熱田祭り2017!日程は?花火の時間や場所、雨天時は?

熱田神宮の熱田まつりは毎年6月5日に開催されます。

正式には例祭と呼ばれ、熱田神宮の祭事のなかでも最も重要な祭りです。

atsutamatsuti

2017年も6月5日(月)に多くの奉納行事が開催されますよ。

その中で特に花火は、毎年最も人気がある奉納行事です。名古屋に夏の訪れを告げる花火大会として、大変注目されています。

では熱田祭り2017。
熱田神宮と草薙剣、熱田まつりとは、2017年熱田まつりの日程、花火の打ち上げ時間・場所、雨天時は?等を見ていきましょう。


スポンサードリンク



熱田神宮と草薙剣

熱田神宮は、初詣には毎年200万人以上が参拝する日本を代表する神社です。

また、三種の神器の1つ草薙剣(くさなぎのつるぎ)を祀る神社としても大変有名です。

景行天皇の第二皇子・日本武尊(やまとたけるのみこと)が草を薙(な)ぎ、難を逃れたという神剣。
日本武尊の死後、お妃がこの神剣を熱田の地にお祀りされたのが、熱田神宮の始まりと言われています。

なお三種の神器とは、皇位の印として,代々の天皇が継承してきた3種の宝物(草薙剣、八咫鏡、八尺瓊勾玉)。

大変貴重な三種の神器の一つが、この熱田神宮に安置されているわけです。

住 所 :愛知県名古屋市熱田区神宮1-1-1
アクセス:名鉄名古屋本線 神宮前駅より徒歩3分
駐車場 :駐車可能台数は、約400台



熱田まつりとは

名古屋・熱田神宮の熱田まつりは毎年6月5日に催行されます。

正式には例祭と呼ばれ、熱田神宮の祭事のなかでも最も重要な祭りなのです。

6月5日の午前10時になると、皇居からの勅使(お使い)をお迎えして、供え物の奉納と御祭文(ごさいもん)の奏上があります。
そして、皇室の弥栄(いやさか)と国の平安を祈念します。

厳粛な祭事のあとは多くの奉納行事が続きます。

熱田まつりは、尚武祭(しょうぶさい)とも呼ばれ、弓道・柔道・剣道など武道の大会も奉納行事として執り行われます。
尚武とは武道や武勇を大切なものと考えることなんです。

また、夜に行われる花火は毎年大変な人気。夏の訪れを告げる花火大会を多くの人が楽しみにしているようです。第4章で詳しくお伝えしますよ。


スポンサードリンク




2017年熱田まつりの日程

2017年も6月5日(月)に奉納行事が開催されますが、日時と場所をご確認ください。

◆奉納行事
・日時:2017年6月5日 10:00

・場所:境内

◆花火打ち上げ
・日時:2017年6月5日 19:40~20:30(雨天順延、6日に)

・場所:神宮公園内

◆献灯巻わら
・時間:17:30~20:30(雨天順延、6日に)

・場所:熱田神宮の東門に2基、西門に2基、南門に1基、合計5基を奉飾します。

・内容は、1年12ヶ月365日の無病息災を願って、半球状に組んだ提灯は合計365個(1年の日数)、中央のたて竿には12個(1年の月数)を飾るのですネ。暗くなり提灯に明かりが灯る。動画のように周囲は幻想的な光景に変わります。

◆その他主な奉納行事(境内)
・俳句の献納(文化殿)
・弓道の試合(国旗掲揚塔前広場、雨天中止)
・献茶祭(神楽殿の茶席)
・献花式(神楽殿の花席)
・棒の手の奉納(拝殿前)
・熱田神楽の奉納(大楠南)
・尾張新次郎太鼓の奉納(拝殿前)など

★なお、相撲・柔道・剣道などは別の会場にて、別の日程で開催されます。

詳細は、2017年の奉納行事表をご覧ください。
⇒ 平成29年の祭典詳細)



花火の打ち上げ時間・場所、雨天時は?

さてお待たせしました!

花火の打ち上げ時間は、6月5日の19:40~20:30、約50分間のイベントです。

5日が雨天時は、6日に順延します。
6日も雨の場合は、残念ですが花火は中止になります。なお花火は、合計約1000発ほど打ち上げられます。

◆打ち上げ時間:19:40~20:30
◆打ち上げ場所:熱田神宮公園(神宮公園内は立ち入り禁止)


花火の打ち上げ場所になっている神宮公園は、立入禁止になりますので十分ご注意くださいネ。


オススメ観覧場所

オススメしたいのは、この2ヶ所です。
◆白鳥庭園前の土手
◆国際会議場の芝生

熱田神宮から数分歩いていただき、川の対岸から鑑賞することをオススメします!

◆白鳥公園
土手や階段などに座って見ることになります。
目の前の熱田公園から打ち上げられますで、迫力ある花火を楽しめます。

土手に寝ながら見るのもいいかもしれません。ほぼ目線の角度にキレイな花火が見れますから。

名古屋国際会議場
白鳥公園のとなりのとなりです。芝生に座るか横になって鑑賞できます。
仰向けで見ると、真上に花火が見えます。私はどちらかというと、真上の花火を見たいですね。

★どちらにしても、少し早めに行って場所を確保したほうが良さそうです。



まとめ

いかがでしたか?

花火も、献灯まきわらも楽しみですね。

これまで熱田祭り2017。熱田神宮と草薙剣、熱田まつりとは、2017年熱田まつりの日程、花火の打ち上げ時間・場所、雨天時は?などをお伝えしました。

2017年は、名古屋・熱田まつりに是非いらして下さいね。特に花火目当ての方は、早めにお出かけください。

※祭り・関連記事
⇒ 葵祭2017
⇒ 三社祭2017




スポンサードリンク




おすすめ・関連コンテンツ

コメントを残す

このページの先頭へ