと埋め尽くすアジサイ、谷底では一面に咲き乱れるアジサイ、山の尾根付近では優雅に咲き誇るアジサイ。

150種・15万株・300万輪のアジサイですから、感動したり、夢中になったり、うっとりしたり、その眺めにはほんと大満足です(嬉)。

ここはできるだけゆっくり鑑賞したいですね。



下田港とアジサイ

散策路のアジサイもキレイですが少し飽きたな~と思ったら、視線をちょっと遠くへ向けてみてください。

そこには、花と花の間から静かな港が見えるかもしれません。

shimodaajisai03

青いアジサイや白いアジサイの間から、今度は下田の町並みが見えてきました。

shimodaajisai04

できれば撮影しておきたいですね。

また、もう少し登って、特設のお茶ケ崎展望台に上ると、下田の海が見下ろせて、絶景を一望できます!



まとめ

最後までご覧いただきまして、まことにありがとうございました。

・アジサイの開花と見頃、
・下田公園のアジサイって?
・2つの見どころなど
をご紹介しました。

伊豆下田あじさい祭り、ご都合ついたらいらして下さいね。

※あじさい・関連記事
⇒ 白山神社あじさい祭り2017
⇒ 本土寺のあじさい2017
⇒ 長谷寺のあじさい2017
⇒ 明月院のあじさい2017
⇒ 小田原城あじさい花菖蒲まつり2017
⇒ 箱根あじさい電車2017
⇒ 三室戸寺のあじさい2017
⇒ 矢田寺のあじさい2017
⇒ 新宮あじさい祭り2017




おすすめ・関連コンテンツ



スポンサードリンク


コメントを残す

このページの先頭へ