水郷潮来あやめまつり/2016年の開花と見どころは?

2016年も水郷潮来あやめまつりが開催されます。
itakoayame01

園内には、なんと約500種100万株の「あやめ」(花菖蒲)が一面に咲き誇り、
白・紫・黄など色とりどりの花が思う存分楽しめます。


美しい日本の歩きたくなるみち500選にも選ばれるほどで、なんと毎年80万人もの観光客が訪れます。


2016年のまつりはどうでしょう?
開催日程も決定しました。開花もまつりと同時期が予想されます。

気になる見どころですが、2つ用意しました。
お楽しみにしてくださいネ。


水郷潮来あやめまつりの概要、
2016年「あやめ」の開花とまつりの日程、
まつりの見どころ(①色とりどりの「あやめ」、②嫁入り舟)、
などをまとめました。



スポンサードリンク




水郷潮来あやめまつりの概要

2016年は第65回水郷潮来あやめまつりが開催されます。

5月28日(土)~6月26日(日)。

1952年に始まった潮来あやめまつりは、
美しい日本の歩きたくなるみち500選にも選ばれるなど、毎年約80万人を超える多くの観光客が訪れます。

まつりの時期になると園内には、なんと約500種100万株の花菖蒲が一面に咲き誇り、白・紫・黄などさまざまな花を思う存分楽しめます。


潮来は水郷の町!


潮来市は、千葉県香取市とともに水郷の町と言われています。

では水郷とはなんでしょうか?
千葉県北部から茨城県南部にかけての利根川下流の低湿地域を言います。

低湿な三角州地域のため、舟による水路交通網が発達し、かつてお嫁入りの時も舟を使いました。「嫁入り舟」といいます。

また、「あやめ」(花菖蒲)は、湿地や水辺近くを好みますので、
潮来の水郷は最適な場所
なんです。


アクセス
電 車 :JR鹿島線 潮来駅より徒歩3分
自動車 :東関東自動車道 潮来ICより約10分




あやめまつりの当初は、
愛好家があやめや花菖蒲の切り花を展示するだけのイベントでした。

今では約500種100万株もの「あやめ」が一面に咲き誇り、
約80万人を超える観光客が訪れる一大イベントになりました。



http://www.city.itako.lg.jp/index.php?code=1325
水郷潮来あやめまつり大会 [茨城県潮来市公式ホームページ]


開催期間:2016年5月28日(土)~6月26日(日)
開催場所:水郷潮来あやめ園
住  所:茨城県潮来市あやめ1-5





2016年「あやめ」の開花とまつりの日程

潮来あやめまつりは、毎年5月下旬~6月下旬にかけて開催されます。
2016年の日程は、5月28日(土)~6月26日(日)の30日間です。

では2016年の開花・見頃の状況を見ていきましょう。


2016年の見頃・開花状況

・5月19日、咲きはじめました。
・6月7日、7分咲きです。
・6月10日、見頃になりました。


☆現在の開花状況をご確認ください。
⇒ 水郷潮来観光協会・あやめ園開花速報



2015年の状況もご参考にしてください。


2015年の見頃・開花状況

・5月21日、あやめが咲きはじめました。
・6月5日、見頃となりました。
・6月18日、まだ見頃継続中です。



itakoayame02

今後の開花・見頃情報もご覧ください。




スポンサードリンク





まつりの見どころ

あやめまつりの中でも、是非オススメしたい見どころをご紹介します。

「色とりどりのあやめ」「嫁入り舟」です。

なんと言っても「あやめ」の色とりどりの花ソノモノをお楽しみいただきたいです。
それと、潮来といえば、花嫁さん。「嫁入り舟」も是非お楽しみくださいネ。



①色とりどりの「あやめ」

園内の500種類、約100万株の「あやめ」は、
紫・白・青など色とりどりの花を咲かせます。

色も花の形もさまざま、でも全体のバランスがとれていて良いんです。
色とりどりの違いも楽しみたいですね。

itakoayame03

一番のオススメは、前川に架かる水雲橋からの眺めは爽快。
園内に咲き誇る「あやめ」を一望できます。

また、潮来のシンボル的存在・水雲橋をバックに眺める「あやめ」も最高です


水郷潮来の「あやめ」がキレイな訳は?


今まで括弧付きで「あやめ」と説明してきましたが、
実は「あやめ」ではなく「花菖蒲」(はなしょうぶ)なのです。

あやめまつりと言っても、「花菖蒲」のまつりなんです!

◆「あやめ」は陸上の乾燥地を好み、5月頃開花。
「あやめ」を潮来の低湿地帯に植えたら、こんなにキレイな花を咲かせることはないでしょう!

◆「花菖蒲」は湿地や水辺近くを好み、6月頃開花。
『水郷潮来』は、花菖蒲にとって最適な場所なんです。

『水郷潮来』の「花菖蒲」だからこそ、こんなにキレイな花を咲かせるのです!





②嫁入り舟

潮来は古くから水郷と呼ばれ、
利根川下流の低湿な三角州地域だったため、
手こぎ舟による水路交通網が発達しました。


昔は嫁入りの時も手こぎ舟を利用したそうです。
これを嫁入り舟といいます。
「ギッチラコ、ギッチラコ」と手こぎ舟を漕いで
花嫁さんは、嫁ぎ先へ向かったのですよね。


あやめまつり期間中、その「嫁入り舟」を、
本物の花嫁さんが再現してくれるのです




キレイですね。白無垢(しろむく)を着た花嫁さん!

動画を見ていたら、なぜか涙が出てきました。

みんなに祝福され、幸せいっぱいの花嫁を乗せた「嫁入り舟」が
ゆっくり目の前を通り過ぎていくと、
おめでとう、おめでとうの声がかかります。

見ている人も幸せな気持ちになるのですね。

嫁入り舟の運行時間
毎週/水曜日 11時
毎週/土曜日 11時、14時、19時30分
毎週/日曜日 11時、14時


「土曜日の19時30分」・・・ライトアップされてきれいですよ。




まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

・水郷潮来あやめまつりの概要
・2016年「あやめ」の開花とまつりの日程
・まつりの見どころ(①色とりどりの「あやめ」、②嫁入り船)
をご紹介しました。


2016年は、水郷潮来あやめまつりに是非いらして下さいね。





スポンサードリンク



コメントを残す

このページの先頭へ