湯河原梅林梅の宴2017!見頃や開花状況?アクセスや駐車場は?

2017年も梅の開花時期には湯河原梅林「梅の宴」が開催されます。

約30種約4000本の紅梅や白梅が、梅林の山麓に広がるように咲き乱れます。


yugawara-baien1


見頃時期の土日には、周辺道路は大変な渋滞が予想されます。アクセスや駐車場情報もしっかりお伝えします。



それでは、湯河原梅林梅の宴2017。
開花状況や見頃、オススメはライトアップ、アクセスと駐車場などを見ていきましょう!




スポンサードリンク





開花状況や見頃

まず、気になる例年の開花状況や見頃時期についてみていきましょう!

湯河原梅林の梅の開花期間は例年約1カ月。その時期は2月上旬頃~3月上旬頃です。
yugawara-baien2

では見頃はどうでしょう?

湯河原梅林の例年の見頃は、2月中旬~3月上旬頃にかけてです。ただその年のお天気の状況により見頃時期にはズレが生じます。これは仕方ないことですよね。

2016年では、2月26日から3月4日まで約1週間ほど見頃が続きました。この下の見頃・開花状況で確認してくださいね。


2016年の見頃・開花状況

・1月8日、一部ですが開花し始めました。
・2月26日、梅が見ごろになりました。
・3月4日、見頃が続いています。



お待たせしました。2017年の見頃や開花状況はどうでしょうか?

見頃の目安を、ひとつご紹介しますね。
2017年のライトアップが、2月25日~3月5日に行われます。過去、見頃の一番キレイな時期に合わせて開催されているようです。

ですから2月25日~3月5日を意識されたうえで、
2017年の見頃や開花状況を確認してお出かけの日程をお決めくださいね。


2017年の見頃・開花状況

・2月3日、咲き始めてきました。
・2月24日、見頃となりました。
・3月3日、見頃継続中です。




湯河原梅林梅の宴2017

梅が開花する2月から3月にかけて梅まつり、湯河原梅林「梅の宴」が開催されます。2017年は早いもので22回目を迎えます。

山麓の斜面に植えられた約4000本の紅梅や白梅がじつに見事です。白加賀・十郎・思いのままなど約30種の梅が、斜面に梅のじゅうたんを敷きつめたように咲き乱れます。
yugawara-baien3

夜間のライトアップは特にキレイです。第3章で詳しくお伝えします。ご覧くださいね。

お待たせしました。特に気になる日程や開催場所からお伝えしていきす。



梅まつりの日程・場所


・開催日程:2017年2月4日(土)~3月12日(日)
・開催時間:9:00~16:00
・ライトアップ:2月25日(土)~3月5日(日) 18:00~20:30
・開催場所:幕山公園・湯河原梅林
・住  所:神奈川県足柄下郡湯河原町鍛冶屋951-1





イベント

イベントはたくさん用意されていますが、特に気になったものをご紹介します。

◆オープニングセレモニー「湯河原温泉 芸妓の舞」
・2月4日(土)正午~
 ※雨天時は、2月5日(日)正午~に延期

◆湯河原温泉芸妓の舞
・3月4日(土)正午~
※雨天中止

◆プロジェクションマッピング
・3月8日(水)~3月12日(日)
・19時~/19時30分~/20時~

◆幕山ハイキング(事前申込制)
・2月24日、3月3日、3月10日
・参加料:500円
・申込先:0465-64-1234(湯河原温泉観光協会)
※梅林の梅を見上げるだけでなく、山の上から一面に咲き広がる色とりどりの梅の花々を独り占め!するかのように見下ろせますよ。



スポンサードリンク





オススメはライトアップ

「梅の宴(うたげ)」は、昼でも楽しめます。でも宴(うたげ)と言うくらいですから、夜の宴らしい雰囲気が出てさらに楽しめますよ。




昼は、切り立った斜面に咲き広がるカラフルな梅の花が、ライトに照らされると一層きらきらと輝き出します。その様はまさに「梅の宴」の言葉にピッタリ。夜の宴をゆっくりお楽しみくださいね。


しかも湯河原梅林のライトアップは、見頃の最盛期に合わせて2月25日~3月5日に開催されます。見頃時期の一番キレイなときに、昼の梅とは一味違う夜の鮮やかな景色をお楽しみくださいね。

最後に、ライトアップの時間帯は、入園料も駐車料金も無料です。嬉しいことだらけですね。




アクセスと駐車場


見頃時期の土日には、駐車場の周辺道路はモノスゴイ渋滞が予想されます。公共交通機関のご利用をオススメします。特に、電車と臨時直通バスはオススメです。臨時直通バスは本数も多いし、梅林まで直通ですからとても楽です。


電車と臨時直通バス

■電車で湯河原駅まで
・JR東海道本線の東京駅から湯河原駅(105分)
・JR東海道本線の熱海駅から湯河原駅(5分)
・JR東海道本線の小田原駅から湯河原駅(20分)


■湯河原駅から臨時直通バスで(湯河原梅林まで)
梅の宴開催中(2017年2月4~3月12日)は、毎日運行します。
運行区間は、湯河原駅の4番乗り場と幕山公園バス停(第1駐車場)の間です。

また、終点の幕山公園バス停を下車したら、歩いてすぐのところに入園券売り場があります。大勢の方がゾロゾロ歩いて行きますから分かりますよ。


~簡易時刻表~ 参考にしてくださいね

・8時台…45分の1便運行
・9時~15時…05分、25分、45分の毎時3便運行
・16時台…05分の1便運行


※土日などの混雑時は、さらに臨時便もあります。

便数も結構あり、直通なのでとても楽な臨時直通バス、超オススメです。
 梅の宴開催中は、臨時バスのみ運行します。路線バスはありませんので、お間違えのないようにしてください。


スポンサードリンク





自動車と駐車場

自動車の方のために、湯河原梅林までのアクセスと駐車場情報をお伝えします。

■自動車
・東京方面から…東名厚木IC・小田原厚木道路経由で約2時間
・名古屋方面から…東名沼津IC・熱海函南道路経由で約5時間


■駐車場
・普通車500円/大型バス1200円
 期間中は有料となります。

湯河原梅林の駐車場は、第1駐車場から第6駐車場まであります。また混雑時は、湯河原町教育センター駐車場も開放されます。

しかし、平日でも駐車場は空き待ちの車が並んでいることもあります。
特に見頃時期の土日ともなると、駐車場の空き待ちで周辺道路はモノスゴイ渋滞が予想されます。

できれば公共交通機関の利用をオススメします。




まとめ

これまで湯河原梅林梅の宴2017。開花状況や見頃、オススメはライトアップ、アクセスと駐車場などをお伝えしました。

湯河原梅林の山麓に広がる梅のじゅうたんをご堪能ください。
昼もいいけど、夜のライトアップで更にきらきら輝き出すさまをお楽しみください。

ポイントは…
・例年の開花は、2月上旬頃~3月上旬頃
・例年の見頃は、2月中旬~3月上旬頃
・開催日程:2017年2月4日(土)~3月12日(日)
・ライトアップ:2月25日(土)~3月5日(日) 18:00~20:30


ライトアップを楽しまれる方、夜間は寒いので暖かい服装と履きなれた靴でお出かけくださいね。




おすすめ・関連コンテンツ

コメントを残す

このページの先頭へ