砺波チューリップフェア2017!見頃予想や混雑状況・駐車場は?

富山県はチューリップ球根の出荷数日本一。


tonamitulip1


砺波市の砺波チューリップ公園では2017年もチューリップフェアが開催されます。

4月から5月にかけて、砺波市民らが真心を込めて育てた300万本のチューリップが30万人以上の来場者を楽しませています。



それでは、砺波チューリップフェア2017。

見頃予想と2016年の開花状況、砺波チューリップフェア2017の日程・入場料・割引情報、アクセス・駐車場・混雑状況などを見ていきましょう!




スポンサードリンク




2017年の見頃予想と2016年の開花状況

まずズバリ見頃を予想をしますね。
2017年の見頃予想…4月21日~5月5日

tonamitulip2

つまりチューリップフェア期間中は、ずっと見頃が続くことでしょう。ちょっと長くなりますけど、その理由をご説明しますね。

2017となみチューリップフェアは4月21日~5月5日まで開催されますが、フェア期間中に見頃を迎えるため開花を調整しているってご存知ですか?

毎年フェアの前に、日差しを遮るネットを取り付けて、土の温度を調整することで、開花時期を調整しています。このネットは、効き目があるようですよ。この少し下2016年の事例で確認してみましょう。

2016年は暖冬のため例年より早めにネットを被せましたが、2017年はほぼ平年並みのため、2016年より遅い3月10日から1週間かけて作業が行われます。

つまり、2017年のフェア期間中はずっと見頃のはずなんです!


その証拠に2016年は、開花状況(満開宣言日)とチューリップフェアの開催日が重なっていますよね~。ちょっと確認してください。

2016年は満開宣言日が、2016年4月25日でした。
フェア開催期間は、2016年4月22日~5月5日でした。

よく見ると、フェア開催初日(4月22日)の3日後に、満開宣言されていますね。
このように日差しを遮るネットは効き目があるんですよね。

2017年4月28日、満開見頃になりました。
GWに予定されている方、最新の開花状況はライブカメラでご確認ください。
⇒ ライブカメラ・砺波チューリップ公園パノラマテラス


スポンサードリンク



砺波チューリップフェア2017

富山県砺波市の砺波チューリップ公園では毎年チューリップフェアが開催されます。
700品種・300万本のチューリップが30万人以上の来場者を楽しませています。


砺波市の花はチューリップ。そして砺波市でチューリップ栽培が始まったのは1918年。

砺波市の水や気温がチューリップの生育に適しているため、チューリップ球根は日本一の生産量(年間600万球以上)を誇るまでになりました。

チューリップ公園のシンボルは、高さ20メートルのチューリップタワー。ココから眺める大花壇の地上絵は必見ですよ!

館内に咲くチューリップもオススメですよ。会場内のチューリップ四季彩館!めったに見ることができない原生品種や希少品種など珍しいチューリップが鑑賞できます。

ではチューリップフェアの日程・入場料・割引情報などをご覧ください。



日程

チューリップフェアの日程など基本情報をお伝えします。

開催期間…2017年4月21日(金)~5月5日(金・祝)
開催時間…8:30~17:30(最終入園17:00)


天候などの影響で日程変更する場合がありますので、ご注意ください。

開催場所は、砺波チューリップ公園
住所は、富山県砺波市花園町1-32



入場料

入場料金は、下記の通りです。

・大人(高校生以上):1000円/団体20名以上:900円
・小人(小中学生):300円/団体20名以上:200円
・小学生未満:無料

会場内にあるチューリップ四季彩館や砺波市美術館、砺波郷土資料館、旧中嶋家、砺波市文化会館への入場は、フェアの入場券が必要となります。

割引情報をいろいろご紹介します。お得情報ですので、是非ご確認くださいね。



割引情報

チューリップフェアでの割引情報がいろいろあります。一つずつご紹介していきます。

前売券の販売期間中の4/20までは、大人も子どもも全て100円割引きされます。

販売期間は、2017年2月1日~2017年5月5日
フェア前日の4月20日までは、前売り券価格
フェア期間中の4月21日以降は、当日券価格に戻ります。ご注意ください。

前売券は、以下の場所で販売されます。

・チケットぴあ(Pコード:990-622)
・サークルKサンクス
・セブンイレブン
・ローソン(Lコード:52347)
・ファミリーマート
・ポプラ(富山県・石川県)
・スマチケ(eプラス)対応可


コンビニをはじめ、砺波市観光案内所、SA、PA等でも扱っています。詳しくは、コチラをご覧ください。

⇒ 2017となみチューリップフェア前売りチケット販売中!!


まだまだ割引情報が、こんなにありますよ!

5月5日(こどもの日)は中学生以下無料です。
障害者手帳お持ちの方と付き添いの方(1名)、2名とも無料です。
ジョイフルカード(4名まで)の提示で100円割引き。
JAFカード(6名まで)の提示で100円割引きです。



アクセス・駐車場・混雑状況

チューリップ球根の出荷数日本一の砺波市です。チューリップフェアには30万人以上の来場者が予想され、混雑も予想されます。

アクセスと駐車場情報をお伝えしながら、混雑状況もご紹介しますね。



アクセス

北陸自動車道砺波ICから車で約5分

車で行く方が一番多いのでしょうね。
チューリップフェア期間中は、砺波ICから駐車場までが大渋滞します。
またフェア期間中、会場周辺は交通規制がかけられ、よりいっそう渋滞します。

ですからお車の方は、できるだけ朝早く起きてお出かけくださいね。

カーナビを使用するの方は、下記で登録してください。
◆チューリップ四季彩館
◆TEL 0763-33-7716


◆JR城端線砺波駅から徒歩約15分
砺波駅に着いたら南口から表に出てください。JR砺波駅からチューリップ公園へは、徒歩でも15分ほどで着きます。
意外と近いですね。徒歩もオススメです。

◆JR城端線砺波駅から無料シャトルバスで5分
砺波駅の南口を出て、駅前からシャトルバスに乗れば会場まで連れていってくれます、とても楽ですね。しかも無料で有り難い限りです。


スポンサードリンク




駐車場

約3700台が収容可能です。やはり車で行く方が多いのでモノスゴイ台数ですね

駐車場整理料という名目で、
普通車500円、マイクロバス1000円、大型バス2000円です。

砺波ICから駐車場までがとにかく渋滞します。朝早めに駐車場に入るようにいたしましょうね。

また3700台が駐車可能でも、混雑状況により会場周辺の駐車場に停められない場合があります。その際、会場より少し離れた下記駐車場~会場までシャトルバスが運行されますので、係員の誘導に従って是非ご利用ください。
◆総合病院駐車場~フェア会場
◆庄西中学校駐車場~フェア会場



まとめ

これまで砺波チューリップフェア2017。見頃予想と2016年の開花状況、砺波チューリップフェア2017の日程・入場料・割引情報、アクセス・駐車場・混雑状況などをお伝えしました。

砺波市はチューリップ球根出荷数日本一。チューリップフェアには300万本のチューリップが咲いて、30万人以上の来場者を楽しませます。

・2017年見頃予想…4月21日~5月5日
・開催日程…2017年年4月21日(金)~5月5日(金・祝)

とにかく、朝早い時間にお出かけください。

※チューリップ・関連記事
⇒ 直方のチューリップ祭り2017!
⇒ 上湧別チューリップ公園



おすすめ・関連コンテンツ

コメントを残す

このページの先頭へ