千葉神社へ厄払い!受付時間や混雑時期はいつ頃?祈祷料金は?

1000年以上の歴史ある千葉神社は、源頼朝や徳川家康からの崇敬も厚く大切に保護されてました。

今では千葉市民にもたいそう親しまれ、正月三が日には60万人を超える参拝者で賑わっています。
chibajinja-yaku1

それでは、千葉神社の厄払い。受付時間と厄年、混雑時期、祈祷料金などをご一緒に見ていきましょう!


スポンサードリンク





受付時間と厄年

千葉市中央区の千葉神社は、歴史が古く開創から1000年以上経過しました。源頼朝や徳川家康から手厚く保護されおおいに栄えました。

今では千葉市民にも親しまれている千葉神社は、厄除開運や八方除で有名となりました。正月三が日にはなんと60万人を超える参拝者で境内は賑わっています。

では厄払いの受付時間から見ていきましょう。

◆受付時間は、9時~16時(365日受付)
◆受付場所は、社務所の受付カウンター


予約は不要です。当日社務所で受付けしてください。
約20分間隔で随時祈祷できるので、祈祷開始時間を気にする必要なくて気が楽ですね。

ここで肝心な厄年のお話を少ししましょうネ。

厄年はいつか誰にも訪れます。数え年で男性(25歳、42歳、61歳)。女性(19歳、33歳、37歳)。神社やお寺によって、男性で2歳、女性で61歳も厄年とされているようです。

自分が厄年かどうかは生年月日で分かりますが、数え年で数えます。満年齢ではないのでご注意ください。

生まれた時は既に1歳!翌年の元日を迎える度に年齢が加算されます。ですから元日時点で数え年の2歳でも、満年齢ではまだ0歳。時期により1歳または2歳の差、ややこしいですネ。


スポンサードリンク





厄払いの混雑時期

次は…気になる混雑時期!コレを知ってからお出かけください。

厄払いは、正月三が日~節分までの間に参拝される方が多いようですが、混雑する時期は行きたくないですね~

60万人もの初詣客が訪れる正月三が日、境内は大混雑になります。これでは行きたくな~い。

chibajinja-yaku2

オススメ祈祷時期は…1月4日以降。

厄払い祈祷の場所は重層社殿。1990年に竣工し、上下に二つ(1階と2階)の拝殿で交互に祈祷を行います。ですので、混雑時も20分程度の待ち時間で祈祷できるという訳なんです。

ですからお正月三が日でも、それほど待たなくていいかもしれません。三が日に初詣に行かれた際、待ち時間を確認してみてください。混雑してないかも。




祈祷料金

つぎに大切な祈祷料金(初穂料)を見ていきましょう。

個人の場合は、決まっています。
◆祈祷料…5000円より

最低の金額が決まっているのはいいですね。上記の金額は相場でもありますから、祈祷料として5000円をお支払いすればいいでしょう。


ところで、祈祷料ってそのまま渡していいのか、包んで渡すのか迷いますよね!そしてのし袋の書き方も大変そう。

厄払い祈祷料の詳細を知りたい方は…こちらをご覧ください。

⇒ 厄払いの祈祷料!のし袋の書き方や水引の種類は?




まとめ

1000年以上の歴史がある千葉神社は、源頼朝や徳川家康からの崇敬も厚くおおいに栄えました。

今では千葉市民にも親しまれ、厄除開運や八方除で有名に。正月三が日には60万人を超える参拝者で賑わっています。

これまで千葉神社の厄払い。受付時間と厄年、混雑時期、祈祷料金などをお伝えしました。

ポイントは…
・受付時間…9時~16時(365日受付)
・オススメ祈祷時期…1月4日以降
※三が日に行かれる方…待ち時間を確認後祈祷するのもいいかも。
・祈祷料…5000円より(個人の場合)

最後に、大変寒い時期です。厚着をしていただいて、祈祷の前にはコート・手袋・マフラー等をお取りくださいね。


スポンサードリンク




コメントを残す

このページの先頭へ