「一掃」という言葉を聞いたことありますか。

「在庫一掃セール」「走者一掃の三塁打」「疑惑を一掃する」、これら全てに「一掃」という漢字が含まれています。

「在庫」「走者」「疑惑」の3つは何の関係もないように思えますが、「一掃」の意味を知れば繋がりが分かります。

では「一掃」とは何か?意味を中心に、使い方・類語(払拭)などを解説します。


スポンサードリンク



「一掃」とは

「一掃」の意味

国語辞典による「一掃」の意味から見ていきます。

「一掃(イッソウ)」:残らず払いのけること。
(引用元:旺文社国語辞典)


「一掃」の「一」は、「一国(国全体)」でも使われ「~中全て」「~の隅から隅まで」の意味を持ち、「掃」は「掃(は)く」という意味の他に、「はき清めたように全て取り除くこと」という意味があります。

つまり二字熟語「一掃」は、「残らず全て払いのけること」「隅から隅まで取り除くこと」という意味合いがあることが分かります。

また「一掃」は、おおかた「溜まっていて目ざわりになるものやすっきりしない状態を、全て取り除いてなくすこと」といったニュアンスで用いられます。

その用例として、冒頭で掲げた「在庫一掃セール」「走者一掃の三塁打」「疑惑を一掃する」などという言い回しがよく使われます。

文例として「在庫一掃セールで、冬物コートが完売できた。」という店長の感想には、「在庫の山になり目ざわりになっている冬物コートを、全て売り尽くす(取り除く)ことができて良かった。」というニュアンスが込められています。

「一掃」の文法と使い方

「一掃」は名詞です。

「冬物一掃セール」「走者一掃の三塁打」などの名詞的用法で用いるほか、「一掃する(サ変動詞)」という動詞的用法でも用いられます。

なお「一掃する(サ変動詞)」は、名詞「払拭」+サ変動詞「する」で「一掃する」という複合語となります。


スポンサードリンク



「一掃」の類語

「一掃」と類語「払拭」の違いを通して、「一掃」の意味を深めましょう。

「一掃」と類語「払拭」の違い

「一掃」の意味は、「目ざわりになるものを残らず払いのけること」。「払拭」は「不都合なものをきれいに払いのけること」です。

どちらも払いのけることで同じですが、違いは2つ。

1つ目の違いは、「払拭」は精神的に悪い影響を及ぼす「不安感」「疑惑」などを払いのけますが、「一掃」は精神的や物質的に関係なく、目ざわりになる「在庫」「不安」「疑惑」などを払いのけます。

2つ目の違いは、「払拭」は「きれいに払いのける」だけですが、「一掃」は「全て残らず払いのける」こと。「一掃」の「一」は「全て」の意、「走者一掃の二塁打」は塁上の走者全員のこと、「在庫一掃セール」は在庫品全てのことです。

※「払拭」の意味などを紹介した別記事もありますので、合わせてご覧ください。
→ 「払拭」とは?意味を中心に類語や使い方を詳しく解説

「一掃」の使い方(例文)

「一掃」の主な使い方は2種類あります。

・「一掃」を名詞として用いる方法
・「一掃する」というサ変動詞として用いる方法

「一掃(名詞)」

「一掃」は、「走者一掃」「冬物一掃セール」のような言い回しで用いられます。

・走者一掃の二塁打を打って、逆転勝利を収めた。
・デパートの冬物一掃セールは12月から始まるようだ。

「一掃する(サ変動詞)」

サ変動詞「一掃する」は、「~を一掃する」のように用いられる他動詞です。

・野球評論家の話によると、暴力を一掃するまで5年かかったそうだ。

まとめ

「一掃」とは何か。意味を中心に使い方や類語などを解説してきました。

「一掃」は、全て残らず払いのけること。

「在庫一掃セール」「走者一掃の三塁打」「疑惑を一掃する」の意味もよくお分かりいただけたことでしょう。






おすすめ・関連コンテンツ