請求書在中!封筒の位置と書き方はどうするの?

請求書在中と書いてある封筒をよく見かけますが、あなたは見たことありますか?

企業には封筒がたくさん送られてきます

私は毎月、会社で請求書の発行業務を行っています。封筒の表にはいつも請求書在中と記載して郵送しています。

でも初めての人にとって「請求書在中」の5文字は、封筒のどの位置に書くのか、書き方はどうするのかと迷いますよね。

封筒の位置は、縦長封筒と横長封筒では違いますのでご注意くださいね。

じつは請求書在中のたった5文字を書くことで自分にとっても、相手にとっても大きなメリットが出てきます。知っているとお得ですからネ。

大きなメリットの出る請求書在中の5文字。封筒の位置と書き方を、私の実体験も織り交ぜながらお話しますね。


スポンサードリンク



「請求書在中」封筒の位置は?

封筒の表面の主体(いちばん大切なモノ)は宛名ですよね。住所や氏名が必須って事も書く場所も分かりますよね。

では請求書在中は、封筒のどの位置に書いたらいいのでしょう…

  • 縦長封筒は、表面の左下に書く(宛名は右上)

こんな感じです。
封筒の表面に書かれた請求書在中の文字

履歴書を郵送した事がある方、履歴書在中と書かれた封筒を使いませんでしたか?
請求書在中の位置と履歴書在中の位置は同じ場所です。

  • 横長封筒の場合は、表面の右下に書く(宛名は上)

位置はそれほど迷う事はありませんね。縦長・横長それぞれの位置に書いてください。



書き方はどうするの?

請求書在中の位置が分かったところで、次は書き方ですね。


色は何色がいいの?

まず色! 何色が適当なのでしょうか?

目立つ色がいいですね。ベストは青色と赤色ですが、赤色はさけた方が良いでしょう。

青色が良さそうですね。何故青がいいのか分かりますよ。次をご覧ください。


「請求書在中」が青色の理由は?

お客様の郵便受けの中でも請求書在中の文字が目立つので、請求書の担当部署に迅速に渡してもらえるハズですが、文字が黒色だったら、うっかりして見落とすかもしれませんね。

じつはお客様が気が付いてくれる、もっと目立つ方法があります。

  • 青色で請求書在中と書く!

赤でも確かに目立ちますが、赤はダメです。

お金を入金していただくために郵送するわけですが、経営者や管理者の中には、文字通り「赤は赤字」を連想してしまう人がたくさんいます。

そもそも私自身が、赤字の「請求書在中」を見たら違和感を感じます。ですからお客様にとっても、多くの人が違和感を感じるはずですよね。

では実際販売されているスタンプの色はどうなんでしょう!Yahoo!ショッピングで調べてみました(2種類の検索キーワードで)。

【請求書在中 スタンプ シャチハタ 藍または青】…多数
【請求書在中 スタンプ シャチハタ 赤】…ゼロ

つまり、赤は人気なし。販売されているのは、藍または青だけでした。


請求書在中は青字のスタンプにしましょうね!



書く道具は?

書き方ですが、ボールペンで書く、パソコンで印刷、請求書専用の封筒を印刷しておく等色々考えられます。

私がオススメする道具は...

  • スタンプ!安くて押すだけで文字が印字でき長持ちします。

実際私も、こんなシャチハタのスタンプを10年以上も使っています。

シャチハタスタンプ「請求書在中」

まだインク交換したことがありません。一つ買えばかなり長く使えますよ。

今販売中「請求書在中のスタンプ」の値段を調べてみました。

シャチハタスタンプは、下は500円ぐらいから上は2000円台までいろいろ揃っています。
安さだけを求めるなら、100円ショップでも扱っています。ただ種類はごく僅かで限られています。

ご予算や用途により、お選びください。

スタンプ以外の方法として…
・請求書の発行が年に数回でしたら、手書きで請求書在中と書くのでも全く問題ないですね。
・逆に、請求書の発行件数が膨大な数にのぼる場合は、専用封筒をオススメします。請求書在中とすでに印刷されていますので、請求書発行がとても楽です。


スポンサードリンク




請求書在中と書く理由?

そもそも何故、請求書在中と記載するのでしょうか?

チョット気になるので、調べてみました。それは、発行者とお客様の双方にとってメリットがあるからです。


まず発行者のメリットから。
請求書発行の一番大きな理由(目的)は、お客様に入金をしていただくことなのです。

期日までにしっかりと入金してもらうためには、それなりに配慮した対応が必要になります。請求書はとても重要な書類ですから、開封しなくてもお客様が分かるように配慮します。

お客様の郵便受けには、毎日たくさんの郵便物が届きます。
郵便物がたくさんあっても、請求書在中と封筒に表書きされていれば、請求書の担当部署に迅速に渡してもらえます。

請求書在中と書いたことによって、請求書に書かれた支払日にはスムーズに入金されることになります。あっ良かったとなります(^_^♪)。


次にお客様のメリットです。
特に月次決算をしている企業の場合、請求書が締日に届かないと、仕入れを計上できないという問題が発生します。

そこで、請求書在中と書くことにより、迅速に締め処理ができます。お客様にとってもメリットがある訳です。



まとめ

請求書在中のたった5文字を書くことで自分にとっても、相手にとっても大きなメリットが出てくるのが分かりましたね。

位置は
◆縦長封筒は、表面の左下
◆横長封筒は、表面の右下


色は
青色で書くことで、スムーズに担当部署に渡してもらえます!
赤はもっと目立ちますが、「赤字」を連想しますので、赤色はヤメましょう。

書く道具は
スタンプがオススメですが、
発行頻度が低い場合は、手書きで結構。
発行件数が膨大な場合は、専用封筒。

請求書在中と記載する理由は
・スムーズな入金処理につながる
・お客様の社内締日に間に合う

請求書在中でスムーズな入金処理、さらにスムーズな取引関係に発展できればいいですね。







おすすめ・関連コンテンツ

コメントを残す

このページの先頭へ