矢田寺のあじさい2017!見頃や開花状況、見どころはどこ?

奈良県大和郡山市の矢田寺はあじさい寺と呼ばれ、6月の見頃時期には1万株60種類のアジサイが開花します。
yataderaajisai

2017年もアジサイ園が6月1日から開園します。

たくさんのアジサイが、色も形も様々な花を楽しませてくれます。しかも、矢田丘陵の中腹にあるため眺めは最高です。

また見頃時期のアジサイって、小雨の中で眺めるのも情緒があっていいものですね。


スポンサードリンク



矢田寺のアジサイ開花と見頃情報、矢田寺とアジサイ、お勧めの見どころなどをご紹介します。


2016アジサイの開花と見頃情報

それでは、1万株のアジサイっていつ頃楽しめるのでしょうか?
気になりますね。

アジサイ園は、6月1日~7月10日に開園します。

開花期間に合わせて開園期間を決めたのでしょうね。

2016年の開花時期は、6月上旬~7月上旬。
2016年の見頃時期は、6月中頃から7月上旬頃でしょう。

では2016年の見頃・開花状況を見てみましょう。


2016年の見頃・開花状況

・5月26日、だいぶ色づいてきました。
・6月3日、4分咲きとなりました。
・6月6日、見頃になりました。
・6月18日、見頃継続中です。

※まだまだキレイです。
2015年も長~く楽しめましたが、見頃は7月末頃まで続きます。
青・ピンク・紫など色とりどりの花が、数え切れないほど咲き、アジサイ園を覆うように埋め尽くしますよ~


☆最新の開花状況をご確認ください。
⇒ 矢田寺ブログ


2015年の状況もご参考にしてください。


2015年の見頃・開花状況

・5月22日、咲き始めました。
・6月11日、見頃になりました。
・6月21日、見頃継続中。6月末まで見頃が続きそうです。




矢田寺とアジサイ

矢田寺の歴史はかなり古く、今から1300年以上前にさかのぼります。

アジサイは、昭和40年頃から植えていますので、そんなに古くありません。「あじさい寺」と言われ始めたのは最近なんですね。

まず「矢田寺」と「アジサイ」の歴史や経緯をお伝えしていきます。その後で、2017年の開園情報をお伝えしまくす。



矢田寺とアジサイの歴史

奈良県大和郡山市の矢田寺(やたでら)は、正式には矢田山・金剛山寺(やたさん・こんごうせんじ)といいます。

今から1300年以上前の679年、天武天皇の勅願により智通僧上が開基した、高野山真言宗のお寺です。

ご本尊さまはお地蔵さまなんです。お地蔵さまの多くは、右手に杖、左手に「宝珠(ほうじょ)」を持っています。

(宝珠とは、どんな願いもかなう思い通りになる珠のことです)


別名あじさい寺とも呼ばれ、境内には約10,000株、約60種のアジサイが植えられていますが、歴史はそんなに古くありません。

アジサイの丸い花の形をよく見ると、お地蔵さまが手に持っている「宝珠」の形に似ていますよね。

じつは矢田寺のアジサイは、ご本尊のお地蔵さまにちなんで、昭和40年頃から植え始めたのだそうです。


日常は、なかなか思い通りにならないことがありますが、たまにはアジサイの花々を眺めながら散策するのもいいかもですね。(思いがかなうかもしれませんね)
心の中になにか伝わるものがあり、散策のあとはなぜか落ち着いた、いい気持ちになりそうな感じです。

頭の上を覆いかぶさるアジサイ、遠くに見えるさまざまな色や形のアジサイ、とにかくキレイです、ここのアジサイは、アジサイをごゆっくり楽しみくださいネ!




矢田寺のあじさい2017

2017年のアジサイ園の開園日程が発表されました。

あじさいは、境内の紫陽花庭園や見本園に約60種10000株が咲誇ります。
開園期間は、2017年6月1日(木)~7月10日(月)
開園時間は、8:30~15:00

入園料は、大人500円、小人200円ですが、障害者手帳の提示でご本人のみ期間中は無料となります。

アクセスは、近鉄郡山駅orJR法隆寺駅から矢田寺行きの臨時バスをご利用ください。
運行期間(6/1~7/10)

⇒ 矢田寺交通案内(矢田寺HP)



スポンサードリンク




見どころは2つ

見頃時期になったら、オススメしたい見どころを2つご紹介しますね。

1つ目は、「アジサイ園は絶景」。アジサイ園では1万株、60種類の多種多様なアジサイが咲き乱れます。

2つ目は、「小雨のアジサイもいい」。
晴れの日のアジサイはもちろんいいのですが、アジサイは、小雨の中で眺めたり、雨上がりの後ふっと見ると、花が生き生きしていてキレイに輝いています。



アジサイ園は絶景

大和郡山市の矢田寺は、あじさい寺とも言われています。
6月の見頃になると、アジサイ園には1万株、60種類のアジサイが咲き乱れます。


2011年「訪ねてみたい関西のアジサイの名所」で、なんと1位に選ばれました。
⇒ あじさい寺(矢田寺HP)


一面アジサイの花ですが、色も形もホント様々なんです。
数え切れないほどのアジサイの色とりどりの花を楽しむことができます。


園内の主役はアジサイ!人は花に埋もれてしまいます。



しかも、矢田丘陵の中腹にあるため、眺めは最高なんです。

谷に咲くアジサイの花を上から見下ろしたり、散策路の上のほうに咲くアジサイを下から見上げたり、ここの景色は、一見の価値ありです。


さらに境内の「見本園」には、珍しい種類のあじさいが見られます。さまざまな品種のアジサイ1株ごとにの名前が書かれています。
時間があったら鑑賞してください。こちらもオススメです。

山の中腹ですので坂や階段が多いです。履きなれたスニーカーが、ぜったいオススメです。



小雨のアジサイもいい

見頃時期のアジサイって、晴れの日に行ってももちろんキレイですが、小雨の中で眺めるのも、情緒があっていいものですよね。しっとり濡れると、アジサイはとてもキレイに輝きます。アジサイと小雨ってとってもお似合いなんですね。

また、雨が上がった後の花もなかなかいいものです。色がいっそう濃くなり引き締まった感じのイキイキしたアジサイが見れます。
でも、大雨はダメですね。特に矢田寺のアジサイ庭園の散策路は、大雨が降ると雨水がゴーゴーと流れる水路に変わってしまうので、残念ながら散策どころではなくなってしまうのですね。

ということは、矢田寺のアジサイは、小雨が降っても、雨が上がった後でもオススメなんです。小雨でもぜひ来てくださいネ。


スポンサードリンク




まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

・2016アジサイの開花と見頃情報、
・矢田寺とアジサイ
・見どころは2つなど
をご紹介しました。

2016年は、矢田寺のアジサイをぜひ見に来て下さい。

※あじさい・関連記事
⇒ 白山神社あじさい祭り2017
⇒ 本土寺のあじさい2017
⇒ 長谷寺のあじさい2017
⇒ 明月院のあじさい2017
⇒ 小田原城あじさい花菖蒲まつり2017
⇒ 箱根あじさい電車2017
⇒ 下田あじさい祭り2017
⇒ 三室戸寺のあじさい2017
⇒ 新宮あじさい祭り2017




おすすめ・関連コンテンツ




コメントを残す

このページの先頭へ