伊勢神宮へ厄払い!予約・受付時間・祈祷料金は?お札の祀り方?

お伊勢さんと呼ばれ、日本中から親しまれている心のふるさと伊勢神宮。
isejingu-yaku1

江戸時代も「一生に一度はお伊勢参り」と歌われ、日本中から参拝者が殺到したものでした。

いまでは日本の神社8万社のなかで本宗と仰ぎ称され、文字通り別格の扱いを受けています。

そんな伊勢神宮へ厄払い。伊勢神宮とは、予約や受付時間、祈祷料金、お札の祀り方などをご一緒に見ていきましょう!


スポンサードリンク





伊勢神宮とは

旅する事がなかなかできなかった江戸時代。
お伊勢参りだけは別格で「一生に一度はお伊勢参り」と歌われた民謡も広まりました。当時の伊勢神宮の境内は、夢が叶った参拝者で殺到していたのでしょうね。

いまでも「お伊勢さん」とか「お伊勢さま」と呼ばれ、日本中から親しまれていますが、正式名称は「神宮」。地名なしで、ホントウに別格なんですね。
isejingu-yaku2

日本の神社約8万社のほとんどが加盟している神社本庁では、伊勢神宮を本宗(最も尊い神社)と仰ぎ、文字通り別格の扱いを受けています。

さて伊勢神宮には、二柱の神様が鎮座されています。
◆内宮の天照大御神(あまてらすおおみかみ)
◆外宮の豊受大御神(とようけのおおみかみ)


古事記や日本書紀にも登場する天照大御神は、皇室の祖神で日本人の総氏神とされています。また豊受大御神は、衣食住や産業の守り神として崇敬されています。

参拝順ですが、古くからの習わしで外宮から内宮の順に回るのが良いとされています。是非お試しくださいね。




予約や受付時間

お待たせしました。厄払いの予約や受付時間を見ていきましょうね。

◆祈祷の予約は…個人の場合は必要ありません。
ただし、100名以上の団体は予約が必要ですので、下記までお問合せください。
※神宮司庁⇒0596-24-1111

場所は、内宮神楽殿または外宮神楽殿の受付です。
お願い事の種類は「厄祓い」と書いて受付窓口にお出しください。


◆祈祷の受付時間は、8:00~16:00(随時受付)
9時から受付ける神社が多い中で、朝がかなり早く遠方から来た参拝者にとって有り難いことですよね。

◆祈祷時間は、8:30~
祈祷の所要時間は15分程ですが、畳に正座することになります。足がしびれるかもしれませんが、しばらくの間我慢しましょうね。

isejingu-yaku3


祈祷料金

つぎに料金はどのくらい用意したらいいのでしょう?

下記のように祈願祭として、3種類が決められています。

◆5千円以上…御饌(5名まで)
◆8千円以上…大御饌(8名まで)
◆1万円…別大御饌(10名まで)


初穂料によってお札の大きさなどが変わってきます。お札の大小は効果には関係ありません。値段はあなたのお気持ちで決めてください。


スポンサードリンク





お札の祀り方

家に帰ってきたら、頂いたお札をどのようにお祀りしましょうか?
お祀りする神棚は扉の数により、一般的に一社造と三社造が普及しています。

神棚にお札を祀りますが、厳格な序列がありますので注意してくださいね。何といっても、天照大御神のお札は日本で最高位ということを頭に入れて、お札の並べ方をご覧ください。

まず、今回内宮だけ祈祷・一社造り(扉が1つ)の並べ方です。

内宮・一社造り

●一番手前…天照大御神のお札
●2枚目…氏神神社のお札
●3枚目…崇敬神社のお札



2つ目は、内宮と外宮を祈祷・一社造り(扉が1つ)の並べ方です。

内宮と外宮・一社造り

●一番手前…天照大御神のお札
●2枚目…豊受大御神のお札

●3枚目…氏神神社のお札
●一番後ろ…崇敬神社のお札




3つ目は、内宮だけ祈祷・三社造り(扉が3つ)の並べ方です。
isejingu-yaku4

内宮・三社造り

●中央…天照大御神のお札
●向かって右側…氏神神社のお札
●向かって左側…崇敬神社のお札



最後は、内宮と外宮を祈祷・三社造り(扉が3つ)の並べ方です。

内宮と外宮・三社造り

●中央…天照大御神
●向かって右側…豊受大御神
(その後ろ…崇敬神社)
●向かって左側…氏神神社(その後ろ…崇敬神社)


だんだん複雑になってきましたが、序列を分かっていれば大丈夫ってことですね。
①天照大御神
②豊受大御神

③氏神神社
④崇敬神社



神棚にお札がお祀りできたら、日常の暮らしに感謝を込めて…
・二拝(2回深くおじぎする)
・二拍手(2回かしわ手を打つ)
・一拝(1回おじぎする)


正式な参拝作法で神棚にお参りいたしましょうネ。できれば毎日。




まとめ

江戸時代から「一生に一度はお伊勢参り」と歌われ、日本中から参拝者が訪れていました。
今でも日本中から親しまれ、日本の神社8万社のなかで本宗と仰ぎ称され、別格の扱いを受けています。

これまで伊勢神宮へ厄払い。伊勢神宮とは、予約や受付時間、祈祷料金、お札の祀り方などをお伝えしました。


ポイントは…
・2体のご祭神は、内宮の天照大御神・外宮の豊受大御神
・個人の予約は不要
・受付時間は、8:00~16:00
・祈祷料は、3種類から決めてください。
 5千円以上
 8千円以上
 1万円
お札の祀り方は、天照大御神・豊受大御神・氏神神社・崇敬神社の順

初詣客がたくさん訪れる正月三が日は混雑しますので、4日以降にされることをオススメします。

※厄払いの祈祷料の詳細はコチラ!
⇒ 厄払いの祈祷料!のし袋の書き方や水引の種類は?



スポンサードリンク




コメントを残す

このページの先頭へ