清瀬ひまわりフェスティバル2017!開花状況やアクセス?

東京都の清瀬ひまわりフェスティバルは、都内最大級10万本のひまわりが咲き誇ります。

いまでは、約6万人が来場する程の人気スポットになりました。

2017年のひまわりフェスティバルは、8月19日~9月3日

kiyose-himawarifestival

ところで、2万4千平方メートルの会場は、普段は農家の小麦畑なんですヨ。

では清瀬ひまわりフェスティバル2017。気になる開花状況・見頃、アクセス等を一緒に見ていきましょう!


スポンサードリンク




開花状況・見頃時期

見頃は、8月中旬~8月下旬と思われますが、
天気状況などによって、成長の具合が変わります。

2016年の見頃や開花状況をご確認の上お出かけください。


2016年の見頃・開花状況

・8月12日、蕾が大きくなりました。
・8月20日、まつり初日に見頃を迎えました。




清瀬ひまわりフェスティバル2017

2008年に始まった清瀬ひまわりフェスティバルは、いまでは約6万人が来場する人気のフェスティバルになりました。

2017年の開催期間⇒8月19日(土)~9月3日(日)

24000平方メートルの広大な敷地に、約10万本のきらめく黄色が畑一面に広がります!

じつはこの畑、元々は小麦畑なんです。小麦の収穫後は、肥料としてひまわりを植えています。

1か月間だけキレイなひまわりを見ていただきたいと、畑の所有者石井ファームさんと小寺ファームさんのご厚意によりひまわりフェスティバルが開催されます。開催期間以外は立入禁止、ご注意ください。


見頃時期のひまわりって背が長くて、畑一面に見渡すことができません。見晴らし台が設置されていますので、ぜひ昇って畑全体を見渡してください。

でも、見渡す限りに広がるひまわり畑は日陰が無くてどこも暑い。熱中症対策はゼッタイ必要です。休息所には飲み物も販売されています。休息所の日陰で冷たい飲み物をお召し上がりください。


清瀬ひまわりフェスティバル・基本情報

・名  称:清瀬ひまわりフェスティバル
・開催場所:石井ファーム・小寺ファーム
・住  所:東京都清瀬市下清戸3丁目地区
・電話番号:042-492-5111
・開催期間:2017年8月19日(土)~9月3日(日)
・開催時間:6:00~16:00
・入園料 :無料
・面  積:24000平方メートル
・本  数:約10万本



スポンサードリンク




アクセス

■西武バス
・西武池袋線・清瀬駅北口~2番乗り場・清61系統・グリーンタウン清戸経由
 志木駅南口行き~「下宿入口」下車~徒歩約3分


■西武バス
・東武東上線・志木駅南口~2番乗り場・清61系統・グリーンタウン清戸経由
 清瀬駅北口行き~「下宿入口」下車~徒歩約3分


■自家用車
 「清瀬市コミュニティプラザひまわり」の駐車場を利用してください。
 住所:清瀬市下清戸1-212-4
 時間:駐車場~会場まで徒歩で約10分
 閉門:16:00
*閉門時刻が、フェスティバルの終了時刻(16:00)と同じです。フェスティバル開場からお早目にご移動ください。


■レンタル自転車
清瀬駅北口の第3駐輪場で、レンタル自転車が借りられます
自転車で、移動するのもいいかも。ただ熱中症対策にご注意ください。



まとめ

2017年の開催期間⇒8月19日~9月3日

「清瀬市コミュニティプラザひまわり」の駐車場の駐車台数が限られています。
また道路の渋滞緩和のためにも、電車・バスを利用されることをオススメします。

お帰りの際、近隣で収穫した新鮮な野菜(ナス、キュウリ、にんじん等)を買い求めるのも楽しいですよ。

※ひまわり・関連記事
⇒ 柏あけぼの山公園のひまわり2017
⇒ 成田ゆめ牧場ひまわり迷路2017
⇒ 山中湖花の都公園ひまわり2017



スポンサードリンク




おすすめ・関連コンテンツ

コメントを残す

このページの先頭へ