亀戸天神藤まつり!2016年の開花状況やライトアップは?

2016年亀戸天神藤まつりが、4月16日から開催されます。
亀戸天神

亀戸天神の藤は、江戸時代から「亀戸の五尺藤」、「亀戸の藤浪」として
多くの人に愛され続けてきました。

15棚100株の藤が咲く、東京一の藤の名所とも呼ばれています。

近年は、東京スカイツリーも間近かに見えて、見どころも増えました。
2016年も開花が待たれますね。
ライトアップはキレイでしょうか?


亀戸天神藤まつりとは?、2016年開花状況と五尺藤、ライトアップなど
についてまとめました。



スポンサードリンク





亀戸天神藤まつりとは?

ずっと「亀戸天神」と言ってきましたが、
正式には、亀戸天神社(かめいどてんじんしゃ)と言います。
通称として、亀戸天神、亀戸宰府天満宮、東宰府天満宮などとも言われています。

また、亀戸の天神さまと呼ばれることもありますよね。

学問の神様菅原道真公をお祀りしているので、シーズンになると受験生で賑わいます。
受験生のとき、亀戸天神にお参りに来た方も多いのではないでしょうか。


それでは、
2016年の亀戸天神藤まつりは、
4月16日(土)~5月5日(木)に開催
されます。


亀戸天神の藤は、江戸時代から「亀戸の五尺藤」、「亀戸の藤浪」として
多くの人に愛され続けてきました。


15棚100株の藤が、開花すると一面に藤色に変わります。

藤棚の下には心字池が広がり、赤い太鼓橋が池に架かる。
紫の藤棚心字池赤い太鼓橋、このコントラストがとてもキレイ。
紫の藤赤い太鼓橋が、に映ってキレイさが更に増します。


太鼓橋の上から、一面の藤棚を独り占めすることもできます。


大都会の真ん中で、こんな光景が見れるなんてとてもシアワセ!


また、東京スカイツリーも間近かに見えるので、
藤棚の上に、顔を出すスカイツリーツリーもお楽しみです。
亀戸天神藤まつり1

ほんと見どころ満載なのです。
「東京一の藤の名所」と呼ばれるのも至極ナットクです。




http://kameidotenjin.or.jp/info/
イベント情報|亀戸天神社

日程:2016年4月16日~5月5日
時間:6:00~24:00(入場料:無料)
住所:東京都江東区亀戸3丁目6番1号
アクセス:総武線「亀戸」駅北口より徒歩15分
     総武線/地下鉄半蔵門線錦糸町駅北口より徒歩15分

    


藤まつり期間中は、100以上の屋台や露店が出ます。

また、駐車場はたいへん混雑する可能性がありますので、
公共の交通機関をご利用ください。




藤まつり2016年開花状況と五尺藤

亀戸天神の藤の開花は、毎年4月下旬~5月上旬ですが、

2016年も見頃時期は4月末~5月初旬頃と思われます。


開花してしばらくすると、長い花房を垂れて、藤が見頃を迎えますね。

長い花房って、どのくらい長~くなるかご存じですか?


これから、その長~い花房「五尺藤」のお話をしますね。



亀戸天神藤まつりと五尺藤

江戸時代から「亀戸の五尺藤」といわれているように、
亀戸天神の藤の花房は、1.5メートルもの長さになります(1尺は約30センチ)。

亀戸天神藤まつり2

藤はマメ科のつる性落葉低木で、紫色の花房が垂れ下がるように咲きます。

日本固有の藤は、ノダフジ(野田藤)とヤマフジ(山藤)がありますが、
ノダフジは、花房の長さが2メートル近いものもあります。

亀戸天神の藤はほとんどがノダフジといわれています。

100株のノダフジのつるを15の藤棚に這わせ、
紫色の花房が長~く垂れ下がり「亀戸の五尺藤」
波のように揺れ「亀戸の藤浪」、私たちを楽しませてくれます。


藤棚って、紫色の藤の花を鑑賞するための仕掛けみたいですね(笑)。

「東京一の藤の名所」と呼び声高いのも納得してしまいます。




藤まつりライトアップ

藤まつり期間中は、日没から24時までライトアップが行われます。

紫色がさらに幽玄的な紫色に変わります。

ライトアップされた東京スカイツリーも見え、一段とキレイに見えていい感じ。


東京にいることを忘れてしまいそうな、夜の光景ですね。

そして嬉しいことに、ライトアップも無料なんですネ!




まとめ

いかがでしたか?

亀戸の五尺藤、見事でしょうネ!

藤のつるって、巻き方にも特徴があって、ノダフジは右巻き
ヤマフジは左巻きなんですよ。
近寄って、確かめるのもオススメです! 亀戸の五尺藤のつるが「右巻き」って事を!

ライトアップも見れたらいいですね。


亀戸天神藤まつりとは?、2016年開花状況と五尺藤、ライトアップなどについてご紹介しました。

ご都合をつけてお出かけ下さいね。





スポンサードリンク



関連コンテンツページ表示

コメントを残す

このページの先頭へ