「邪推」は「ジャスイ」と読みます。

「邪推」は、通常の日常生活ではあまり使われませんが、ある日突然良くないイメージで「邪推」が訪れます。

「邪推」は一人ではできません。「邪推する人」がいて「邪推される人」がいるから、ある日突然「邪推」という行為が成り立つわけですね。

また「邪推」の「邪」という漢字は、「邪道」「邪心」「邪教」などと用いられるように、いい意味でありません。人間関係に悪い影響を与えそうですね。

ではこれから「邪推」とは何か?意味を中心に使い方・類語など、用例や文例を交えながら分かり易く解説します。


スポンサードリンク



「邪推」とは

「邪推」の読み方

「邪推」の音読みは、「ジャスイ」です。
「邪」の訓読みは「よこしま」、「推」の訓読みは「推(お)す」です。

「邪推」の意味

まず国語辞典による「邪推」の意味から見ていきます。

「邪推(ジャスイ)」:他人の言動を悪い方向に推察すること
(引用元:学研現代新国語辞典)

「邪推」の「邪」は、「邪心」の言葉でも使われ「よこしま」「正しくないこと」の意味を持ちます。また「推」は、「推理」の言葉でも使われ「考えをおし進めること」という意味があります。

つまり二字熟語「邪推」には、「(心がねじけているため)他人の言動を悪い方に推察すること」という意味合いがあることがよく分かりますね。

また「邪推」は、おおかた「他人の言動や好意に対して、ひがみから悪くないのに悪い方に推察してしまうこと」といったニュアンスで用いられます。

その用例として、「好意を邪推する」「変に邪推された」などという言い回しがよく使われます。

文例として「部下である社員Aは、上司である私の言動や好意を邪推しているよ。」と言う課長は、「社員Aから変に邪推されている私は、とても困惑している。」というニュアンスが込められています。

なお、このようなネガティブな反応をする理由は、一般的に「邪推」する人は、自分だけが不当に扱われていると思い込む僻みっぽい性格があるので、物事を素直に受け取ることができません。偶然に受けた相手の好意に対しても、ひねくれて解釈し悪い方向に推察するのでしょう。


スポンサードリンク



「邪推」の使い方と例文

「邪推」の主な使い方は2種類あります。

・「邪推」を名詞として用いる方法
・「邪推する」というサ変動詞として用いる方法

「邪推」の文法と使い方

「邪推」は名詞です。

「邪推は~」「邪推の~」「~は邪推だ」などの名詞的用法で用いるほか、「邪推する」という動詞的用法でも用いられます。

なお「邪推する」は、名詞「邪推」+サ変動詞「する」で「邪推する」という複合語(サ変動詞)となります。

では「邪推(名詞)」の例文からご覧ください。

「邪推(名詞)」の例文

「邪推」を名詞として、「邪推は~」「邪推の~」「~は邪推だ」などのように用います。

・邪推は、他人の言動を悪い方に推測するという意味です。
・君はとても良い人ですが、唯一の欠点は邪推の多いところです。
・彼女に対してその言い方は失礼だ。それは君の一方的な邪推だ。

「邪推する(サ変動詞)」の例文

「邪推する」はサ変動詞です。「~を邪推する」「~を邪推される」のように用います。

■「~を邪推する」
「邪推する」は他動詞として使用するサ変動詞です。

・最近夫の帰りがやたら遅いので、夫の行動を色々邪推してしまう。

■「~を邪推される」
「邪推される」は「邪推する」の未然形「邪推さ」に受け身の助動詞「れる」が付いたものです。

・僕は女性と一緒に公園を散歩していたら、友だちから二人の仲を邪推されてしまった。

「邪推」の類語

「邪推」の類語はたくさん存在しますが、意味が類似している「憶測」「勘繰る」との違いを通じて、「邪推」の意味を深めていきます。

「邪推」と類語「憶測」の違い

「邪推」の意味は、「他人の言葉や行動を、悪い方に推測すること」。他方「憶測」は、「根拠もなくいいかげんに推測すること」という意味で、どちらも推測することでは同じです。

違いは、推測の方向性。「邪推」は悪い方向に推測します。「憶測」は悪い方向ではなく、自分勝手に推測します。

例えば「邪推」で、「君は、二人の仲を邪推している」と言った場合、ひがみから二人の仲を真っ当な方向ではなく、悪い方向に推測します。

一方「憶測」で、「君は、憶測でものをいう人だ」と言った場合は、確かな根拠がないので、想像だけで自分勝手に推測します。

なお「憶測」の意味などを紹介した別記事もありますので、合わせてご覧ください。
→ 「憶測」とは?意味を中心に類語や使い方を詳しく解説

「邪推」と類語「勘繰る」の違い

「邪推(名詞)」のサ変動詞「邪推する」の類語には「勘繰る」があります。

「邪推する」とは、「他人の言動を、悪く推察する」。一方「勘繰る」は「あれこれ気を回して、悪い意味に推察する」。

どちらも「悪く推察する」でとてもよく似ています。

国語辞典の中には「勘繰る」=「邪推する」と明言しているものが複数存在しています。類義語や類語というよりも、同義語と言っても良いのかもしれません。

まとめ

「邪推」とは、「他人の言動を(悪くないのに)悪い方向に推察すること」。

「邪推する人」はゆがんだ考えがあるので、相手の好意に対して素直に受け入れることができず、何も悪くない相手に対して悪い方向に推量してしまいます。

もし筆者自身が「邪推する人」の立場になった場合、友だちや同僚が助言してくれたら真摯な態度で耳を傾けたいですね。






おすすめ・関連コンテンツ