当社と弊社の違い!意味で使い分ける!

当社と弊社の意味は、ともに自分の会社です。同じですね。
違いはあるのでしょうか?


toshaheisha1


たった一つ違いがあります。それは謙譲語かどうかです。

察しがいい方はもうお分かりでしょう。



それでは、当社と弊社の違い、意味で使い分けるなどをご一緒に見ていきましょう!




スポンサードリンク





当社と弊社の違い



当社の意味は、この会社。自分の所属する会社。
弊社の意味は、自分の会社の謙称。へりくだって言う謙譲語です。


当社も弊社も、自分の会社です。同じですね。


toshaheisha2


違いは…弊社は謙譲語、当社は普通語です。ちょっとわかりずらいですか?

「行く」の謙譲語は、「参る」ですよね。
「当社」の謙譲語は、「弊社」です。

もう分かりましたネ。これで当社と弊社の意味と違いがスッキリしましたね。

意味が分かったところで、次は当社と弊社の具体的な使い分け方をお話しますね。



スポンサードリンク





意味で使い分ける

当社または弊社を使う相手は、社内と社外があります。当社と弊社の意味をよく考えて、使い分けましょう。


「弊社」は「当社」の謙譲語です。当社をへりくだって言うのですから、相手は当社以外の人に決まっていますよね。
弊社は、必ずお客様など社外の人に対して使ってくださいね。

toshaheisha3


「自分の会社」の事を身内である社内に伝えるのに、へりくだる必要ありませんね。
社内で「自分の会社」のことを言う場合は、「当社」とか「わが社」を使ってください。間違っても「弊社」は使わないでくださいね。


当社を社内で使う理由は、よく分かりましたね。。。


ところで、社外で使う当社は…注意が必要です!

社外でも、謙遜する必要がない場合、つまり上下関係がなく対等な立場で話せる場合、「当社」を使用します。

たとえば、相手に抗議やクレームを伝えるとき、訴状や論文を提出するとき、商品カタログに記載するとき等は「当社」を使うとよいでしょう。

ただ、使い分けのルールは特別ありませんが、ポイントは謙遜する必要があるかないか。対等な立場で話せて謙遜する意味があるかどうかを判断して、「当社」または「弊社」の使い分けをしてください。





おすすめ・関連コンテンツ

コメントを残す

このページの先頭へ