黒姫高原コスモス園!見頃や開花状況はいつ?アクセスは?

黒姫山の山麓に広がる黒姫高原。

黒姫高原コスモス園は、約50品種100万本のコスモスが咲き誇ります。

kurohime-cosmos1

コスモスの開花は一般的には9月頃ですが、黒姫高原コスモス園は開花時期が早いのですヨ。

しかも見頃期間がとても長い。8月から長い間楽しめます。

2017年のコスモス園を楽しんでいただくために、コスモスの見頃時期や開花状況、コスモス園の楽しみ方とアクセス、最後に信濃町のとうもろこし情報についてお伝えします。


スポンサードリンク



見頃・開花状況

黒姫高原のコスモスは見頃期間がとても長く、概ね8月中旬頃から9月下旬頃まで続きます。

そのわけは、多品種(約50種)の開花時期が異なります。早咲きで7月下旬~遅咲きは10月中旬まで咲き続けるからです。

園全体として開花期間が長いので見頃期間も長くなり、観光客が楽しめるって事です。嬉しいですよネ。

早咲きのレモンブライト(黄花)は、8月上旬頃には開花します。2016年の状況もご覧ください。全体的な見頃は9月7日でした。
2017年の見頃はもう少し先でしょうか?

kurohime-cosmos2


2016年の見頃・開花状況

・8月10日、レモンブライト(キバナ)が開花しました。
・9月6日、オレンジフレア・レモンブライトが見頃に。ピンクは7分咲き。
・9月7日、全体的に見頃になりました。
・9月24日、見頃が継続中です。ダリアも負けずに見を続けています!



黒姫高原コスモス園

黒姫山の山麓に広がる黒姫高原コスモス園は、約50品種100万本のコスモスが咲き誇ります。2009年大手新聞の読者アンケートで日本一のコスモスに選ばれるほどの人気コスモス園です。

日本一のコスモス園のこんな楽しみ方はいかがでしょう。一つご紹介します。

◆行きはリフトで空中散策!帰りは歩きながらゆっくり鑑賞!

行きは、4人乗りパノラマリフトに乗り、標高1030メートルの展望台(望湖台)まで約8分間の空中散策が楽しめます。

リフト上から一面に咲くコスモスが目に飛び込んできます。また展望台からは、 眼下に野尻湖、その先に斑尾高原などの素晴らしい景色が一望できます。


スポンサードリンク



帰りはどうでしょう。
散策路がずっと下まで続いています。コスモス畑はとてつもなく広くて、100万本も咲いています。ぜひ間近かで日本一人気のコスモスを鑑賞してみてください。

kurohime-cosmos3

8月の園内はダリアもキレイです。コスモスだけでなく、一面のダリアも間近かでご鑑賞ください。

高原を歩きます。スニーカー等歩きやすい靴を履いてお楽しみください。



黒姫高原コスモス園・基本情報

・名  称:黒姫高原コスモス園
・住  所:長野県上水内郡信濃町大字野尻3807
・電話番号:026-255-3171
・見頃期間:8月中旬から9月下旬
・開園期間:2017年7月22日(土)~10月9日(祝)
・開園時間:9:00~17:00
・入園料 :大人(中学生以上)600円/小学生400円
・種  類:約50品種
・本  数:約100万本



アクセス

■上信越自動車道・信濃町IC~約6分

■電車・バス
・北陸新幹線・長野駅~しなの鉄道北しなの線に乗り換え~
~黒姫駅~バス(タクシー)~約10分

★2015年、北陸新幹線の長野・金沢間が開業しました。それに伴い「長野~妙高高原間」の経営が、JRからしなの鉄道に移管され、信越本線からしなの鉄道・北しなの線に変更されました。
お間違えの無いようにお願いします。



信濃町のとうもろこし

信濃町といば、とうもろこし!

「信濃町 とうもろこし」が人気の検索キーワードになっています。美味しいと大評判なんですね。

7月~9月になると、信濃町の国道18号線沿い等にはとうもろこしの直売所が出現します。ここはもろこし街道と呼ばれ、昼と夜の温暖差によって甘くなったみずみずしい採れたてのとうもろこしが購入できます。

お車の方はお帰りの際に、「もろこし街道」にぜひお立ち寄りください。
とうもろこしを2度楽しんでくださいね。オススメは、そこで熱々の焼きとうもろこしをごちそうになる。お家用にも何本か買って帰る。家で焼いてもいい、茹でても美味しいですよね。

ただ季節限定で、収穫時期が7月下旬~9月上旬頃ですので、時期にはくれぐれもご注意ください。

黒姫高原コスモス園内の売店でも、焼とうもろこしが300円で売られています。が期間限定ですので、要注意!



まとめ

行きは、パノラマリフトでワンちゃんも一緒に搭乗できます。
帰りは、リードをつけてワンちゃんと一緒に遊歩道を散策するのもいいですね。

コスモスを見たら、今度はワンちゃんのためにコスモス園脇の「わんわんパーク」も利用してみてください。

なお、斜面もありますのでかかとが低く歩きやすい靴を履いて、園内をお楽しみください。

帰りのお土産は、信州名物の蕎麦や野沢菜が園内のショップで手に入ります。お立ち寄りください。

※コスモス・関連記事
⇒ 遠軽コスモスフェスタ2017
⇒ 佐久高原コスモスまつり2017
⇒ 内山牧場大コスモス園2017



スポンサードリンク




おすすめ・関連コンテンツ


コメントを残す

このページの先頭へ