越生梅林梅まつり2017!見ごろや開花状況?お土産は酒か梅干し?

綺麗な梅の花が咲く2月中旬~3月中旬頃、越生梅林梅まつりが開催されます。


ogosebairin1


関東三大梅林のひとつに数えられる越生梅林には、樹齢約650年の古木をはじめ約1000本の梅が植えられています。



それでは、越生梅林梅まつり2017。
見ごろや開花状況、桜まつりの日程・場所、
お土産は酒か梅干し?、
梅まつりの見どころなどを見ていきましょう!





スポンサードリンク





見頃や開花状況

越生梅林の梅は開花期間がかなり長く、例年2月中旬から3月下旬まで咲いています。
ogosebairin2

最近の梅の開花時期は…2年連続(2016年と2017年)の暖冬の影響で全国的に早まっているので、越生梅林でも開花が早まりそうですね。


では2017年はいつ頃行くのがベストでしょう?

梅の開花が早まっていますので、見頃もかなり早めになりそうですね。
見頃は、例年の3月上旬~3月中旬より少し早めでしょう。

越生梅林では紅梅と白梅が時期をズラシながら開花します。
2015年と2016年の見頃・開花状況を見ると、見頃の順が、紅梅⇒白梅という事がよくわかりますよね。


2015年の見頃・開花状況

・2月24日、紅梅が見頃です。白梅も開花が順調です。
・3月3日、梅林全体の7割をしめる白梅が見頃です。


2016年の見頃・開花状況

・2月13日、紅梅が見頃に。白梅が開花しました。
・2月24日、紅梅が見頃、白梅は5分咲き。ほぼ見頃です。



きっと2017年の見頃時期には、全体の7割を占める白梅が見頃となり、紅梅も紅一点でキレイに咲いていることでしょう。

ただ今後も梅は、お天気の状況によって開花も見頃時期も大きく変わります。お天気と2017年の見頃・開花状況をご確認のうえ、観梅日程をお決めくださいね。


2017年の見頃・開花状況

開花情報が入りましたら、お知らせします。




越生梅林梅まつり2017

梅まつり一番のお楽しみのは観梅ですよね。ぜひ見頃となる時期におでかけください。

そして、他にもお楽しみがたくさんあります。

梅の香りが漂う中でのモデルの撮影会は、カメラ好きの方には嬉しいですね。
ミニSLの運行(土日祝日のみ)は小さな子どもさんが大喜びしますね。

なお越生梅林は、元々数軒の梅農家の食用の梅畑です。その梅畑を町が借り受けて、花の咲く時期だけ鑑賞用として畑を公開しているのですね。

畑の中では、枝など折らないように散策してくださいネ。

お土産を選ぶのも楽しいですね。売店では越生梅林で採れた梅の商品も販売されますよ。この下「お土産は酒か梅干し?」もご覧ください。



梅まつりの日程・住所

梅まつりは、梅の見頃時期に開催されます。日程や住所などをご確認ください。

◆開園日程:2017年2月18日(土)~3月20日(月・祝)
◆開園時間:8:30~17:00
◆入園料 :300円(中学生以上)
◆住  所:埼玉県入間郡越生町大字堂山113番地
◆問合わせ:049-292-3121(越生町産業観光課)
◆アクセス:JR八高線・東武の越生駅~黒山行きバスで13分、梅林入口下車すぐ
      関越道・鶴ヶ島ICから約15キロ



スポンサードリンク




お土産は酒か梅干し?

梅園中央部には、土産物や地元農産物が販売されています。やっぱり越生梅林に来たのですから、お土産は梅干しか梅酒がオススメ。

梅林内の梅は、ほとんどが白梅。
ogosebairin3

では、白梅で作られた梅干しや梅酒をオススメする理由は…
白梅は食用に最適だからです!

白梅は紅梅より、実が大きく苦味もなく食用向きで、梅干しや梅酒の原料としてよく使われます。

・白梅の梅干しは、すっぱ過ぎず甘過ぎず、とろける味わい。
・白梅の梅酒は、うめざけと読みます。梅園の梅と純米原酒で仕込みました。


白梅からできた梅干しや梅酒って美味しそうですよね!

とても美味しい梅干しと梅酒をお土産としてオススメした理由、お分かりいただけましたか。

なお白梅は食用としはもちろん最適。キレイな花も咲かせるので、鑑賞用としても優れものなんです。だから越生梅林への観梅者が後を経たない、納得ですネ。




梅まつりの見どころ

越生梅林梅まつりには、見どころがたくさんあります。その中から、コレだけは是非紹介させてくださいね。

◆樹齢650年の古木「魁雪(かいせつ)」

☆1分25秒からご覧ください。


この古木は、1350年に九州大宰府から小杉天満宮(現・梅園神社)を分祀した際、菅原道真公にちなんで植えた梅の木が、今日まで生きながらえたと推定されます。つまり650年も生き続けているのですね。

梅の木は、樹齢200年も経つとねじれが始まるそうです。650年も経つと、ぐるぐるとねじれてしまい、痛々しい感じさえしますね。

古木に「650年間おつかれ様でした」と労(いた)わりの言葉をおくりたくなりますね。

でも今でもちゃんと花を咲かせています。2017年も華麗な花を咲かせ続けてくれるでしょう。

650年前に植えたとされている「魁雪」。その当時、道真公も魁雪と同種の梅を見ていたのでしょうか。ちょっとロマンチックな気分になりそうですね。

ではいつ行けば、キレイな魁雪の花を見れるのでしょう?
2016年で調べてみました。2月20日頃~3月10日頃までは、キレイに咲いていたようです。
例年なら見頃期間の2月下旬から3月中旬に行けばいいようですよ。確定情報ではありませんので、悪しからず。




まとめ

これまで越生梅林梅まつり2017。見ごろや開花状況、桜まつりの日程・場所、お土産は酒か梅干し?、梅まつりの見どころなどをお伝えしました。

他では見られません。樹齢650年の魁雪をぜひオススメします。

ポイントは…
・2017年の見頃予想は、例年の3月上旬から3月中旬より少し早め
・桜まつりの日程は、2017年2月18日~3月20日
・桜まつりのお土産は、酒か梅干しをどうぞ
・梅まつりの見どころは、樹齢650年の魁雪

寒い時期に梅畑の中を歩くので、履きなれた靴と特に暖かい服装でお出かけください。



おすすめ・関連コンテンツ


コメントを残す

このページの先頭へ