門戸厄神へ厄払い!料金と効果は?混雑時期と祈祷時期はいつ?

兵庫県西宮市の門戸厄神は、地元では厄神さんと呼ばれ親しまれている高野山真言宗のお寺です。
mondoyakujin-yaku1

1月18・19日の厄除大祭には、10万人を超える参拝者が訪れ境内も参道も大混雑します。

それでは、門戸厄神へ厄払い。門戸厄神のご紹介、料金と厄払い効果、混雑時期とオススメ祈祷時期などをご一緒に見ていきましょう!


スポンサードリンク





門戸厄神のご紹介

門戸厄神で厄払いする方でしたら、厄神さんが広く親しまれている背景をお知りくださいネ!

兵庫県西宮市の地元では厄神さんと呼ばれ親しまれている門戸厄神東光寺(もんどやくじんとうこうじ)は、高野山真言宗のお寺です。ご本尊は薬師如来で、神社ではありません。

毎月19日は厄除開運の厄神明王さまの縁日ですが、特に1月18・19日には厄除大祭が行なわれます。新年の大祭には、10万人を超える参拝者が訪れ境内も参道も大賑わい。それ程に厄除け祈願の厄神さんは、広く親しまれているのですネ。

その厄神明王さまは厄神堂に祀られていますが、厄払い祈祷(特別祈祷)は厄神堂内で執り行われます(次章の特別祈祷を参照)。ナットクですね。

また、ご本尊である薬師如来さまは薬師堂に祀られ、大師堂にはあの弘法大師空海上人も祀られています。
mondoyakujin-yaku2

なぜかご本尊よりも厄神明王さまのほうが有名になりましたが、厄払いの祈祷が終わり境内のお堂巡りするのも、更に心が静まっていいものですよね。




料金と厄払い効果


門戸厄神は広く親しまれている事が分かったところで、祈祷の料金と効果の上げ方を見ていきましょう。


料金

まず祈祷の料金です。個人の祈祷料金は2種類。

◆特別祈祷…1万円
◆普通祈祷…5千円


1万円と5千円。金額以外のどこが違うかご説明しますので、そのあとで一つをお決めください。


特別祈祷

・当日、本人が本堂に上がり祈祷を行います。付き添いも同席できるようです。
・翌日から1年間、本堂で僧侶が名前を読み上げて祈祷します。1年間ですからとても有難いお努めです。



普通祈祷

・当日、本人は本堂内で祈祷しません。受付するだけです。
・受付の翌日から1年間、本堂で僧侶が名前を読み上げてご祈祷します。特別祈祷と同じ内容です。



いかがですか。いずれにしても1年間本堂で祈祷していただけます。有り難いですよね。
お時間に余裕のある方でしたら、特別祈祷をオススメしたいです。
来たけれど大混雑のため帰ろうかなんて考える状況になりましたら、普通祈祷でもご利益は十分ありますからね。



効果を上げる方法

特別祈祷でも普通祈祷でも、お札は渡してもらえます。

大切なことは…家に帰ってから。お札を厄神明王さまの分身として、神棚などにお祀りします。ただお寺と神社のお札では祀り方が違います。「お寺のお札」の祀り方は、コチラをご覧ください。

⇒ 川崎大師の厄払い!祈祷の予約や受付時間・時期・料金は?厄年は数え年か?

そして効果を上げるには、お札の前に毎日立ちお参りするってことですね。

さらに1年後、あなたを守ってくれたお札にお礼を致しましょう。祈祷とお礼参りは対で考えたい。できるだけ早い時期に出向いて、厄神明王さまが祀られている厄神堂へお礼参りしましょう。感謝の気持ちを伝えれば、きっと神様もお喜びになるでしょうね。

あっ1年前に頂いたお札やお守りは、忘れずに古札納所に納めてください。なおお札などは、毎年12月19日のお焚き上げで焼納されます。お礼参りしてけじめをつけると気持ちがいいですね。


スポンサードリンク





混雑時期とオススメ祈祷時期


まずオススメの祈祷時期をご紹介したいのですが、混雑時期が分からないと何も始まりませんね。


混雑時期は

ズバリ混雑する時期は、
◆正月三が日
◆1月18日と19日


お正月三が日は、初詣のために境内は大混雑します。

1月18日と19日は、厄除け大祭のために約10万人の参拝者で大混雑します。期間中は、交通規制もかかり周辺の駐車場も全て使用できなくなります。



オススメ祈祷時期は

以上の理由で、オススメする祈祷時期は下記の日以外です。

◆正月三が日
◆1月18日と19日


上以外の日でしたら短い待ち時間で祈祷できます。

また、一年中毎日祈祷を受付けています。2月の節分以降になれば混雑もだいぶ緩和されてきます。この時期にゆっくり祈祷するのもまたよろしいでしょう。予約はできませんのでね。




まとめ

地元では厄神さんと呼ばれ親しまれている門戸厄神は、高野山真言宗のお寺です。1月18・19日の厄除大祭には、10万人を超える参拝者が訪れて大賑わいとなります。

これまで門戸厄神へ厄払い。門戸厄神のご紹介、料金と厄払い効果、混雑時期とオススメ祈祷時期などをお伝えしました。

ポイントは…
・祈祷の料金…個人の料金は2種類(1万円/5千円)
・オススメ祈祷時期…下記以外の日
 正月三が日
 1月18日と19日

※家に帰ってからお札をお祀りしてください。そして毎日のお参りも忘れずにね。

※厄払いの祈祷料、詳しくはコチラ!
⇒ 厄払いの祈祷料!のし袋の書き方や水引の種類は?



スポンサードリンク



コメントを残す

このページの先頭へ