赤目四十八滝ハイキング!所要時間・コース・服装は?アクセスは?

三重県名張市の赤目四十八滝は、全長約4キロの渓谷に出現する一連の滝です。

また、平成の名水百選や森林浴の森100選、遊歩100選などに選ばれました。楽しみ方もいっぱいありますよ。

fudodaki

4キロにわたる渓谷の楽しみ方は、遊歩100選にも選定されたように散策。散策コースを2つご紹介しますね。


それでは赤目四十八滝のご紹介、ハイキングの所要時間・コース・服装等、最後にアクセスや駐車場情報をご一緒に見ていきましょう!



スポンサードリンク



赤目四十八滝とは?

三重県名張市赤目町の赤目四十八滝(あかめしじゅうはちたき)は、全長約4キロ滝川の渓谷に出現する一連の滝です。

赤目四十八滝は、平成の名水百選・日本の滝100選・森林浴の森100選・遊歩100選などに選ばれました。楽しみ方もいっぱいあるというこてですね。

■平成の名水百選・日本の滝100選
赤目四十八滝には湧き水もありますが、平成の名水百選には「滝」で選ばれました。その様々な滝が延々約4キロにわたって出現します。

特に赤目五瀑といわれている、不動滝、干手滝、布曵滝、荷担滝、琵琶滝は必見。
四十八滝すべてを書けませんが、行者滝、雨降滝、霊蛇滝などは名水百選にふさわしく多彩な滝たちです。

■森林浴の森100選
森林浴は、夏がオススメですね。

ココは、大量のマイナスイオンがいっぱいなんです。自然のマイナスイオンを全身で感じてみてください。心が癒されますよ。

■遊歩100選
延々4キロの遊歩道をハイキングや散策すると、桜・新緑・紅葉など四季折々の景色を眺めながら、様々な滝をお楽しみください。

ハイキングの所要時間やコースについては、次章をご覧ください。


赤目四十八滝・基本情報

・住 所:三重県名張市赤目町長坂861-1
・時 間:8:30~17:00(4月~11月)
     9:00~16:30(12月~3月)
・入山料:大人400円/小人(小中学生)200円
・問合せ:0595-63-3004

※赤目四十八滝の入口に、日本サンショウウオセンターがあります。

入山料は日本サンショウウオセンターでお支払いください。
入山料には入館料も含まれています。お時間のある方は、日本サンショウウオセンターにもご入館ください。


スポンサードリンク



ハイキングの所要時間・コース・服装?

渓谷の総延長はおよそ4キロにわたり、大小さまざまな滝を楽しめます。
お時間のご都合や体力等を考慮して、2つのコースをご紹介しますね。

●ゆったり散策コース
・所要時間:片道23分(往復45分)
・コース経路:①入山口~⑤布曳滝
nunobikidaki

坂の少ない場所をゆっくり歩きたい方はこちらでお楽しみください。

●渓谷トレッキングコース
・所要時間:片道1時間20分(往復3時間30分)
・コース経路:①入山口~⑩巌窟滝
gankutsudaki

体力には自信がある方はこのコースでお楽しみください。

2コースの順路(概要)は下記の通りです。

順路(主な滝やトイレ)

①入山口
  ↓
②不動(ふどう)滝
 距離:230メートル
 時間:片道約6分
  ↓
③千手茶屋・トイレ
  ↓
④千手(せんじゅ)滝
 距離:800メートル
 時間:片道約20分
  ↓
⑤布曳(ぬのびき)滝
 距離:900メートル
 時間:片道約23分
—————————
  ↓
⑥長坂山入山口
 距離:1830メートル
 時間:片道約50分
  ↓
トイレ
  ↓
⑧荷担(にない)滝
 距離:2600メートル
 時間:片道約70分
  ↓
⑨琵琶(びわ)滝
 距離:2870メートル
 時間:片道約80分
  ↓
⑩巌窟(がんくつ)滝・・・最後の滝
 距離:3290メートル
 時間:片道約90分

2カ所のトイレを表示しました。数少ないトイレですので、お立ち寄りくださいね。


■ハイキングの服装
・長袖シャツ
・長ズボン
・帽子(日焼けよけ)
・履きなれた靴(最後の巌窟滝まで行くならトレッキングシューズ)
・飲料水(多めに)
・雨具(カッパ等)
・防寒具
・軍手

最初はなだらかな道ですが、奥に行くほど急坂になります。手すりなどにつかまる際、手袋(軍手)があればけがをしないで安心ですね。



アクセスや駐車場は?


アクセス

■最寄り駅まで(電車)
・大阪難波駅(近鉄)~大和八木駅(近鉄)~赤目口駅(近鉄) (約1時間)
・近鉄名古屋駅~名張駅(近鉄)~赤目口駅(近鉄) (約1時間40分)
・京都駅(近鉄)~大和八木駅(近鉄)~赤目口駅(近鉄) (約1時間30分)

電車で赤目口駅まで来たら、つぎは駅前でバスにお乗りください。

■バス
近鉄大阪線赤目口駅~三重交通バス赤目滝行き(10分乗車)~終点で下車します。
赤目滝までは徒歩で3分ほどです。

平日は、赤目口駅発の10時台が3本(4月1日~11月30日)です。
土日祝は、赤目口駅発の9時台が3本。10時台が2本。11時台が1本。(4月1日~11月30日)
土日祝は本数がすこし増えるので嬉しいですね。

もっと嬉しいお知らせです↓。

臨時バス運行

2016年8月6日(土)~8月14日(日)は、真夏のライトアップ・キャンドルナイトが開催されるため、赤目口駅前~赤目滝間で臨時バスが運行されます。
ぜひご利用くださいね。

赤目口駅前~赤目滝
18:45 ~ 18:55
19:15 ~ 19:25

赤目滝~赤目口駅前
19:00 ~ 19:10
19:30 ~ 19:40
19:55 ~ 20:05


■自動車
・大阪方面から名阪国道・針ICを降りて国道165号経由で約20キロ(約30分)です。
・名古屋方面から名阪国道・上野ICを降りて国道368号経由で約25キロ(約45分)です。

お車の方!
とにかく道路が狭いです。すれ違うたびに減速したり停止したりで、前進するのがとても大変です。安全運転でお願いしますね。

とくにGWや夏休み、紅葉シーズンは、道路が渋滞します。
道幅も狭いため、身動きがとれなくなりれます。できれば公共交通のご利用をオススメします。



駐車場

無料駐車場はありません。

赤目四十八滝前の有料駐車場をご利用ください。
・可能台数:1000台
・駐車料金:800円



まとめ

赤目四十八滝は、平成の名水百選・日本の滝100選・森林浴の森100選・遊歩100選などに選ばれ、楽しみ方もいっぱいあります。いろいろ楽しんでいってください。

平成の名水、特に赤目五瀑は必見。
森林浴でマイナスイオンも感じてください。

4キロですか900メートルですか。お好きなコースを選んで、楽しんでください。
・ゆったり散策コース
・渓谷トレッキングコース

山道ですので、お車の方は安全運転でお願いします。




スポンサードリンク




おすすめ・関連コンテンツ

コメントを残す

このページの先頭へ