みなみの桜と菜の花まつり2017!開花状況や見頃?アクセスは?

伊豆半島最南端・南伊豆のみなみの桜と菜の花まつり開催中、ピンクと黄色に彩られるなか一足早い春が楽しめます。

青野川沿いに咲く早咲きの河津桜。そして、休耕田に黄色いじゅうたんを敷き詰めたような菜の花がお目当て。早く春を感じたくてはるばる遠方から大勢の方が訪れるのですね。

minami-sakura-nanohana1


ココのイベントは思考を凝らした内容で、とても楽しめるんですよ。2つも紹介しますからね。


それでは、みなみの桜と菜の花まつり2017。
開花状況や見頃、オススメのイベント、アクセスなどを見ていきましょう!



スポンサードリンク




開花状況や見頃

いきなり2017年の見頃予想を、ズバリしますね。

◆桜の見頃 :2月中旬~2月下旬
◆菜の花見頃:2月上旬~3月中旬


minami-sakura-nanohana2

みなみの桜の品種は、河津桜。河津桜といえば、早咲きの桜として有名ですよね。

例年2月下旬から3月上旬にかけて見頃を迎えますが、2016年は暖冬の影響で例年より10日ほど早く開花と見頃を迎えました。

そして2017年も全国的に暖冬の影響(1月初旬まで)により、開花・見頃時期は2016年と同様の予想がされています。

ご参考に、2016年の見頃・開花状況をご確認ください。


2016年の見頃・開花状況

・1月15日・桜、咲きはじめました。
・1月15日・菜の花、咲き広がってきました。

・1月31日・菜の花、見頃となりました。

・2月13日・桜、見頃を迎えました。
・2月13日・菜の花、見頃が続いています。

・2月22日・桜、見頃継続中です。
・2月22日・菜の花、、見頃継続中です。



2017年の1月22日、菜の花が咲きはじめていますが、桜は蕾の状態です。
見頃まで、しばらくお待ちくださいね。




みなみの桜と菜の花まつり2017

みなみの桜と菜の花まつりは、伊豆半島最南端の南伊豆町で開催されます。

1999年から始まったまつりは今回で19回目。2017年の日程は、2月10日から3月10日まで開催されます。

まつりのメイン・イベントは、青野川沿いに咲く800本の河津桜。そして、休耕田に黄色いじゅうたんを敷き詰めたような菜の花です。

minami-sakura-nanohana3

一足早い春を存分に感じてお帰りくださいね。

2月12日には一般公募の中から選ばれたカップルが、菜の花畑で本物の結婚式を挙げる光景にも立ち会えますよ。次の章で詳しくお伝えしますね。



まつりの日程・住所


まつりの日程や住所など基本情報をご覧ください。


◆まつり  :2017年2月10日(金)~3月10日(金)
◆ライトアップ:2月10日~3月10日、18時頃~21時頃
◆桜の本数:約800本(河津桜)
◆会場場所:道の駅・下賀茂温泉湯の花
◆会場住所:静岡県賀茂郡南伊豆町下賀茂157-1
◆問合わせ:0558-62-0141(南伊豆町観光協会)




オススメのイベント

イベントは土日を中心にいろいろあります。

2月10日(金)オープニング神事
2月12日(日)菜の花畑結婚式
2月18日(土)みちくさ夜桜マラソンin南伊豆
2月19日(日)・26日(日)伊勢えび味噌汁デー
2月26日(日)軽トラ市in南伊豆

この中から、2つに絞って詳しくお伝えしますね。



第17回菜の花結婚式

日曜日ですから、黄色い菜の花に囲まれ大勢の方から祝福がありそうですね。

まず、日程や場所からご確認くださいね。


日程:2017年2月12日(日)
時間:11:00~

   (10:30~下田高校吹奏楽部のミニコンサート)
場所:南伊豆町日野(ひんの)菜の花畑



お待たせしました。第17回菜の花結婚式のカップルが決まりましたので、お伝えしますね。

栃木県茂木町のNさんと東京都杉並区のKさんです。お二人は7年前に南伊豆町の南伊豆健康学園で出会われ、2月12日に挙式の運びとなりました。

栃木県出身のNさんは、下田市のゴルフ場へ就職しながら、合い間に南伊豆健康学園でサッカーを教えていました。

秋田県出身のKさんも同学園へ保育士として赴任し、Nさんと出会われました。当時学園の子どもを連れて、菜の花結婚式を見学されたのだそうですよ。思い出の場所なんですね。

お二人を乗せた馬車による入場があり、結婚式は進行されます。

結婚式の直前に、県立下田高等学校吹奏楽部によるミニコンサートがあります。これも見もの(聞きもの)ですね。

咲き誇る菜の花と響きわたる吹奏楽の音色もお二人を祝福しているようですね。一足早い春の日曜日、みんなで祝福してあげてくださいね。



伊勢海老みそ汁デー

伊勢海老みそ汁デーも日曜日ですね。大勢の方が楽しめそうですよ。

まず、日程や場所からご確認くださいね。

日程:2017年2月19日(日)・26日(日)
時間:11時~(1回目)
   13時~(2回目)

   ※1日2回(1回約200食分・1日400食分)
場所:下賀茂商店街・ミロー駐車場



じつは、

伊勢海老は、南伊豆町特産なんですよ。伊勢海老の水揚げは静岡県トップ!全国では第9位を誇ります。

その伊勢海老のみそ汁を大サービス!

minami-sakura-nanohana4

伊勢海老のみそ汁はとても人気なんです。すぐ長い行列ができてしまうので、11時または13時より早めに行きましょう。行列ができてしまう前に行って並びましょうね。



スポンサードリンク





アクセス

南伊豆町は伊豆半島の最南端にあるため、遠いなあって感じてしまうかもしれません。
実際町内には鉄道がなく、最寄り駅が下田市の伊豆急下田駅で、そこから路線バスで30分近くかかります。

でもココには、自慢できる程の素晴らしい桜と菜の花が咲くからこそ、観光客がたくさん訪れるのですよね。

新幹線・電車・バスでのアクセスを調べました。ご都合のよい手段でお出かけくださいね。



新幹線・電車・バス

公共交通機関はとても楽!駐車場の心配もいらないし渋滞も心配不要です。とても気が楽ですよね!

◆まず、伊豆急下田駅まで行きましょう。新幹線を使うか在来線かで迷うところですが、私なら新幹線で早く行きたいですね。熱海駅で乗り換えですね。

●東海道新幹線
・東京駅→新幹線(55分)→熱海駅→伊豆急線(90分)→伊豆急下田駅
 →バス(30分)→南伊豆町・九条橋バス停

・名古屋→新幹線(105分)→熱海駅→伊豆急線(90分)→伊豆急下田駅
 →バス(30分)→南伊豆町・九条橋バス停

新幹線は熱海駅で乗り換えってことですね。お間違えのないように。


●東京駅~直通・踊り子号
・東京駅→特急踊り子号(150分)→伊豆急下田駅
 →バス(約30分)→南伊豆町・九条橋バス停

東京駅から直通の踊り子号も楽ですよ。バスへの乗り換えだけでとても楽ですよね。



◆伊豆急下田駅前のバス乗り場で東海バスにお乗り換え、3番または8番乗り場です。


◆会場近くのバス停
・「九条橋」下車⇒メイン会場の道の駅「下賀茂温泉湯の花」の近く
・「前原橋」下車⇒一番上流からスタートできます。
・「老人ホーム前」下車⇒一番下流からスタートできます。
・「日野橋入口バス停」下車⇒菜の花畑からスタートできます。

目的に応じて、下車するバス停をお決めくださいね。




まとめ

これまでみなみの桜と菜の花まつり2017。開花状況や見頃、オススメのイベント、アクセスと駐車場などをお伝えしました。

ポイント…
◆桜の見頃 :2月中旬~2月下旬
◆菜の花見頃:2月上旬~3月中旬
◆お勧めのイベントは2つ、日程があうなら是非どうぞ
・菜の花結婚式、2月12日(日)
・伊勢海老みそ汁デー、2月19日(日)・26日(日)

菜の花結婚式と伊勢海老みそ汁は長時間になる可能性がありますので、暖かい服装でお楽しみください。

※コチラが本家・河津桜です。
⇒ 河津桜まつり2017!見頃や開花状況は?住所やアクセスは?




おすすめ・関連コンテンツ


スポンサードリンク



コメントを残す

このページの先頭へ