「厄払い」の記事一覧

厄年とはなんでしょう?

簡単に言えば、厄災が多く降りかかるとされる年齢です。

人生の中で、精神的にも肉体的にも変化が訪れやすい時期とも言われています。

一般的には数え年で数え、下記のように人生で3度訪れます。



  • 男性は...25歳、42歳、61歳

  • 女性は...19歳、33歳、37歳


上記は本厄の年齢ですが、本厄の前年を前厄、本厄の次年を後厄と言います。つまり、厄年は通算3年間続くわけですね。

病気や災難にあう恐れが多い年齢とされています。一年間は節度のある生活を送ることが大切ですので、厄払いに行ってお祓いをうけることをオススメします!

ところで男女で年齢が異なるのは、生理学的にみて男女は違いますので当然のことでしょうね。

その本厄の中でも、特に「男性の42歳と女性の33歳」は大厄と言われています。厄災が最も多く降りかかる年齢とされていますので、ぜひ厄払いしていただくことをオススメします。

私の体験談ですが、お祓いをしてもらうとすっきりしますヨ!

厄払いに行くなら、是非オススメしたい神社やお寺をたくさん用意しました。じっくり御覧くださいね。

厄払いを受ける場所は神社やお寺。ちなみに「神社では厄払い」、「お寺では厄除け」と言うことが多いようですよ。

伊勢神宮へ厄払い!予約・受付時間・祈祷料金は?お札の祀り方?

伊勢神宮内宮

一生に一度はお伊勢参りと言われ、今も昔も日本中から親しまれている心のふるさと伊勢神宮。 お伊勢参りを予定されて・・・

明治神宮へ厄払い!予約・受付時間・初穂料は?古いお札の返却方法?

明治神宮第三鳥居

明治神宮は、明治天皇と昭憲皇太后がお祀りされ、日本人の心のふるさととして親しまれています。 1月には厄年を迎え・・・

門戸厄神へ厄払い!料金と効果は?予約や混雑時期は?

門戸厄神表門

兵庫県西宮市の門戸厄神は、地元では厄神さんと呼ばれ親しまれている高野山真言宗のお寺。 神社ではありません。ご本・・・

成田山新勝寺へ厄払い!予約や受付時間は?料金や混雑時期は?

成田山新勝寺大本堂と五重塔

成田山新勝寺と言えば、何を思い浮かべますか? 節分の豆まき。これは毎年恒例、テレビでよく見ますよね。この豆まき・・・

千葉神社へ厄払い!受付時間や混雑時期はいつ頃?祈祷料金は?

神主さんが神前でお祓いします

1000年以上の歴史ある千葉神社は、源頼朝や徳川家康からの崇敬も厚く大切に保護されてました。 今では千葉市民に・・・

このページの先頭へ