「務める」は、どちらかと言うと、日常生活よりビジネスシーンでよく使われる言葉です。

なにより「務める」の意味や表現方法をできるだけ詳しく解説します。

国語辞典の引用からビジネス上大切な敬語や英語表現などを用例も交えながら解説します。

後半は、「つとめる」と訓読みする「務める」「勤める」「努める」の違いや使い方を見ていきましょう。


スポンサードリンク



「務める」の意味を詳しく解説


国語辞典による「務める」の意味

「務める(つとめる)」:ある役割や任務を引き受けて、その仕事をする。
(引用元:goo国語辞書(デジタル大辞泉))


漢語の「務」の文字は、「困難なことに、力強く突き進んでいく」という原義から「困難でも力を出して働く」「引き受けた役目をやり遂げる」という意味を表し、これは正に国語辞典で紹介した「務める」の意味に他なりません。

「務める」は、決意が求められます

「務める」とは、引き受けた任務を果たすこと。ですから就任する際、困難があっても任務を果たす決意が求められます。

例えば、「社長」や「議長」などの就任依頼に対して、その役割や任務を引き受けるとき、「社長を務めます」「会議の議長を務めます」などのように用いられます。困難があっても任務を果たすという決意表明のように聞こえますね。

なお「務める」が意味する役割や任務には、「社長」のような大任だけでなく、一般社員の中から任命される「受付係」などにも用いられます。他にも「課長」「秘書」「司会役」「映画の主役」「会議の議長」など様々考えられます。

「務める」と「勤める」は類似

ところで「務める」と「勤める」は意味がよく似ています。「務める」は「任務」、「勤める」は「勤務」ですから、どちらも「仕事」を意味しています。

そのため、昔は書き分けが判然としていませんでした。「務める」と書くべき所に「勤める」が使われ、また逆の使われ方も多々あったようです。

例えば森鴎外の小説で「使者を務めた」と書くべき所に「使者を勤めた」と記述されています。

現在では、常用漢字表の音訓欄に「務める」と「勤める」が明確に示され、国語辞典にも明記されましたので、両者の使い分けは整然と行われているようです。
(違いの詳細は第3章をご覧ください。)

「務める」の敬語と英語表現


「務める」の敬語表現

「務める」は、どちらかと言うとビジネスシーンでよく使われますので、敬語表現にも注意する必要があります。


丁寧語・・・丁寧に言うことで、相手に敬意を表す敬語表現です。
尊敬語・・・相手に対して、上位のものとして敬う気持ちを表す敬語表現です。
謙譲語・・・自分または自分の側にあるものに対して、へりくだる表現をすることにより、相対的に相手を立てる敬語表現です。

「務める」の丁寧語

  • 「務める」の丁寧語・・・「務めます」

敬語表現は、語末に「です」「ます」などの助動詞を付けるだけです。この場合は「ます」を付けて「務めます」という丁寧語ができます。

例えば「私は、来月から営業部長を務めます」のような表し方をします。

「務める」の尊敬語

  • 「務める」の尊敬語・・・「お務めになる」

敬語表現は、「れる」「られる」「給う」「お~になる」など。この場合は「お~になる」を用い、末尾に丁寧語の「ます」をつけて「お務めになります」という尊敬語ができます。

例えば「彼は、来月から社長をお務めになります」のような表し方をします。


「務める」の謙譲語

「務める」の謙譲語は、2種類存在します。

  • 「務める」の謙譲語Ⅰ・・・「務めておる」
  • 「務める」の謙譲語Ⅱ・・・「務めさせていただく」

まず謙譲語Ⅰは、「務める」に補助動詞「いる」の謙譲語「おる」を付加し、末尾に丁寧語の「ます」をつけて「務めております」という謙譲語ができます。

例えば、「会社役員を務めております」のような用い方をします。

一方謙譲語Ⅱとしては、相手に許可を得ている場合に使用する謙譲表現です。

「務める」に「させてもらう」の謙譲表現「させていただく」をつけ、さらに末尾に「ます」をつけ「務めさせていただきます」という謙譲語ができます

例えば、自治会の会長を推薦され、お引き受けする際、「自治会の会長を務めさせていただきます」のような用い方をします。


スポンサードリンク



「務める」の英語表現

「務める」を英語に翻訳するには「serve」「act」「play」を使い分けます。

「serve」・・「asを伴って、~として任期や役目を務める」
「act」・・・「asを伴って、~の役を務める」
「play」・・「~を演じる」

彼は市長を務めた。   He served as the mayor.
彼は10年間社長を務めた。He served as president for 10 years.
彼女は受付係を務めた。 She acted as a receptionist.
彼女は秘書を務めた。  She acted as a secretary.
私は主役を務めた。   I played the leading role.

「務める」「勤める」「努める」の使い方

「務める」と「勤める」と「努める」は、すべて「つとめる」と訓読みする同音異義語です。

語源が同じこともあり、意味もきわめて似ています。同音類似語と言った方がいいかもしれませんね。

まず3者の違いと使い分け方から見ていきましょう。

「務める」「勤める」「努める」の違いと使い分け

  • 「務める」とは、引き受けた任務を果たす。一言で「任務」。
  • 「勤める」とは、仕事に従事する。勤務する。一言で「勤務」。
  • 「努める」とは、力をつくす。努力する。一言で「努力」。

しかし「務める」「勤める」「努める」の意味が似ているため、逆に使い分けが難しいです。

そこで、共同通信・時事通信など多くの新聞・通信社では新聞用語集などを作成し、次のように使い分けしています。

「つとめ」が「任務」の意味に当る場合「務める」を使い、
「つとめ」が「勤務」の意味に当る場合「勤める」を使い、
「つとめ」が「努力」の意味に当る場合「努める」と使い分けています。


例えば「会社の社長をつとめる」は、社長のつとめが「任務」の意味に当るため「務める」を使うわけです。

一方「社員として会社につとめる」は、社員のつとめが「勤務」の意味に当るため「勤める」と使い分けるのですね。

これでスッキリ使い分けできそうです。このあとの用例もご覧ください。

「務める」の用例

「務める」の用例です。すべて「任務」の意味に当ります。

・初当選し町長を務める
・市議会の議長を務める
・会社の社長を務めます

「勤める」の用例

「勤める」の用例です。すべて「勤務」の意味に当ります。

・医師として病院に勤めています
・現在製造業に勤めています
・社員として会社に勤めます

「努める」の用例

「努める」の用例です。すべて「努力」の意味に当ります。

・成功に向けて努めてまいります
・勉強と部活の両立に努めます
・これからは早起きに努めます

まとめ

ビジネスシーンでよく使われる「務める」の意味を中心に、敬語や英語表現を用例も交えながら詳しく解説しました。

また、「つとめる」と訓読みする「務める」「勤める」「努める」の違いや使い分け方も見てきました。

「つとめ」が「任務」の意味なら「務める」、「勤務」の意味なら「勤める」、「努力」の意味なら「努める」と使い分けしてください。






おすすめ・関連コンテンツ