北野天満宮の梅2017!見頃や開花状況?見どころやアクセスは?

北野天満宮は、梅を愛した菅原道真公ゆかりの地として、シーズン中観梅者があとを絶ちません。

梅の時期になると、境内の50種約1500本の梅が咲き誇ります。


kitanotenman-ume1



見どころは、菅原道真公ゆかりの地に相応しく必見です。モチロンどなたでも楽しめますよ。



それでは、北野天満宮の梅2017。
見頃や開花状況、見どころ、アクセスなどを見ていきましょう!




スポンサードリンク





北野天満宮の梅2017

いきなり北野天満宮の梅と言われても、ピンときませんね。
北野天満宮といえば菅原道真公。道真公といえば梅なんですね。そのあたりからお話します。

北野天満宮は、947年菅原道真公を祀る神社として創建されました。全国に存在する約1万2000社の天満宮や天神社の総本社なんですね。あなたの近くにも天満宮ありませんか。

梅の時期になると50種約1500本の梅が咲き誇ります。白梅や紅梅、一重や八重、中輪や大輪など50種の梅を、目の当たりで鑑賞できるのは楽しいですよネ。
kitanotenman-ume2

また梅をこよなく愛した菅原道真公ゆかりの地として、シーズン中は観光客があとを絶ちません。
※梅と梅をこよなく愛した菅原道真公のお話は、第3章「梅の見どころ」で解説します。


さらに見頃時期には梅苑が公開されます。公式サイトには2月初旬~3月下旬に梅苑公開と書かれていましたが、2017年1月21日、梅苑公開日が1月28日と決まりました。2017年は見頃がきっと早いのでしょう。ワクワクしてきましたね。

お花の他にお茶とお菓子も楽しめるので、ついニッコリしちゃいそうですね。

梅苑公開

2017年1月28日から梅苑が公開されます。入場料には茶菓子の分も含まれます。茶屋に立ち寄ってお茶とお菓子をいただきながら、観梅するなんておつなものですよ。

お菓子もお茶も、京都の老舗和菓子屋・老松(おいまつ)さんの商品です。
有職菓子(古来より宮廷の儀式などの際に献上するお菓子)の御調進所である老松さんは、その時々や季節を彩る京菓子を送り出しています。

◆お菓子は…菅公梅(かんこうばい)
北野天満宮・梅苑の白梅紅梅を模した麩焼き(ふやき)のお煎餅。白梅のすり蜜と紅梅の梅肉入り風味に仕上げられています。

◆お茶は…香梅煎(こうばいせん)の梅茶
北野天満宮の梅を用い、文字通り香り豊かに仕上がりました。粉末状ですので白湯を注げば出来上がりです。


・公開日程:2017年1月28日(土)~3月15日(火)
・公開時間:10:00~16:00
・入場料 :中学生以上700円/子供350円
・住  所:京都市上京区馬喰町
・問合わせ:075-461-0005(北野天満宮社務所)


北野天満宮の梅の香りや味わいある・お菓子とお茶をお楽しみいただいたけれど、もっと召し上がりたい方は…
老松北野店へどうぞ。天満宮の近くですよ。




美味しいお菓子とお茶を頂いたあとは、キレイな梅の花もぜひお楽しみください。次章で見頃や開花状況をご確認くださいね。




見頃や開花状況

北野天満宮の梅は、例年の開花期間が12月下旬~3月下旬までの長い間楽しめます。

超早咲き・早咲き・中咲き・遅咲きとそろっています。時期を少しずつズラシながら咲くので、見頃期間が長~く続きます。長い間楽しめてとても有難いことですよね。

なお、ご関心ある方が多い御神木の紅和魂梅は遅咲きですので、お気に留めておいてくださいね。

では、2015~2016年の開花・見頃状況をご覧ください。早咲き:12月3日、中咲き:2月4日、遅咲き:3月22日の開花でした。時期をズラシながらの開花状況が、手に取るように分かりますね。

2015~2016年の開花・見頃状況

・2015年12月3日、早咲きが開花。白梅・照水梅や紅梅・寒紅梅等です。
・2016年2月1日、早咲きの寒紅梅・照水梅・雲龍梅等が見頃になりました。
・2016年2月4日、中咲きの見驚梅が咲き始めました。
・2016年2月28日、御神木・紅和魂梅(遅咲き)が開花。例年より2週間早い。
・2016年3月10日、紅和魂梅など遅咲きが見頃です。
・2016年3月22日、遅咲きの庭梅(林生梅)が咲きはじめました。




ところで梅の見頃は、例年2月中旬~3月下旬。では2017年の見頃はいつ頃になるのでしょう?

2017年は、全国的に暖冬の影響で梅の開花時期が早くなっています。
北野天満宮でも早咲きが2年連続(2015年・2016年)で12月に開花しました。この状況では見頃もかなり早めになりそうですね。

2017年の見頃は、例年の見頃(2月中旬~3月下旬)より少し早めの見込みです。

2017年の梅苑公開日が、しばらくの間2月初旬~となっていましたが、1月28日に決定(前倒し)されましたね。これも2017年の見頃予想は平年より早めと、神社が判断されたのでしょうネ。


ただ今後も梅は、お天気の状況によって開花も見頃時期も大きく変わります。お天気と2017年の開花・見頃状況をご確認のうえ、観梅日程をお決めくださいね。

2016~2017年の開花・見頃状況

・2016年12月22日、極早咲きの雲竜梅が開花しました。




スポンサードリンク





梅の見どころ

たいへんお待たせしました。梅苑公開中のたくさんある見どころの中から1つだけご紹介しますね。

それは…御神木の紅和魂梅(べにわこんばい)!
kitanotenman-ume3

場所は、本殿前(向かって左側)で、推定樹齢300年の梅(御神木)です。

北野天満宮には、道真公が梅をこよなく愛したことから梅の木が1500本植えられています。

その中でも御神木とされている梅の木があります。御神木「紅和魂梅」は、大宰府に転勤した道真公を慕って一晩で大宰府にまで飛んでいったという「飛梅伝説」の木です。

と言うことは「飛梅伝説」の木は、大宰府にもあるって事になりますよね。ご関心のある方は、章の最後の「大宰府の飛梅」をご覧くださいね。


2016年の紅和魂梅は、2月28日に開花、3月10日頃見頃になりました。2015~2016年の開花・見頃状況でご確認ください。

本殿(拝殿)には、菅原道真公がお祀りされています。拝殿で参拝したら、その後拝殿手前の紅和魂梅もご鑑賞してください。菅原道真公も喜んでくれるでしょうね。

2017年の紅和魂梅は、いつごろ見頃になるでしょうか?楽しみですね。



大宰府の飛梅

道真公が大宰府に着くと、梅はあとを慕って一夜のうちに大宰府まで飛んでいったと伝えられる梅の木が、大宰府にもあるのですよ。

「飛梅(とびうめ)」と言われ、樹齢1000年を超える御神木の白梅です。
⇒ 太宰府天満宮の梅2017!見ごろや開花状況?見どころは?

なぜか北野は紅梅、大宰府は白梅。開花は北野が遅咲き、大宰府が早咲き。両者全く違いますね。深く考えない事にして、福岡へお出かけになる時は大宰府天満宮の御神木もご覧になってくださいネ。




スポンサードリンク





JR京都駅からのアクセス

最後に、JR京都駅から北野天満宮までのアクセスをご紹介しようと思います。

北野天満宮の周辺には、京都駅から下車できる駅が少ない状況ですので、アクセスはバス中心になってしまいますね。

でも京都に慣れてない人にとってみれば、京都のバスってなかなか乗りずらいものですよネ。そこで京都駅で電車に乗り、北野天満宮周辺で下車できる駅を探してみました。北野天満宮の最寄り駅ありましたヨ。


JR京都駅から北野天満宮まで! 電車と徒歩でのアクセスをご紹介しますね。

まず、JR京都駅から山陰線の電車に乗り円町駅で下車します。



円町駅から北野天満宮の入口まで約1.5キロは、徒歩で約20分です。これから道順をご案内しますね。

円町駅の改札を出て、目の前を左右に広がる道路(府道187号線)を右折します。すぐのところに大きな交差点がありますので左折。この広い通りが西大路通りです。とにかく道なりに進んでくださいね。

前方に見える山がだんだん近寄ってきますので、徐々に郊外に近づいているって感じですね。

交差点の信号「北野白梅町」が見えたら、右折。しばらく前進すると「北野天満宮前」の信号を見つけると、誰でもホットするでしょうネ。

左手に天満宮と書かれた大きな鳥居が、北野天満宮の入口。説明しなくても誰でもわかりますよね。ようやく着きましたね~。ごくろう様でした。




まとめ

これまで北野天満宮の梅2017。見頃や開花状況、見どころ、アクセスなどをお伝えしました。

菅原道真公ゆかりの地に相応しい見どころを是非お楽しみくださいね。

ポイントは…
・梅苑公開は、2017年2月初旬~3月下旬
・見頃は、例年の見頃(2月中旬~3月下旬)より少し早め
・見どころは、御神木の紅和魂梅
・JR京都駅から電車と徒歩でのアクセスをどうぞ

見ごろ時期は長いですが、御神木・紅和魂梅の見頃時期は、シーズンの最後です。
まだまだ寒いですから、できるだけ暖かくしてお出かけくださいね。




おすすめ・関連コンテンツ

コメントを残す

このページの先頭へ