直方チューリップ祭りは、毎年50万人もの方々が訪れます。まさに直方市の春の一大イベントなんです。

お待ちかねのチューリップ祭り(正式にはチューリップフェア)は、2020年は開催されません。コロナウイルス感染拡大防止のため中止。お花は鑑賞できます!

直方リバーサイドパークのチューリップ

ところで2019年11月~12月、一大イベントに向けて、多くの市民ボランティアの方がチューリップの球根15万球を植えました。

注意するのはお花の見頃時期。2019年は開花がとても早く3月29日には見頃を迎えました。2020年も開花が早そうですよ。開花・見ごろ情報を確認してお出かけください。

日本人の大好きな花・チューリップを、直方でお楽しみくださいね。

では直方のチューリップ祭り/2020は中止、見頃・開花情報、アクセスと駐車場などをご一緒に見ていきましょう!



スポンサードリンク




直方チューリップ祭り/2020は中止

2020年のチューリップ祭りは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となりました。
⇒ のおがたチューリップフェア 2020(開催中止)

場所は直方リバーサイドパーク、直方市役所や直方郵便局の向かいに位置する河川敷。ちょうど遠賀川と彦山川に挟まれた中の島です。中州ですね。

このチューリップフェアは、1993年河川敷に環境美化の目的で1万球の球根を植えたのが始まりなんです。

今では直方市の一大人気イベントに成長したチューリップフェアは中止になりましたが、お花は鑑賞できますよ。

直方リバーサイドパーク、赤白黄色のチューリップ

近くで見るのが一般的。広々とした河川敷のチューリップを一望したいなら展望台をオススメします。階段はけっこう急ですから、特に降りるときは注意しましょう。


名札を見ながらチューリップを楽しみましょう

このチューリップフェアは市の一大イベントですから、大勢の市民ボランティアさんが植え付けから草取りまで協力します。

植え付けは、前年11月~12月にかけて直方市内の企業の皆さん・園児・高校生・シルバー人材センターの方々が、15万の球根を植えました。一大イベントを市民が応援しているのですね。

あなたも、この直方市の一大イベントを、こんな感じで楽しみませんか。

  • 市民ボランティアさんが植えたチューリップ!名札を見ながら楽しみましょう

中でも、11月22日丸山保育園園児たちによる球根植えの様子はとても可愛いですよ。頑張って植えたので園児たちのチューリップを見つけてください。立て札に丸山保育園と書かれています。
⇒ 丸山保育園園児たちの球根植え

なお、他の区画にも植えた企業名や個人名が書かれた名札が立っています。丸山保育園の他にもあなたが知っている名前を見つけるかもしれません!楽しみが一つ増えましたね。

ところで、チューリップは植えた後も手がかかります。放置しておくと雑草だらけになってしまうので、開催日まで毎日のように草抜きしています。頭が下がりますネ。

だからこそ他では見られない赤・白・黄色のキレイなチューリップが見られるのでしょう!


直方チューリップまつり口コミ

ここで、直方チューリップまつりの口コミもご覧ください。

◆テレビで直方チューリップまつりの特集を観ました。毎年楽しみに観に来るのですが、事前に実行委員の方たちの直方を盛り上げる姿勢や準備段階を拝見して、ありがたく鑑賞しました。とてもキレイでした。

◆春頃に催されるチューリップ祭りかおすすめですよ。入場料などはかからず、きれいな色鮮やかなチューリップが楽しめます。今年も行きます!

◆チューリップは、珍しい種類もいっぱいあり一面にチューリップで迫力あり綺麗です。車椅子の祖母を連れて行きましたが喜んでくれました。

引用元:jalan



スポンサードリンク




見頃・開花情報

過去4年間の見頃開始日を調べてみました。
・2015年4月4日~
・2016年4月2日~
・2017年4月5日~
・2018年3月31日~
・2019年3月29日~

ここ5年間、見頃開始は3月下旬~4月上旬となっていますね。


2020年の開花状況・見ごろ

2020年の開花状況に行く前に、2019年の状況を確認しましょう。

2019年は暖冬の影響で開花が早く、3月29日に見頃を迎えました。実は2020年の気温はもっと高いです。ですから、2020年の見頃は昨年の3月29日より早いと予想されます。


では2020年の開花状況を順にご覧ください。
・3月17日、直方市観光物産振興協会【公式】ツイッターによると、2分咲きだそうです。
・3月23日、西日本新聞の報道によると、7分咲き。展望やぐらを25日に設置予定。見頃時期が楽しみ!
⇒ チューリップ色とりどり 直方リバーサイドパーク(西日本新聞)
・3月27日、NHKの報道によると、見頃を迎えました。


※ほぼリアルタイム(ライブカメラ)で色づき具合が確認できます。
⇒ 会場南側の開花状況


2019年の開花状況

・3月12日、一部で咲き始めました。
・3月26日、キレイに咲き揃ってきました。見頃が近そう!
 3月30日開園に向けて、ボランティアの方々が草抜きしてますよ。
・3月29日、見頃を迎えました!2018年とほぼ同時期で早かったですね。



アクセスと駐車場

ではあなたは、直方リバーサイドパークまでどのように行かれますか。アクセスから見ていきましょう。

車で訪れる方が一番多いと思われます。
門司(北九州市)方面からでしたら、九州自動車道の八幡ICを降りて約15分。
また福岡市方面からでしたら、九州自動車道の鞍手ICから約15分で到着します。

電車の方は、
JR福北ゆたか線の直方駅下車して徒歩で約10分です。
また、平成筑豊鉄道の直方駅からも徒歩で約10分。ちょっと歩きますが市街地を抜けて、遠賀川の土手が見えたら会場はすぐです。

続いて自動車の方は駐車場が気になりますよね。2020年はチューリップフェア中止のため、駐車場代金(河川維持協力金)は無料です。

場所は、河川敷の中ですからかなり広くて、900台の駐車が可能です。

最後に、お車の方は安全運転でお願いします。



まとめ

最後に、一言。

直方リバーサイドパークの春は、チューリップだけではありません。この時期100本の桜も咲き乱れます。

お時間に余裕のある方は、ぜひチューリップの他に桜もお楽しみください。昼時でしたら桜の木の下で、ゆっくりお弁当を食べるのもいいですね。








おすすめ・関連コンテンツ




※チューリップ・関連記事
⇒ 砺波チューリップフェア2020!見頃時期・開花状況はどう?
⇒ 上湧別チューリップ公園の見頃・開花状況や営業時間・入園料は?