四十九日のお布施!封筒や袋の書き方・入れ方・渡し方は?

四十九日法要は、故人にとっても遺族にとってもとても重要な法要なんです。


49nichi01


また四十九日法要と合わせて、納骨や位牌の開眼法要を執り行う場合も多いようです。


これから、四十九日法要と開眼法要(位牌)のお布施について、詳しくお伝えします。


内容は、四十九日のお布施とは、お布施袋・封筒の書き方、お布施の入れ方、お布施の渡し方などをご一緒に見ていきましょう。






スポンサードリンク





四十九日のお布施とは

まず、「四十九日」と「四十九日法要」について見ていきましょう。

仏教では一部の宗派を除き、故人は亡くなった日から四十九日間はあの世へ転生・成仏する期間と考えられ、この世とあの世を彷徨っているとされています。

そこで…
故人にとっては、49日目または直前の土日等に四十九日法要を執り行うことで、無事成仏して極楽浄土に行くことができるのです。
amida01

また遺族にとっても四十九日法要は、忌明けのとても大切な法要です。
親戚などを呼んで忌明け法要を営むことで、故人との別れに一つの区切りをつけて日常生活に戻る、という意味合いもあります。

なお、四十九日間を忌中(きちゅう)といい、四十九日が過ぎると忌明け(きあけ)となります。
遺影を仏壇の外に飾ったり、神棚に封印した白い紙をはがしたりします。

このように四十九日法要は、故人にとっても遺族にとってもとても意味のある法要なんですね。



続いてお布施とは何でしょうか?

一般にお布施とは、四十九日法要等の読経に対する報酬や謝礼と思いがちですが、本来のお布施は喜捨(きしゃ)です。何の見返りも求めずにただ与えるだけ。何か見返りを求めたら、お布施にはなりません。

また本来のお布施は、お寺のご本尊へお供えするもの。「御布施」と書かず「御供」と書く方もいます。それまで僧侶がお布施を一時預かりするわけですね。



お布施袋・封筒の書き方

袋または封筒に書きます。お布施の入れ方は第3章をご覧ください。

お布施袋の書き方①

◆四十九日法要の表書き
・封筒の表に、縦書きで中央上部に『御布施』または『御供』
・中央下部に、『氏名』または『○○家』


本来お布施はご本尊へお供えするものなので、『御布施』と書かず『御供』と書いてもけっこうです。報酬や謝礼ではないので、決して『御礼』とか『御経料』等と書かないようにしてくださいね。

名前は、『○○家』でもよいのですが、オススメは施主の『氏名』。フルネームを書くことでより丁寧になり間違いも起こりません。

なお、コンビニや100円ショップ等で『御布施』と書かれている袋が販売されていますので、利用するとよいでしょう。


お布施袋の書き方②

◆中袋がない場合
 裏面下部に、横書きで『金○0000円』
または
 裏面下部に、縦書きで『金○萬円也』

◆中袋がある場合
 中袋の表面に、縦書きで『金○萬円也』
 中袋の裏面左下に、縦書きで住所と名前


本来お布施は報酬や代価ではないので、金額の記載は不要です。
ただお寺さんによっては、現金出納帳への記録や税務調査の時の証拠として金額が書いてあると助かるそうですよ。


スポンサードリンク



お布施の入れ方

既にお墓をお持ちの方は、四十九日法要と合わせて納骨を行うことが多いです。納骨のお布施は別のブログでご紹介しますね。

まだお墓がなく、四十九日までに建てる事ができない方は、四十九日法要のみを行い、一周忌にお墓の開眼法要と納骨を行う場合が多いようです。

いずれにしても、位牌の開眼法要は四十九日法要と同時に執り行うことになります。

では前半で、弔事である四十九日法要、後半は慶事である開眼法要(位牌)のお布施の入れ方をご覧くださいね。



四十九日法要

四十九日法要のお布施の入れ方!ズバリ言います。不祝儀袋は使用できません。

『お布施』を渡す相手は僧侶。自分は不幸でも、僧侶に不幸があったわけではないので、不祝儀袋は使用できません。

◆オススメは、水引や郵便番号欄がない白封筒
shiro-futo
コンビニや文房具屋さんに売っています。なおコンビニは数ヵ所行きましたが、置いてないお店の方が多かったです。


◆どうしても袋を使いたければ、熨斗なし・水引の色は黄白または双銀です。
ofuse-kishiro

お札の入れ方は、
封を開けた時に、人物の顔が【表面】・【上部】になるようにしてください。


スポンサードリンク



開眼法要

浄土真宗では、位牌やお墓などに魂を入れる(開眼)という概念がありません。また、過去帳を使い位牌を作らない方もいます。
浄土真宗の方で該当するようでしたら、この章は読み飛ばしてください。

は~ぃでは、四十九日までに本位牌を準備します。位牌を購入したら、戒名を書い(彫っ)てもらいます。

四十九日法要で成仏された魂を、白木位牌から本位牌に移す開眼法要をしていただきます。
ihai

では、開眼法要(位牌)のお布施の入れ方はどうするのでしょう?
四十九日法要と開眼法要が同日ですから、合計金額をひとつのお布施として渡しても結構。

でも、弔事と慶事ですから、分けて渡したいという方!
開眼法要は慶事祝い事ですので、本来は熨斗なし・水引紅白の祝儀袋ですが、
葬儀からそれほど日が経っていない時期に紅白の祝儀袋は、遺族には抵抗を感じます。

ちょっと地味に、熨斗なし・水引が黄白または双銀の祝儀袋ぐらいが最適です。

お札の入れ方は慶事用です。封を開けた時に、人物の顔が【表面】・【上部】です。



お布施の渡し方

本来お布施は喜捨ともいい、何の見返りも求めずただご本尊へお供えするもの。それまでは僧侶が一時お預かりするわけですね。

ということもをご理解していただいたうえで、お布施の渡し方の作法をご紹介しますね。
渡す前に、切手盆とふくさ(お布施を入れておく)を用意しておきます。

直接手渡しするのではなく、切手盆(ない時はふくさ)にのせて、向きは僧侶から見て正面になるようにします。静かに引きずらないようにして僧侶の前に切手盆を置いてください。

その際、下記のような一言を添えてお渡しください。

「本日は、お心のこもったお勤めをしていただきありがとうございました。
おかげさまで無事四十九日法要を執り行うことができました。これはお布施でございますが、(ご本尊様に)どうぞお供えしてください。」



まとめ

四十九日法要は、故人にとっては無事成仏して極楽浄土に行くことができ、遺族にとっても一つの区切りをつけて日常生活に戻ることができる、とても意味のある法要でしたね。

四十九日法要と同時に位牌の開眼法要を執り行うことが多いようですので、お布施も両方必要です。

封筒の表書きは、『お布施』または『お供え』

四十九日法要のお布施の入れ方は、白封筒。
どうしても袋を使いたければ、熨斗なし・水引の色は黄白または双銀。

開眼法要のお布施は、四十九日法要と一緒に入れてもいいですが、
分ける場合は、熨斗なし・水引が双銀または黄白の祝儀袋。

お布施の渡し方は、切手盆またはふくさにのせ、引きずらないように静かに置いてくださいね。

※お布施の相場ならコチラ!
⇒ お布施の相場?四十九日・初盆・一周忌・三回忌、袋の書き方や渡し方?




おすすめ・関連コンテンツ


コメントを残す

このページの先頭へ