万博記念公園ひまわりフェスタ2016!開花状況やハス等?

万博記念公園は、1970年日本万国博覧会が開催された地。

その大阪府の万博記念公園では、7月下旬~8月中旬、22種約1万株のヒマワリが咲き誇ります。



banpakuhimawari



2016年もひまわりが見頃となる7月23日(土)~8月14日(日)に、ひまわりフェスタが開催されます。


ひまわりフェスタを楽しんでいただくために、
「万博記念公園ひまわりフェスタ2016」のご紹介、気になる開花状況やハスの情報等もお伝えします。




スポンサードリンク







万博記念公園ひまわりフェスタ2016

1970年大阪府吹田市の千里丘陵で開催された日本万国博覧会、「通称・大阪万博」は、
77の国が参加し、6400万人を超える入場者がありました。

高度成長期の真っ只中、「人類の進歩と調和」を テーマに開催され、
千里の丘には各国・各企業のパビリオンが立ち並ぶ未来都市空間が形成されました。

博覧会終了後、パビリオンはほぼ全て撤去され、
いまは万博記念公園となり、芝生や緑の庭園が広がる市民の憩いの場になっています。

7月下旬~8月中旬にかけて、万博記念公園の自然文化園チューリップの花園には、
22種類約1万株のヒマワリが咲き誇ります。

万博記念公園ひまわりフェスタ2016の開催は、
2016年7月23日(土)~8月14日(日)、9:30~17:00までです!



中には、ゴッホやモネなどの品種もあります。ゴッホやモネが描いたひまわりをイメージした珍しいひまわりも楽しめます。




万博記念公園ひまわりフェスタ2016 ・基本情報

・名  称:万博記念公園ひまわりフェスタ2016
・開催場所:万博記念公園内・自然文化園チューリップの花園
・住  所:大阪府吹田市千里万博公園
・電話番号:06-6877-7387(万博記念公園総合案内所)

・見頃期間:7月下旬~8月中旬
・開催期間:2016年7月23日(土)~8月14日(日)

・開催時間:9:30~17:00まで(入園受付16:30)
・休  園:水曜日(祝日の場合は翌日)

・入園料 :(自然文化園・日本庭園は共通料金)
      大人:250円/小中学生:70円
      団体(学校20人以上) 高校生:70円/小中学生:40円
      一般団体(20人~199人) 大人:200円/小中学生:60円
      一般団体(200人以上)  大人:180円/小中学生:50円
※回数券(11枚)は、大人:2500円/小中学生:700円

・本  数:約1万本
・種  類:22品種

・アクセス:阪急線・南茨木駅、山田駅、蛍池駅~
      地下鉄御堂筋線・千里中央駅~
      地下鉄谷町線・大日駅~
      京阪本線・門真市駅~

      上記の駅~大阪モノレールへ乗り換えて、
      「万博記念公園駅」または「公園東口駅」下車~徒歩3分







開花状況?

ひまわりの見頃期間は、例年7月下旬~8月中旬。
ひまわりフェスタの開催期間は、2016年は7月23日(土)~と決定しています。

そこで、2016年のひまわりの見頃・開花状況、たいへん気になりますね!



2016年の見頃・開花状況

開花情報が入りましたら、お伝えします。



2015年の状況もご参考にしてください。


2015年の見頃・開花状況

・7月31日、一面に黄色の花が咲きはじめました。
・8月6日、見頃になりました。
・8月11日、見頃継続しています。




スポンサードリンク





ハス?

入園料は、ひまわりが咲く自然文化園とお隣の日本庭園は共通料金となっています。

日本庭園のハス池では、ひまわりが咲く時期、蓮も見頃になります。
例年の見頃は、7月上旬~8月下旬ですが、6月27日現在は咲き始めです。


banpakuhasu

蓮の種類は、大賀蓮・舞妃蓮など26種、1200株が咲き誇ります。

一つだけご注意ください。
蓮は、早朝に開いて昼前後には閉じてしまいます。

そこで下記の日程で「早朝観蓮会」が開催されます。
・7月1日(金)~3日(日)
・7月8日(金)~10日(日)
・7月15日(金)~18日(月・祝)

・時間は早朝の6:00から
・雨天は決行・荒天は中止です。

できれば早朝、遅くとも9時くらいには着くようにお出かけください。



まとめ

ひまわりの見頃期間⇒7月下旬~8月中旬。
ひまわりフェスタの開催期間⇒7月23日(土)~8月14日(日)。

暑いですね。
蓮(開花するのは午前中だけ)もちょうど見れると思いますので、
午前の早い時間に行かれることをオススメします!

交通渋滞や暑さ対策などお気をつけてお出かけください。




おすすめ・関連コンテンツ



コメントを残す

このページの先頭へ