高鍋町ひまわり祭り2017!開花状況、畑の住所や駐車場は?

宮崎県高鍋町の83ヘクタールの畑に、8月になると約1100万本のひまわりが咲きます。

本数がスゴイですよね。本数・面積ともに日本一なんです。

2017年きゃべつ畑のひまわり祭りは、8月12日・13日に開催されます。

takanabecho-himawari

きゃべつ畑ですから、ひまわりの前までキャベツを作っていました。ひまわりの時期が終了したら、再びキャベツ畑となります。

ひまわりを肥料として育てた「ひまわりキャベツ」をぜひ食べてみてくださいネ。甘くてオイシイですヨ。

では高鍋町ひまわり祭り2017。気になる開花状況や見頃、畑の住所、駐車場等を一緒に見ていきましょう!


スポンサードリンク




開花状況や見頃

ひまわりが見頃になるのが8月第2土・日頃。2017年のひまわり祭りも8月12・13日の2日間に決定。

8月12・13日に、キレイなひまわりを見たいですね。
願いをこめて6月25日予定の種まきが、梅雨によるぬかるみで畑に入れません。種まきは7月2日に延期!
1週間遅れた分、グングン成長するといいですね。

・8月11日、明日は祭り初日。まもなく見頃です。
・8月13日、祭りが終了。15日から刈り取りです。

☆最新の開花状況をご確認ください。
⇒ きゃべつ畑のひまわり祭り



高鍋町ひまわり祭り2017

高鍋町は、宮崎県で面積が一番小さな市町村。でもひまわり畑の面積・本数は日本一なんですヨ。

83ヘクタールの畑に、約1100万本のひまわりが咲きます。
畑の住所は、宮崎県児湯郡高鍋町染ヶ岡。

2017年のきゃべつ畑のひまわり祭りは、下記の日時で開催されます。
◆8月12日(土)10:00~18:00
◆8月13日(日)10:00~17:00



日本一の1100万本を一目で見渡したいですね。ぜひ高見台(花見台)または高所作業車から眺めてください。高見台からの景色を楽しめただけでも来た価値があるかもネ。

83ヘクタール・1100万本の迷路にも挑戦してみたいですよね。でも小さな子どもさんは、迷子になったら大変。大人の方と一緒のほうが安全かもしれません。


実は、一面にひまわりが咲き広がる染ヶ岡地区は、九州屈指のキャベツ生産地帯。祭り終了後、このひまわりを緑肥として土に戻し作付した高鍋名産キャベツが産まれます。

またひまわりは無料で持ち帰りできますので、はさみと新聞紙を忘れないようにしてください。



スポンサードリンク



駐車場

■祭り会場内駐車場
・料金:500円

*会場内駐車場は、年配の方や障がい者の方優先の駐車場です。できるだけ臨時駐車場をご利用ください。

■臨時駐車場
・料金:無料
・場所:県農業科学公園ルピナスパーク駐車場
*シャトルバスを利用して、祭り会場へ移動してください。

★シャトルバス運行
・区間1:ルピナスパーク駐車場~祭り会場
・区間2:高鍋めいりんの湯駐車場~高鍋信用金庫本店駐車場~祭り会場
・料金:往復300円(小学生以上)
・期間:祭りの2日間



まとめ

日本一・1100万本のひまわり。一面に咲き広がったひまわりを是非お楽しみください。

でも暑いでしょうね。日本一の畑には日陰がほとんどありません。日傘や麦わら帽子がオススメです。これで暑さもだいぶしのげますね。
なお、100均でもカッコイイ麦わら帽子が売られていますからネ。

最後に、ひまわりは祭り終了後は刈り取られ、緑肥として利用されます。開花状況を確認してお出かけくださいね。



スポンサードリンク




おすすめ・関連コンテンツ



※ひまわり・関連記事
⇒ 与謝野町ひまわりフェスティバル2017
⇒ 大垣ひまわり畑2017
⇒ 万博公園ひまわりフェスタ2017
⇒ 世羅高原農場ひまわりまつり2017

コメントを残す

このページの先頭へ