山中湖花の都公園ひまわり2017!見頃や割引・料金は?

山梨県南都留郡・山中湖村にある山中湖花の都公園。

公園では、8月になると富士山をバックに30万本ものひまわりが咲き誇ります。

2017年ひまわりの見頃期間⇒8月中旬~下旬頃。

hananomiyakokoen

ひまわりを見るだけなら料金は無料です。花の都公園ですから…この時期は、百日草や西洋あさがおも見れますよ無料でネ!
得した気分になりそうですネ。

では山中湖花の都公園ひまわり2017。気になる開花状況、清流の里の料金、割引情報等を一緒に見ていきましょう!


スポンサードリンク



開花状況

8月上旬~百日草が見頃ですが、このあとはひまわりが登場します。

ひまわりの見頃は8月中旬~10月上旬です。早咲きから遅咲きまでありますので、連続ではありませんが見頃期間はかなり長めです。
◆早咲き…8月中旬~下旬頃
◆遅咲き…9月下旬~10月上旬頃


では2017年の状況をみていきましょう。
・7月31日、咲き始めてきました。
・8月10日、台風の影響で倒れました。復旧作業中です。
・8月16日、なんとか見頃になりました。

開花・見頃状況のほかに天気(特に台風)状況もご確認の上お出かけください。

⇒ 山中湖花の都公園facebook




山中湖花の都公園

花の都公園は、2つのエリアに分かれています。
・無料エリアのひまわり
・有料エリアの清流の里

住所は、山梨県南都留郡山中湖村山中1650
営業時間、8:30~17:30(4月16日~10月15日)
駐車場は、乗用車が300円、バスは1000円となっています。



ひまわり2017

無料で入れる30万平方メートルの敷地に咲くひまわりから見て行きましょう。

お目当てのひまわりは、8月以降30万本の花を咲かせます。内訳はこんな感じです。
◆早咲きのひまわりが22万本
◆遅咲のひまわりが8万本


富士を背にしたひまわりは、とても見応えありますよ。

見るだけでも楽しいですが、撮影するのも楽しいですよね。

じつはここは、富士山と花の撮影スポットとして人気スポツトなんですヨ。
このシーズンは、ひまわりと富士山を撮影する人で定番の撮影場所は混雑します。

富士山に雲がかかることもありますので、当日の天気予報を確認してお出かけくださいね。


なお無料エリアでは、ひまわりのほかに百日草と西洋あさがおもたぶん見れます!

百日草の見頃は、7月中旬~10月上旬頃、
西洋あさがおの見頃は、8月上旬~10月上旬頃と言われています。

無料エリアで、夏のお花を思いっきり楽しんでください!



清流の里の料金は?

次に有料の清流の里。こちらは、明神の滝・岩清水の滝・水遊具広場などで楽しめます。
明神の滝は、全長80メートル落差10メートルの滝です。
滝が落ちると周辺には霧のような水がとび散ります。暑い夏には、最高に嬉しい水しぶきです。

水遊具広場には、アルキメデスのポンプやスクリューポンプ、あまのじゃくや水鉄砲。
楽しみながら水体験ができて、おまけに涼しくなります。小さな子どもさんには、大人が付き添ってあげてください!

大人の入場料金は、500円(4月16日~10月15日)、
小中学生は、200円(4月16日~10月15日)です。


スポンサードリンク




割引情報

割引情報をいくつかご紹介しますね。

割引対象になるかをご自身で確認してみてください。
通常料金が期間別に異なっていますので、身障者割引と団体割引も期間別の料金となります。

有料となる清流の里への入場(割引)料金のご案内です。
【無料エリア(ひまわり)への入場は、料金がかかりません。】


■身障者・大人割引(入場料金)
 300円(4月16日~10月15日)

■身障者・小中学生割引(入場料金)
 120円(4月16日~10月15日)

■JTB・花の都公園 割引入園券
・入場料金:大人   500円→450円
      小中学生 200円→180円
・有効期間:2017年4月16日~2017年10月15日まで
・コンビニ:ファミリーマート

商品番号は「0245450」。コンビニ端末にてお求めください。
⇒ 花の都公園 割引入園券

最後に、JAF割引も調べてみましたが、2017年のJAF割引はありません。




まとめ

ひまわりの見頃は、8月中旬~下旬頃
9月下旬~10月上旬頃


開花・見頃情報を確認して、お出かけください。

また、園内ではペット同伴もOKです。ペットの入園料も無料!ただし、 リードをつけてお散歩してください。

暑い季節ですね。特に、子どもさんには熱中症対策をしてあげてください。

また短い口吻(マズル)の犬も、熱中症を起こしやすいのです。ワンちゃんには散歩用の靴を履かせるのも効果ありです。



スポンサードリンク




おすすめ・関連コンテンツ



※ひまわり・関連記事
⇒ 柏あけぼの山公園のひまわり2017
⇒ 成田ゆめ牧場ひまわり迷路2017
⇒ 清瀬ひまわりフェスティバル2017

コメントを残す

このページの先頭へ