奥多摩日原鍾乳洞へのアクセス?山道のオススメはバス!

奥多摩町の日原鍾乳洞は、平均気温が11度、規模は関東随一を誇り、多くの観光客が訪れます。

nipparashonyudo01

しかし日原鍾乳洞までの日原街道は、道幅が狭くすれ違いに大変苦労します。この山道のアクセスは、バスを第一にオススメします!
もちろん、車でのアクセスや駐車場・鍾乳洞の概要等についてもお伝えします。




スポンサードリンク







日原鍾乳洞へのアクセス/オススメはバス

奥多摩駅~日原鍾乳洞まで行くには通常【日原街道】を利用します!
自家用車の方も、バスの方も、徒歩の方も、【日原街道】です!




【日原街道】は、土・日・祝日・お盆の時期やGWなどはとても混雑します。
山道で道幅が狭いため車一台しか通れません。対向車が来たときのすれ違いには、相当の運転技術が必要になります。

このような道路事情のため渋滞に遭遇してしまうと、引き返すこともできず、ただただ流れに従うしかありません。

【休日は渋滞】しますので、バスも休日や平日の朝・夕に限り【日原街道】の入口・東日原バス停が終点になります。下車したら、歩いていくこと(約25分)になりますよネ。

平日のバスは日原鍾乳洞まで行きますが、渋滞がなければ終点まで約35分で着きます。



■バス
・平日(昼)⇒日原鍾乳洞行き【終点で下車】~徒歩約5分
・平日(朝夕)⇒東日原行き【終点で下車】~徒歩約25分
・休日⇒東日原行き【終点で下車】~徒歩約25分

⇒ 奥多摩駅 鍾乳洞行・東日原行バス時刻表





自家用車で行こうと考え中の方、オススメはバス!
★休日⇒電車+バス(東日原バス停で下車)+徒歩25分!

平日も、電車+バスがオススメです!
★平日⇒バス(日原鍾乳洞行き)+徒歩約5分。


■自動車
・中央自動車道・八王子IC~国道411号~約90分
・JR青梅線・奥多摩駅~約20分

どうしても車で行く必要があるのでしたら、【平日】または【夏休みやGW以外の土日祝日】にしましょう。
そして、できるだけ朝早めに出発されることを心がけましょう!





日原鍾乳洞の駐車場

■駐車場整理整備費
・期間:土日祝/ゴールデンウィーク/8月中
・料金:500円(3時間まで)

★夏季など駐車場が混雑し、交通整理員を配置した場合徴収します。


夏休み期間中や4月~10月の土日祝日は、駐車場の満車状態が続きますので、駐車待ちに時間がかかります。
その際、交通整理員が多数配備されますので、その指示に従ってお進みください。

もし休日等に駐車場を利用する場合は、午前10時まででしたら比較的すいています。





スポンサードリンク






日原鍾乳洞の概要など

東京都西多摩郡奥多摩町は、東京都の最西北部に位置し、埼玉県(秩父市等)や山梨県(上野原市等)とも境を接しています。

奥多摩町日原にある日原鍾乳洞(にっぱらしょうにゅうどう)は、年間の平均気温は11度、関東随一の規模を誇り多くの観光客が訪れます。

天井からつらら状に垂れさがった「鍾乳石」は1センチ伸びるのに約70年、
床に積もり固まり上に成長する「石筍」は約130年もかかるのだそうです。

鍾乳洞の中はかなり広いですが、約30分ほどで全て見ることができます。
⇒ 日原鍾乳洞内案内図



日原鍾乳洞・基本情報

・住  所:東京都西多摩郡奥多摩町日原1052
・電話番号:0428-83-8491
・営業期間:1月4日~12月29日(年末年始休業12/30~1/3)
・営業時間:
  8:00~17:00(4月1日~11月30日)
  8:30~16:30(12月1日~3月31日)
・入場料金:
  大人(高校生以上)700円/中学生500円/小学生400円
  団体・大人(高校生以上)600円
  団体・中学生400円
  団体・小学生300円
 (団体は25名以上)

・入場割引:割引券1枚で5名まで100円割引に。
⇒ 日原鍾乳洞割引券




年間の平均気温は11℃っていいますが、どんな服装で入ればいいのでしょうか?

洞内は、夏はひんやり涼しく、冬は暖かいです。
真夏は絶対に長袖の上着(防寒着)が必要! 中は涼しいどころか、とても寒いです。
夏は鍾乳洞の中の涼しさにびっくり、逆に冬は暖かさにちょっと嬉しくなります。


階段の昇り降りがあったり、足場の悪いところもありますので、履き慣れたスニーカー等で行かれることをオススメします。

また雨の日や雨量の多かった日の後日は、洞内は大量の水滴が落ちてきます。雨ガッパなどを持参すると濡れることなく楽しめます。

nipparashonyudo02

また、洞内は迷路のように複雑になっています。小さなお子さま連れの方は、はぐれる事のないように注意してあげてください。






まとめ

奥多摩駅~日原鍾乳洞間【日原街道】は、バスを推奨していますが、
ご都合で自家用車で行かれる方は、山道ですので慎重な運転を心がけてくださいね。

その場合、混雑をさけるため朝早めに出発されることをオススメします。



スポンサードリンク




夏に行かれる方は、絶対に長袖の上着を持参してください。


関連コンテンツページ表示

コメントを残す

このページの先頭へ