昔の私は参道を歩く時、真ん中を進むことが多かったです。

よく、参道の真ん中(正中)は神様の通り道のため、歩いてはいけないって聞きますよね!

玉砂利が敷き詰められた参道

その通り。歩き方は、もちろん左か右ですよね。これを知ったのは、神社の氏子総代を務めた時でしたから10年程前のこと。

今では勿論左か右を歩いています。あなたも参道を歩くときは、気を付けてくださいね。

では神社の参道とは、参道の真ん中は神様の通り道、歩き方は左か右がよい、参拝するときは真ん中でよいなどをご一緒に見ていきましょう!



スポンサードリンク




神社の参道とは

まず神社の参道とは何でしょう?
それは文字通り、神社にお参りするために通う道のことですね。

狭義には、鳥居から拝殿(本殿)に至る通路を指します。

また広義には、駅や集落など人の多い場所から神社に至るまでの道を指します。

複数の参道が存在している場合、メインストリートを表参道といいます。

日本で一番有名な表参道は、東京原宿の表参道です。JR原宿駅前の神宮橋交差点から青山通りの表参道交差点まです。表参道を通って明治神宮に参拝した人も多い事でしょうね。
東京原宿の表参道

狭義と広義の参道を分ける鳥居をくぐって、境内の参道へ向かいましょう。

※なお、鳥居のくぐり方はコチラが参考になります。
⇒ 神社の鳥居のくぐり方!くぐる前の礼、喪中時の作法はくぐらない?

神社の参道にはほとんど手水舎が設置されています。ここで口をすすぎ手を洗い、心身に憑いたけがれを洗い清めてからお参りしましょう。

でも手水舎がない神社もありますね。もし参道が玉砂利なら、歩くとジャリジャリと鳴り身を清めることができます。玉砂利の玉は、たましい(魂)、たま(霊)、みたま(御霊)を意味していますからね。

ところで、あなたは参道の右端・左端・真ん中のどこを歩きますか?



神社の参道の歩き方

参道は、神様も通られるってご存知でしたか。人も通るし、神様も通る参道ですが、それぞれ通る場所が違います。

まず神様に敬意を表して、神様の通る場所から見ていきましょう。

参道の真ん中は神様の通り道

参道の真ん中は、正中(せいちゅう)と呼ばれ神様の通り道とされています。

通常神様は、拝殿の奥にある本殿(奥殿)中央に鎮座していらっしゃいます。

鎮座する神様から見た場合、拝殿・賽銭箱・参道・鳥居までの直線状を正中といいます。神社の中でも特に神聖な正中(中央)には、みだりに入らないってことですよね。杏奈さんも呟いています!


本殿から鳥居まで続く正中には、できるだけ入らないってことですね。では、参道のどこを歩いたらよいのでしょうか。


スポンサードリンク




参道の歩き方は左か右がよい

境内の参道を歩くときは神主や宮司であっても、正中(真ん中)を避けて歩くのが神様に対するマナーです。
石畳の参道を歩くご婦人

つまり、中央を避けて左端か右端を歩くのがよろしいです。

中央(正中)を避けるのは、歩くときだけではありません。
例大祭など祭事は本殿にて催されますが、参列者は正中をあけて左側と右側に並びます。

でも、参道の中央を横切るときも出てきますよね。そんなときは…
・屈行という作法で、頭を下げ腰をかがめながら横切る
または
・中央で神様の方を向き一礼して横切る

そうすることで、きっと神様にも微笑んでいただけることでしょう。

伊勢神宮は内宮が右、外宮が左

ところで、伊勢神宮においては左端か右端かが決まっています。

正中を神様が通るのは、伊勢神宮も変わりありませんが、内宮と外宮では左右が逆になります。注意してくてくださいね。
・外宮は、左側通行
・内宮は、右側通行


参道では、左側か右側を歩く事はよく分かりました。では、参拝するときも真ん中を避けるのでしょうか?


参拝するときは、真ん中でよい

参道を歩くときは真ん中を避けますが、神前では真ん中に立ってお参りしてください。
女の子が神前で手を合わせています

でも、矛盾していることを言っているみたいですよね~
いいえ、矛盾ではありません。ご説明しますね。

結論から言いますね。
神様と向き合うときは、正中に立ってください。混雑する初詣の時は難しいかもしれませんが。。
もし正中に立たないで、斜めを向いて神様に向き合ったら逆に失礼ですからね。

拝殿の前まで来たら正中に立ちます。鈴を鳴らして参拝に訪れたことを告げて、神様をお呼びします。そして神様の正面で参拝させていただきましょう。

本殿の中での事例も一つご紹介しますね。
本殿で催される祭事では、宮司も正中を避けて並びますが、祝詞を奏上するときは、神様の正面に立ちます。

文字通り神前で直接向き合うときは、拝殿前でも本殿内でも正中に立つって事ですね。
参道を歩くときは真ん中を避け、神前では真ん中に立ってお参りしてくださいね。これが神様に対するマナーです。


なお、手水舎がありましたら心身ともに清めてから、心を込めてお参りいたしましょう。
⇒ 神社の手水の作法!洗い方や吐き出し方は?手洗い場がない時は?






おすすめ・関連コンテンツ