川西市黒川ダリア園!開花状況やアクセスは?

兵庫県川西市黒川ダリア園では、毎年9月末~10月中旬頃になると見頃を迎えます。

kurokawadaria1

2016年の開園期間は、9月9日~11月6日。
2014年より30品種も増やしたので、切れ目なく花が咲き続けるそうです。

2016年黒川ダリア園を楽しんでいただくために、コスモスの見頃や開花状況、見どころ、アクセス等についてお伝えします。


スポンサードリンク



開花状況

見頃ですが、9月末~10月中旬といわれています。途切れることがなく見ごろが続きそうですよ。楽しみですね。


■2016年の見頃・開花状況
・9月9日、今日開園ですが、咲き始めています。
・9月27日、だいぶ咲き広がってきました。
・10月2日、ほぼ見頃になりました。とても綺麗です。
・10月7日、見頃が続いています。



見どころ


見どころは?

黒川ダリア園は、同じ市町村名の山形県川西町から球根を譲りうけ、2005年に開園しました。

栽培する品種も増え続け、2014年は400種。2015年は30品種増やし430種に。品種を増やしたので、2015年からは切れ目なく花が咲き続けるということです。

また、0.6ヘクタールの面積(広くない!山形は4ヘクタール)に、多品種(430種)のダリアが鑑賞できます。つまり、色や形や大きさの様々なダリアを自分の周りだけで鑑賞できるってことなんです。

kurokawadaria2

★2016年、黒川ダリア園の見どころは、色や形が様々なダリア!

それと、大輪の花を育てるため蕾を間引きしたたそうで、2015年は大輪のキレイな花が咲きそうです。見ごろが待ち遠しくなりましたね。



黒川ダリア園の誕生!

全国に「川西」という名称の自治体が3つ(新潟県の旧川西町を含めると4つ)存在します。

・兵庫県川西市
・山形県東置賜郡川西町
・奈良県磯城郡川西町
・新潟県十日町市(旧川西町は合併で十日町市に)

お互いに、連携意識を高めたり交流を深めています。

その中で、兵庫県川西市と山形県川西町は、ダリヤを通じて交流を深めています。
川西市から山形県川西町に人を派遣し栽培方法などの研修を受け、2001年友好の証として279株の球根を譲り受けました。

279球を市内で大切に育てて殖やしていった結果、いまでは約330種1700株のダリヤが咲き、市の内外の人々に楽しんでいただいています。

そして、山形県川西町とよく似た環境の地として黒川地区がダリヤの育成地に、黒川ダリア園の誕生です。


スポンサードリンク




黒川ダリヤ園・基本情報

・名  称:黒川ダリヤ園
・住  所:兵庫県川西市黒川字落合389番地
・お問合せ:072-702-7830(黒成会 黒川ダリヤ園代表)

・見頃期間:2016年9月末~10月中旬
・開園期間:2016年9月9日(金)~11月6日(日)

・開園時間:9:00~16:00まで
・定休日 :期間中なし
・入園料 :高校生以上300円(ダリヤ園環境整備協力金) 
・駐車場 :無料



アクセス


■電車
◆JR川西池田駅~徒歩5分~阪急・川西能勢口駅へ連絡~能勢電鉄・妙見口駅(以降はバスを利用)
◆阪急宝塚駅~阪急・川西能勢口駅~能勢電妙見口駅(以降はバスを利用)

■能勢電鉄・妙見口駅~
◆阪急バス【能勢電鉄・妙見口駅~】
能勢電鉄・妙見口駅~奥田橋方面(約5分)~黒川バス停~徒歩20分

⇒ 時刻表はこちら



まとめ

ダリアの見頃期間⇒9月末~10月中旬
ダリヤ園の開園期間⇒9月9日(金)~11月6日(日)

2016年は、一旦見ごろになると切れ目なく花が咲き続けます。特に最初の見頃開始時期にはご注目ください。

バスは平日と土曜の本数は多くありません。時刻を控えるなどしてお出かけください。



スポンサードリンク




おすすめ・関連コンテンツ

コメントを残す

このページの先頭へ