行田古代蓮の里!2019年の開花状況・見頃、アクセスは?

埼玉県名発祥の地・行田市の古代蓮の里は、42種類約12万株の蓮の花が咲き誇ります。

文字通り、約2000年前にも咲いていた古代蓮で有名になったのですよ!

古代蓮の里に咲き始めたハスの花

ところで2018年古代蓮の里は見頃が早かったですが、2019年の見頃はどうでしょう?見頃時期には、蓮まつりも開催されます。日程が合えば蓮とまつりをお楽しみください。

では行田古代蓮の里の紹介、2019年の開花状況や見頃時期、蓮は見頃時間も大事!、駐車場やアクセス情報などをお伝えします。


スポンサードリンク




行田古代蓮の里の紹介

12万株の蓮の花が咲く古代蓮の里の成り立ちからご紹介しましょうネ。

昭和の時代、古代蓮の里に近い掘削地の池で、蓮の種子が自然発芽し開花していました。その種子は、約2000年前に古代蓮の里一帯で咲いていた蓮の種子であることが分かりました。

平成になり、古代蓮の里を古代蓮をシンボルとする公園として整備。さらに平成21年市制60周年記念事業として、蓮が市の花として指定されました。

今では古代蓮だけでなく、子どもからお年寄りまで楽しめる公園になりました。



行田古代蓮の里が人気の理由

蓮が咲く場所は、4か所の池です。そのうち古代蓮(行田蓮)は、3か所(古代蓮池・水生植物園・水鳥の池)で楽しめます。

園内には、行田蓮を含む42種類の花蓮が咲き誇ります。蓮の花と言えばピンクでしょうと言ってしまいそうですが。。

古代蓮の里のハスは、白いハスや黄色いハスが見れますよ。色も形も大きさも様々!その見事さに訪れた人は感動します!

このように古代蓮を含む様々な蓮を楽しめるのが人気の理由です。ですから見頃時期は連日のように、早朝から凄い人出となります。


人もいっぱいは、人気があるからですが、早朝賑わうのは別の理由です。第3章を見てください。


では口コミ情報もご覧ください。人気の理由がよく分かりますよ。

・花が咲いている午前がおすすめです。大きなハスは見ごたえがあり、美しかったです。田んぼアートはついでに見ましたがハスは本当に良かったです。

・駅からは遠いのでバスで行きました。混んでいましたが古代蓮がとても綺麗で感動しました。また行きたいですね。

・古代蓮は、早朝から見物客が訪れます。タワー内では、古代蓮の映像や自然や蓮について知り、楽しむことができます。
お勧めは、7月。外は暑いので、日傘や帽子を持参での見学がお勧めです。

⇒ 引用元:jalan



第22回行田蓮まつり

蓮が一面に見頃となるころ、行田蓮まつりが開催されます。

2019年は7月7日(日)に開催されます。時間は7:00から。

珍しい蓮粥や蓮茶などを味わう事ができます。また、ステージでは地元の団体の方々が演舞などを披露します。

朝早めに来て蓮の鑑賞だけでなく、できれば蓮まつりもお楽しみください。

終日大混雑が予想されますので、お時間に余裕を持ってお出かけてください。


ぶらっと♪ぎょうださんも、市内特産品を販売するんですね。



古代蓮の里・基本情報

古代蓮の里・基本情報もご確認ください。

・住所:埼玉県行田市小針2375番地1
・開園時間:終日開放
・入園料:無料
・休業日:無休
・ペット:不可



2019年の開花状況や見頃時期

最初は、古代蓮の里の蓮の見頃時期を見ていきましょう。

  • 例年の見頃時期は、6月下旬頃~8月上旬

かなり長いですよね。ご都合の良い時期にお出かけくださいね。

では気になる2019年の開花状況はどうでしょうか。
・6月5日、世界の蓮園で漢連が開花しました。
・6月9日、水生植物園で一番花が開花しました。
・6月20日、世界の蓮園で大賀蓮が見頃を迎えました。
※ほぼ例年の見頃時期(6月下旬~)に見頃になりましたネ。
・6月28日、古代蓮池と水鳥の池でも見頃を迎えました。
・7月6日、見頃のピークを迎えています。
・7月12日、ピークは過ぎましたが蕾があるのでまだ楽しめます。
・7月26日、まだまだ楽しめます。




では現在の開花状況をご覧ください。
⇒ 行田古代蓮の里



蓮は見頃時間も大事!

見頃時期は分かりましたネ。見頃時間も気にしてくださいね!?

  • 見頃時間は早朝!


富士見市役所秘書広報課さんも、蓮は朝開くとtweetしてますね。蓮の花は早朝開いて昼には閉じる!キレイな蓮の花が見れる時間は、『朝7時~9時頃』まで。早起きしてお出かけください。



スポンサードリンク




行田古代蓮の里の駐車場

駐車料金は、花蓮開花時期の6月下旬~8月上旬まで有料です(それ以外の時期は無料)。
・普 通 車:500円
・中・大型車:1500円
☆障害者手帳提示で、駐車料金が免除になります。

場所は、
・正面駐車場:356台(普通車344台、大型バス8台、身障者用4台)
・北側駐車場:142台



古代蓮の里へのアクセス

ではアクセス情報をお伝えしていきますね。

■東北道・羽生IC~約25分
羽生ICを下りてすぐのT字路を右折し、6キロ程走り砂山交差点(T字路)を右折し国道125号バイパスへ出ます。
熊谷・行田方面へ走り下須戸(北)交差点を左折。間もなく古代蓮の里公園の50メートル展望タワーが見えてきます。

■JR高崎線・行田駅東口~行田市市内循環バス
 観光拠点循環コース右・左回り

■秩父鉄道・行田市駅南口~行田市市内循環バス
 東循環コース右回り/観光拠点循環コース右回り

■シャトルバス(6月下旬~8月上旬のみ運行)
・運行期間:2019年6月15日(土)~7月21日(日)と7月27日(土)、7月28日(日)
・運賃:大人(高校生以上)200円
    小人(小・中学生)100円
・行き:JR高崎線・行田駅東口~古代蓮の里
・帰り:古代蓮の里~さきたま古墳公園前~行田バスターミナル~JR高崎線行田駅
・所要時間:約25分

☆蓮の見頃時間は午前中です。見頃期間中の【午前早めの便】をおすすめします。



まとめ

最後に、耳より情報をひとつ紹介します。

この古代蓮の里の東側の田んぼでに、田んぼアートが出現します。
9月はラグビーワールドカップが開幕しますが、田んぼに色とりどりの稲を植えて、日本代表選手3名をデザインしました。似てますね~


田んぼアートの見頃は、7月中旬~10月中旬。ハスの見頃時期と重なります。古代蓮の里展望タワーからならよく見えます!






おすすめ・関連コンテンツ




※蓮・関連記事
⇒ 上野不忍池の蓮!2019年の開花状況と見頃時期、時間は?
⇒ 薬師池公園の大賀ハス!2019年の開花状況や見頃は?

コメントを残す

このページの先頭へ