津南ひまわり広場2017!見頃・開花状況、アクセス?

冬は、国内有数の豪雪地帯・新潟県津南町ですが…
夏になると、津南ひまわり広場では50万本のひまわりが咲き誇ります。

2017年ひまわり広場の開園は、7月28日~8月20日。

ひまわりの開園期間にしては、かなり長いですよね。。。

tsunanmachi-himawari

開園期間が長いのは…4つの畑でひまわりが順に開花するからです。嬉しい事ですよね。

毎年、津南町の花・ひまわりを目当てに約7万人もの来園者で賑わいます。

では津南ひまわり広場2017。見頃・開花状況、アクセス、周辺スポットのご紹介などを一緒に見ていきましょう!


スポンサードリンク



2017年の見頃・開花状況

満開見頃時期は年により変わりますが、7月下旬頃~8月中旬頃が多いようです。


第1畑の開花と見頃

■2016年の開花状況
・7月20日、畑全体で蕾が開きはじめました。
・7月25日、開園まであと4日ですが、早くも満開見頃。
・7月31日、見頃過ぎ、頭が下がってきました。


第2畑の開花と見頃

■2016年の開花状況
・7月31日、つぼみが膨らんできました。
・8月2日、開花し始めています。
・8月6日、見ごろとなりました。
・8月10日、見ごろが続いています。


第3畑の開花と見頃

■2016年の開花状況
・8月8日、開花し始めています。
・8月10日、見ごろとなりました。


第4畑の開花と見頃

■2016年の開花状況
・8月11日、咲き始めています!
・8月15日、満開見頃になりました!
・8月19日、一部頭を下げたものもありますが、まだ元気に咲いています。



津南ひまわり広場2017

2017年の津南ひまわり広場は、7月28日(金)~8月20日(日)まで開園されます。

畑は4つ(第1畑・第2畑・第3畑・第4畑)に分けられ、種をまく時期をずらすことで、長い期間ひまわりを楽しむことができますよ。


山々に囲まれた広大なひまわり畑がひまわり広場として開園します。いまでは毎年約7万人もの来園者で賑わう人気観光スポットになりましたが。

・その始まりは・・・
平成2年、農家の青年仲間の方々が、自らが楽しむために遊休農地を利用してひまわりを作付けをしたのがはじまりです。(現在の8分の1程度の面積)

その後、町の助成や農協の協力で面積や品種を増やしたり、観光協会が主催者となり毎年ひまわり広場を開園したこと等で、今ではひまわりの人気観光スポットになりました。


津南ひまわり広場・基本情報

・会  場:津南ひまわり広場(第1畑・第2畑・第3畑)
・住  所:新潟県中魚沼郡津南町芦ヶ崎(沖ノ原台地)
・開園期間:7月28日(金)~8月20日(日)
・開園時間:9:00~17:00
・ライトアップ:未定。2016年は8月10日~8月16日
・入園料 :無料
・駐車場 :バイク100円/普通車300円
      中型・マイクロ1500円/大型3000円
      【普通車200台/大型車10台】
・トイレ :簡易トイレ有り
・ペット :可



スポンサードリンク




イベント情報

◆地元露店市
 朝採りの新鮮野菜、とうもろこし、ひまわり関連グッズなどオリジナル商品多数

◆ひまわり迷路
 誰でも自由に出入りできます。

◆ひまわりウエディング
 ひまわり畑の中で本物の結婚式を挙行。7月31日(日)11:30~

◆ライトアップ
 ひまわり広場をライトアップします。2017年は未定ですが、2016年は8月10日~8月16日

◆かかしコンテスト
 上位作品には賞金があります。

◆切り番キャンペーン
 車でお越しの方に、「1000番台毎」に津南町の特産品をプレゼント!

◆ひまわり写真コンテスト
 誰でも投稿できます!



ライトアップ情報

開催は未定ですが、イベントの中からライトアップ情報の詳細を少しお伝えします。

・期間⇒2016年は8月10日(水)~8月16日(火)
・時間⇒17:00~21:00
・場所⇒時期的に第3畑になると思われます。


お盆の期間の日没後にひまわり畑がライトアップします。

日中のひまわり畑は、煌(きら)びやかでいいですが、
夜ライトアップされたひまわり畑は、昼とは違って幻想的な漂いを見せてくれます。

夜ですので、念のために懐中電灯を持参していくとよいでしょう。



アクセス

◆関越道・塩沢石打IC~国道353号~国道117号~約40分

・国道117号線で津南町の市街地・大割野商店街まで行きます。
・商店街中央の「大割野交差点」(ひまわり畑の看板有り)を左折(秋山郷方面へ)。
・国道405号線を進むと、「ひまわり畑まで~何キロ」の看板が数カ所あります。
・看板に従って右折し、石坂トンネルを抜けると目の前が会場です。

◆電車・タクシーなど
・JR飯山線・津南駅~約10分



周辺スポットのご紹介

龍ヶ窪の水

ひまわり広場のお帰りには、津南町内の名水はいかがですか。

日本名水百選に選定された「龍ヶ窪の水」、美味しい水が豊富に湧いてくるのだそうです。
湧き水は飲料水として自由に持ち帰ることができますので、ペットボトルなどの容器を持参していくとよいでしよう!

場所は津南町谷内。ひまわり広場から車でわずか10分ほどの近距離です。

駐車場は約35台可能です。

水の料金は無料ですが、池の環境保全のため、募金箱が設置されていますので、ご協力をお願いします。



まとめ

国内有数の豪雪地帯で、夏のひまわり50万本が咲き誇ります。
山々に囲まれた広大な畑で、津南町のひまわりはいかがですか?

・開園期間:7月28日(金)~8月20日(日)

夕立が多い季節ですので、雨具の用意をしておくと安心です。
とにかく暑い季節、帽子や水分補給などの熱中症対策をしてお出かけください!

※ひまわり・関連記事
⇒ 北竜町ひまわりまつり2017
⇒ 野木町ひまわりフェステバル2017
⇒ 北杜市明野ひまわり畑2017
⇒ 座間ひまわり祭り2017




スポンサードリンク




おすすめ・関連コンテンツ

コメントを残す

このページの先頭へ