座間ひまわり畑2016の見頃?アクセス・駐車場・混雑状況は?

7月から8月にかけて座間市のひまわり畑には、55万本のひまわりが咲き揃います。


zamahimawari


首都圏随一の規模を誇る「2016ひまわりまつり」の日程も決まりました。

◆栗原会場:7月21日(木)~7月26日(火)
◆座間会場:8月11日(木)~8月16日(火)



気になるひまわりの見頃・開花状況、座間ひまわり畑2016のご紹介、アクセス・駐車場・混雑状況を、栗原会場と座間会場別にお伝えします。





スポンサードリンク







2016年の開花と見頃は?


座間会場の開花と見頃

例年の見頃時期:8月中旬~下旬

2015年座間会場の開花状況を見てみると、北から南に移っていますね。
まず、座袈依橋北側で開花⇒見ごろ。
続いて、座袈依橋南側でも開花⇒見ごろ。
最後に、最南端の四ツ谷会場で開花⇒満開見頃。

2016年もこんな感じなんでしょうか?


2016年の見頃・開花状況

栗原会場のひまわりまつりが終わりましたね。今度は座間会場!

・7月27日、つぼみが膨らんできました。
・8月5日、一面に開花し始めてきました。
・8月10日、見ごろ間近か。一面キレイに咲いています。
・8月11日、座袈依橋北側は見ごろになりました。
・8月12日、畑の北半分が見頃となりました。
・8月14日、全体的に見頃となりました。




2015年の状況もご参考にしてください。


2015年の見頃・開花状況

・7月24日、大きいものは70~80センチ程に、つぼみも膨らんできました。
・8月5日、座袈依橋北側では一斉に開花。ほぼ一面が黄色です。
・8月8日、座袈依橋北側は一部で満開。橋南側も一斉に開花。
・8月12日、座袈依橋北側は見頃多少過ぎ。
・8月13日、座袈依橋南側も満開見頃になりました。
・8月21日、見頃は終了しました。
・8月22日、座間会場南側の「四ツ谷会場」が満開見頃です。






栗原会場の開花と見頃

例年の見頃時期:7月中旬~8月初旬



2016年の見頃・開花状況

・7月3日、小さな蕾が顔を出してきました。
・7月10日、つぼみも膨らんできました。
・7月16日、畑の一部では見頃を思わせるほどに。全体的にはまだ蕾です。
・7月21日、ひまわりまつり初日。まもなく見頃です。
・7月24日、お待ちかね見頃となりました。
・7月29日、ひまわりまつり終了。お花も間もなく終了。




2015年の状況もご参考にしてください。


2015年の見頃・開花状況

・7月14日、つぼみが黄色くなり、まもなく開花がはじまりそうです。
・7月16日、部分的に咲きはじめました。
・7月24日、満開見頃に。強風で多くのひまわりが倒れました。







座間ひまわり畑2016のご紹介

座間市(ざまし)は、神奈川県中部の市です。東京都心から約40キロ、横浜市から約20キロに位置し、人口は約13万人です。

昔は宿場町として栄え、近年では自動車産業などの企業城下町として栄えてきました。
座間市は農業も盛んで、ヤマトイモ、コメ、ムギ、メロンなどが多く作られています。


座間ひまわり畑の歴史を少しご紹介します。

座間市の市花は、ヒマワリです。1969年に制定されました。
ヒマワリの深緑の枝葉のように、座間市が発展し続け、
また大輪の花のように、座間市民が手を取り合い、市民みんなが健康で明るい街となるように願って制定したのだそうです。

そして、1993年より休耕地の荒廃を防ぐことなどを目的に、ひまわりを植え座間ひまわり畑として公開しています。

ひまわりの本数は年々増え、今では栗原会場で10万本、座間会場で45万本に達しました。
合計55万本のひまわりは、首都圏随一の規模です!




2015年も座間市観光協会が主催となり「ひまわりまつり」が開催されます。

◆栗原会場:7月21日(木)~7月26日(火)
◆座間会場:8月11日(木)~8月16日(火)


見頃は7月中旬ごろから栗原会場で、8月中旬からは座間会場で楽しめます。
また、ひまわり広場は栗原会場・座間会場の他に小さいものまで含めると4ヶ所あります。


座間会場では、畑の中に散策路ができましたので、2015年からは乳母車の方や車いすの方もスムーズに移動できます。
ひまわり観賞に集中することができて、嬉しいですね。




2016ひまわりまつり・基本情報

・栗原地区場所:県立座間総合高校の北側
 栗原地区住所:神奈川県座間市栗原2593-1

・座間地区場所:座架依橋北側・南側、サイレン北側、座間市立西中学校東側
 座間地区住所:神奈川県座間市座間2丁目1230(市立西中学校)

・電話番号:046-205-6515(座間市観光協会)

・開園期間:【栗原会場】 2016年7月21日(木)~7月26日(火)
      【座間会場】 2016年8月11日(木)~8月16日(火)
・開園時間:9:30~16:00

・敷地面積:約5.5ヘクタール
・株  数:55万本
・トイレ :会場内にあります




スポンサードリンク





■特産品販売中

ひまわりまつり開催中、座間の特産品を販売しています。

座間の特産品4品をご紹介します。
全て、座間市内で生産された農産物、またはその農産物を主原料として製造・加工された座間を代表する品々です。

・座間産地粉うどん
・座間産ひまわり米
・座間納豆
・どんぶり豆腐


「座間産ひまわり米」って、いい名前つけましたね。食事が楽しくなってしまいそう!
座間へ行かなくても、「座間産ひまわり米」を食べたら、ひまわりを見に行った気分になるかもしれませんね。

あなたもご存じかと思いますが、「納豆と豆腐」は原料のほとんど全てが大豆からつくられます。
その大豆、日本の自給率がなんと6%程度なんです。

でも、「どんぶり豆腐」と「座間納豆」は、座間市内の農家が丹精こめて生産した大豆から加工されています。
ですから、安心してオススメしているのです。


留守番をしている奥様へのおみやげに、またはうどん好きなお父さんへのおみやげにどうでしょうか?





栗原会場の住所・アクセス・駐車場・混雑状況?

■会場の住所
・住  所:『神奈川県座間市栗原2593-1』
・開催場所:座間総合高校の北側がひまわり畑です。

目印は、県立座間総合高校。住所は、『神奈川県座間市栗原2487』




■アクセス
小田急線・相武台前駅~
 ・徒歩約30分
 ・南林間駅行バス~座間総合高校前~徒歩約1分
 ・さがみ野駅北口行バス~北向庚申前~徒歩約3分

小田急江ノ島線・南林間駅~相武台前駅行バス~座間総合高校前~徒歩約1分
相鉄線・さがみ野駅北口~相武台前駅行バス~北向庚申前~徒歩約3分
バス停から会場への行き方は、目の前なのですぐ分かりますが、バスの本数が少ないので、時間に余裕をもってお出かけください。



■駐車場
会場内・会場周辺ともに駐車場がありません。できるだけ、公共交通機関を利用するようお願いします。

なお、座間市立栗原小学校に臨時駐車場が用意される予定です。
臨時駐車場(栗原小学校)~会場間で、シャトルバスが運行されますので、ご利用ください。

路上駐車は、ご遠慮くださいね。



■混雑状況
土日になると、周辺の道路は混雑が予想されます。
マイカーを運転される方も相武台前駅からバスを利用される方も、時間に余裕をもってお出かけください。



スポンサードリンク





座間会場の住所・アクセス・駐車場・混雑状況?

会場の住所
・開催場所:座架依橋北側・南側、サイレン北側、座間市立西中学校東側の4ヶ所です。
 西中学校の西側がひまわり畑です。

目印は、座間市立西中学校。住所は、『神奈川県座間市座間2丁目1230』




なお、西中学校から東に1.5キロ「ひまわり公園テニスコート」(座間市入谷3-6000)がありますが、こちらは会場ではありませんので、ご注意ください!


■アクセス
JR相模線・相武台下駅~徒歩15分~25分
JR相模線・入谷駅~徒歩20分~25分

小田急線・座間駅~座間四ツ谷行きバス~神社前~徒歩10分
小田急線・相武台前駅~磯部行バス~相武台下駅~徒歩15分



駐車場
相模川の河川敷に広くて無料の駐車場が用意されています。
また、トイレは駐車場の北側に用意されています。



■混雑状況
お盆休みと重なり、道路は混雑が予想されます。午前中、できれば朝早く行かれると渋滞に巻き込まれることがないです。
午後は避けたほうがいいです。また時間に余裕をもってお出かけください。



◆じつは、座間会場の南に四ツ谷地区ひまわり畑があります。
お祭りは開かれませんが、こちらでもキレイなひまわりが咲きます。

2015年は、座間会場の見頃が終了したあと、四ツ谷会場が満開見頃となりました。
双方の開花状況をチェックされて、ご都合と合う時期にお出かけになってください。
アクセスは、小田急線座間駅から座間四ツ谷行バスで、新田宿南下車し徒歩10分です。





まとめ

首都圏随一の規模を誇るひまわりまつりの日程です。

◆栗原会場:7月21日(木)~7月26日(火)
◆座間会場:8月11日(木)~8月16日(火)
ひまわり好きの方でしたら、二度(2カ所)楽しめます。

最後に座間会場へ行かれる方に、一つだけご注意申し上げます。

座間会場は、座架依橋北側、南側、サイレン北側、西中学校東側の4カ所に分かれていますので、開花時期が微妙にずれます。

それぞれの状況をチェックされてからお出かけください。



おすすめ・関連コンテンツ

コメントを残す

このページの先頭へ