貴社と御社の違い!履歴書・面接・メールでの使い分けは?

貴社と御社はよく似ていますが、何か違いがあるのでしょうか。


kishaonsha1


貴社と御社の意味は同じです。ともに相手の会社を尊敬する言葉です。

違うのは使い方です。



それでは、貴社と御社の違い。

一般的な使い方の違い、
履歴書・面接・メール、ケースバイケースの使い方、
貴社と御社の歴史などを見ていきましょう!






スポンサードリンク





貴社と御社の違い

貴社も御社も、相手の会社を尊敬する言葉。意味は同じです。

違うのは使い方です。こんな感じです。

貴社・・・主に書き言葉で使われる
御社・・・主に話し言葉で使われる



そして使い方にも2種類(一般的な使い方とケースバイケースの使い方)あります。

一般的な使い方(第1節をご覧ください)
貴社・・・書き言葉で使われる
御社・・・話し言葉で使われる

ケースバイケースの使い方(第2節をご覧ください)
貴社・・・主に書き言葉だが、話し言葉でも使う
御社・・・主に話し言葉だが、別の言い方をする


早速、一般的な使い方の違いから見ていきましょう。



一般的な使い方の違い

貴社と御社の一般的な使い方の違いは、書き言葉と話し言葉の違いと言われています。

貴社・・・書き言葉で使われる
御社・・・話し言葉で使われる


書き言葉として履歴書やメールなどで書くのは「貴社」
話し言葉として面接や電話応対などで言うのは「御社」


たとえば貴社と御社は、就活の学生さんがよく使います。学生に対するご指導が行き届いているようで…
・貴社は…書き言葉
・御社は…話し言葉

明確に使い分けされているようですね。貴社と御社を就活用語なんていう方もいるくらいです。

その関係で若いサラリーマンそして、最近では一般のビジネスマンの間にも、「貴社は書き言葉、御社は話し言葉」と明確な使い分けが定着されてきたようですね。

そして現在、この一般的な御社と貴社の使い分けは、基本的なビジネスマナーの一つになったと言っていいのでしょう。

ここまでは、一般的な貴社と御社の使い方の違いに絞りました。。



履歴書・面接・メール、ケースバイケースの使い方

基本的なビジネスマナーとして、「貴社は書き言葉、御社は話し言葉」のように明確に使い分けるのはとても分かりやすく、また容易に受け入れやすいです。

でもあまりにも、貴社と御社の使い方の違いを明確に意識し過ぎると、たとえば会話の中で「御社」と何回も呼び続けると、せっかく打ち解けた雰囲気を壊すことにもつながりますよね。

もっと大切なことは、相手を思いやる気持ちを忘れないことではないでしょうか。
平たく言うと、相手との関係やその場の雰囲気に応じたケースバイケースで使い分けることが大切です。

ケースバイケースの呼び方は、貴社と御社で少し違います。
貴社…一般的には書き言葉だが、話し言葉でも使う
御社…一般的には話し言葉だが、別の言い方をする



まず使い分けが難しい面接時の「御社」の事例をご紹介します。
一般的には「御社」と言うところを、別の言い方をしますからね。

kishaonsha2

話し言葉で使われる御社は、じつは要注意な言葉なんです。デジタル大辞泉によると、補説で次のように説明されています。

同音の言葉が多く紛らわしい「貴社」に代わり、主に話し言葉において使われ始めた。1990年代初めころからか。

「御社」は1990年代に生まれたまだ新しい言葉です。私見ですが辞書の解説と私の実体験から、まだ使い方が完全に定まっていないのかなと感じます。(詳細は第2章をご覧ください。)

例えば面接官の中には、面接時「御社」と1~2度呼ばれるのはいいのですが、何度も「御社」を連発されると、違和感を感じるどころかウンザリします。

打ち解けて話をしたいのなら「御社」より「○○(会社名)さん」と呼びかけたほうが、面接官も人ですから親近感を感じてしまいますよね。



スポンサードリンク




次に、「貴社」の使い方を2つご紹介しますね。
2つ目の事例で、「貴社」は一般的には書き言葉ですが、話し言葉でも使います。

kishaonsha3

就活中で、履歴書の志望動機やメールにはどう書くのかと迷っている方多いですよね。

「貴社」は一般的に書き言葉ですから、履歴書やメールには「貴社」と書いてください。ケースバイケースは考えなくていいですよ。

サラリーマンを何年もやり、親しい間柄の取引先にメールを送る場合は、ケースバイケースで使い分け「御社」でもOK。でも就活中の学生さんは、「貴社」を使った方がゼッタイ無難ですよ。


最後にケースバイケースの「貴社」の使い方をご紹介します。

貴社は、主に書き言葉で使いますが、(明治時代から)話し言葉としても使われてきました。ですからケースバイケースで、会話のときに使うことも可能です。

例えば相手が「貴社」と言ってきたら「御社」と返すのは反論しているみたいですね。それを避けるために、「貴社」または「○○さん」と臨機応変に使い方を変えればとてもスマート。あなたの評価も上がることでしょうね。



スポンサードリンク





貴社と御社の歴史

貴社も御社も意味は不変ですが、時代とともに使い方が変わってきました。新たな言葉は辞書に追加され、使い方が変われば辞書の説明も変更されます。当然のことですね。

つまり言葉は生きているのですね。

これから貴社と御社の歴史をお伝えします。貴社と御社の使い方の変遷を知ることが、現在の使われ方を知ることにつながりますよね。

「貴社」の登場はかなり古いです。明治時代でしょうか。

◆貴社…書き言葉・話し言葉で使われる

広辞苑の第2版(1969.5.16発行)によると…

相手方の会社・神社の尊敬語

と説明されています。なお1969年当時、御社はまだ広辞苑に登場していません。


kishaonsha4


長い間、貴社は相手の会社の敬称として、書き言葉としても話し言葉としても使われてきたのですね。


「御社」は1990年代生まれの比較的新しい言葉です。

元々「貴社」は、「帰社」や「記者」等の同音異句が多く紛らわしいため、話し言葉では伝わりやすい同じ意味の「御社」が誕生したという事ですね。

そして「御社」が広辞苑に掲載されたのが1998年(第5版)から。これにより…

◆貴社は…主に書き言葉で使われる
◆御社は…主に話し言葉で使われる


ココまで読まれたあなたは、合点(がてん)していただけましたネ。 貴社と御社の意味と使われ方!

相手の会社の敬称として貴社と御社が、新しい使われ方で日本中に広まり定着してきました。言葉も生きているのですね。これからの貴社と御社、意味や使われ方はどのような方向に変わっていくのでしょうか!?




おすすめ・関連コンテンツ

コメントを残す

このページの先頭へ