「見解」は「けんかい」と読みます。どちらかと言うと新聞やテレビのニュースでよく耳にする言葉です。

例えば国民の関心あるテーマについて、政府首脳や政府の高官が「見解を表明した」とか「見解を示した」などと報道されますよね。

いわゆる責任や影響力ある人が示す「見解」とは、どのような意味のある発言なのでしょうか?

ではこれから「見解」とは何か?意味を中心に使い方や類語や使い方などを含め、用例を交えながら分かり易く解説します。


スポンサードリンク



「見解」とは

「見解」の意味

まず国語辞典による「見解(ケンカイ)」の意味から見ていきましょう。

「見解(ケンカイ)」:物事に対する見方・考え方。解釈や評価の仕方。
(引用元:(引用元:大辞林)

「見解」の「見」は、「意見」の言葉でも使われ「見方」「考え」の意味を持ちます。また「解」は、「理解」の言葉でも使われ「解釈すること」「判断し理解すること」の意味があります。

つまり二字熟語「見解」には、「物事の見方・考え方」「解釈や価値判断の方法」という意味合いがあることが分かります。

また、多くの場合「見解」は、「物事に対する見方・考え方」「物事の本質や真偽を深く見極め、解釈したり、正しい価値判断をした上で、公に責任を持って公表できる考え」といったニュアンスで用いられます。

公に公表する用例として「見解を表明する」「見解を述べる」「見解を示す」のような言い回しがよく用いられます。

文例として「残業代不払い問題について、労働法に精通した弁護士さんが見解を述べた。」という報道は、「残業代不払い問題は労使双方や社会の関心事。労働法に詳しい弁護士だからこそ、残業代不払いに関する見解を、責任をもって公に示せるのです。」というニュアンスが込められています。

なお「見解」を「ケンゲ」と音読みすると、仏教用語で「深く真理を見きわめる(=悟る)力」という意味になりますが、「ケンカイ」よりさらに深い意味を表します。

「見解」の読み方

「見解」の音読みは、「ケンカイ」です。
一般的な訓読みとして、「見」は「見(み)る」、「解」は「解(と)く」です。

仏教用語としての「見解」は「ケンゲ」(「ゲ」は「解」の呉音)と音読みします。「ケンカイ」とは意味が異なりますので、使用する際はご注意ください。


スポンサードリンク



「見識」の使い方と例文

「見解」の種類には、「政府見解」「公式見解」「統一見解」「政府の見解」「弁護士の見解」などがあります。

また「見解」を流れで見ていくと、「政府見解」なら関係者間の議論の中で「見解の相違」や「見解の対立」などがあり、それらを乗り超えて組織として統一または公式の「見解をまとめて」、新聞紙面で「見解を示す(表明する)」のように報道されます。

「見解」の文法と使い方

「見解」は名詞ですので、名詞的用法で用いられます。「~の見解」「見解の~」などがあり、具体的には「政府の見解」「見解の相違」のように用いられます。

「見解する」のようなサ変動詞が存在しないため動詞的用法は使用できませんが、格助詞「を」と他動詞を伴う「見解を示す」「見解を述べる」「見解を表明する」のような言い回しがよく用いられます。

「政府の見解」「政府見解」の例文

「見解」する当事者は、主に公的機関・企業・専門家などですが、政策の問題では「政府見解」「政府の見解」「政治家の見解」など、法律問題なら「弁護士の見解」などと用いられます。従って政策の問題や法律問題で専門家ではない「素人の見解」を聞きたい人は少ないでしょう。

・厚労省は、ワクチンの接種実績を評価し、安全性に重大な懸念は認められないとする「政府の見解」をまとめた。

「見解の相違」の例文

「見解」をまとめる途中段階では、「見解の相違」や「見解の対立」などの紆余曲折が予想されますが、「見解の一致」を目差して議論を続けます。

・会社側と従業員との間において価値観に基づく「見解の相違」を埋めることができなかったが、最後は「見解の一致」となった。

「見解を示す」の例文

「見解」がまとまったら、「見解を~」を用いて公に「見解」を公表します。

・内閣の主要閣僚は、台湾が侵攻された場合、集団的自衛権行使を可能とする安全保障関連法の「存立危機事態」として対処すべきだとの「見解を示した」。

「見解」の類語

「見解」の類語はたくさん存在しますが、「意見」「考察」との違いを通じて、「見解」の意味を深めていきましょう。

「見解」と類語「意見」の違い

「見解」の意味は、「問題などに対して深く見極めた考え」。「意見」は、「ある問題についての個人の考え」です。

違いは、「見解」は「深く見極めて、公に責任が持てる考え」ですが、「意見」は「個人的な考え」です。

まず「見解」の「解」は、「解釈すること」「判断し理解すること」という意味ですので、物事の解釈・価値判断について深く見極めた結果、公に責任が持って公表できる考え。「政府の公式見解を表明します」「弁護士としての見解を申し上げます」のように責任を持って公表します。

一方「意見」の「意」は、「心の中で思い巡らすこと」という意味ですので、個人的な考えになります。

※「意見」の意味などを紹介した別記事もありますので、合わせてご覧ください。 
→ 「意見」とは?意味を中心に類語や使い方を詳しく解説

「見解」と類語「考察」の違い

「見解」の意味は、「公の問題などについて、十分検討して出した考え」。「考察」は、「物事を明らかにするため、よく調べて考えること」。

違いは、考えの出し方。「見解」は「十分検討して出した考え」ですが、「考察」は「よく調べて出した考え」です。

まとめ

「見解」は、政府・公的機関・責任ある個人などが、公に責任が持って公表できる考えです。

「見解」の類語「意見」の意味は、私的な考えですので責任追求されることはありませんが、「見解」は、社会的な影響力が大きく責任が持てるものでなければなりません。慎重に検討した上で「見解を表明」することが大切です。






おすすめ・関連コンテンツ