佐久高原コスモスまつり2017!見頃・開花情報や見どころは?

佐久市内山の国道254号線沿いは、元祖コスモス街道と言われています。

元祖コスモス街道では、2017年も佐久高原コスモスまつりが9月9日~開催されます。

saku-cosmos1

コスモスは佐久市の市花に制定され、総理大臣賞等も受賞しました。

もちろん佐久高原コスモスまつりは、全国的にも大変有名になり訪れる人も多くなりました。
でも最初はたった一人のご老人がはじめたものなのです。あとで詳しくご紹介しますね。

開花時期は9月上旬、見頃時期は9月中旬~下旬頃。

では佐久高原コスモスまつり2017。おすすめイベント、開花・見頃情報等を見て行きましょう。



スポンサードリンク




開花・見頃情報

2016年の佐久高原コスモスまつりが、9月10日~21日に開催されます。
ちょうどそのころ9月中旬~下旬にかけてが見頃と思われます。


2016年の見頃・開花状況

・8月15日、コスモスが咲きはじめました。
・9月1日、かなり早めに見頃となりました。
・9月15日、見頃は続いています。




佐久高原コスモスまつり2017

全国にコスモス街道と言われている街道はたくさんあります。「元祖コスモス街道」で検索すると、佐久市内山のコスモス街道が、上位をほぼ独占しています。

では佐久が「元祖コスモス街道」といわれるようになった経緯をお話します。
1972年、たった一人の老人の方が音頭をとり、コスモスを国道(まだ一部)に植えたのが、コスモス街道のきっかけとなりました。

1977年、地元老人クラブのボランティアの方が、佐久市内山の国道254号線沿い(約9キロ)に本格的に植えたコスモス。国道を通行する人々の目を楽しませるほどの人気になり、「佐久コスモス街道」といわれるようになったのでした。

saku-cosmos2

コスモスは佐久市の市花にも制定され、総理大臣賞等を受賞し、全国的にも大変有名になり訪れる人も多くなりました。

コスモスまつりの主催者は、内山コスモス街道実行委員会。

50名ほどの会員数を誇る実行委員会の活動は、「佐久コスモス街道」を大切に守り続けること。コスモス街道を県内外の人に人情あふれる里として情報発信したり、コスモスを国道254号沿道に植え、キレイな花を咲かせて訪れる人を楽しませることです。

つまり、コスモスを通じて心温まるおもてなしをずっとされてきているのですね。
だから、全国から元祖コスモス街道に人々は集まり、感動してまた訪れようと思うのでしょうね。

コスモスを見たら、すこし一休みされてはどうですか。
地元老人クラブの方々による湯茶サービスは、心温まるおもてなしで嬉しくなってしまいます。

◆湯茶サービス
 日時:まつり期間中の8:30~16:00
 場所:堤防駐車場入口仮説プレハブ
 無料です!



スポンサードリンク




おすすめイベント

2016年はイベントがたくさん開催されます。
気になったイベントだけ抜粋し、概要だけご紹介します。


イベント一覧

◆ポールウォーキング(コスモス広場集合)
 9月10日(土)8:30~
 3コースから選択してください。
 事前申込⇒0267-54-8010コスモス(カスガ)


◆餅つき(コスモス広場)
 9月10日(土)11:00~/正午~/13:00~
 ※無料で~す

体力の余っている方には、餅つきなんていいですね。


◆荒船山ハイキング(コスモス広場受付)
 9月11日(日)8:30~15:30
 事前申込⇒0267-62-3285(佐久市観光交流推進課)


◆清流魚のつかみ取り大会(滑津川河原・湯茶接待所横)
 9月11日(日)
 11:00~交流会
 13:00~つかみ取り
 ※無料で~す

子どもさんには、清流魚のつかみ取り大会は喜ばれそうですね。


◆コスモス染め体験(内山集会所)
 9月17日(日)13:00~
 事前申込⇒0267-62-3285(佐久市観光交流推進課)



清流魚のつかみ取り大会

特にオススメのイベントをぜひ紹介させてください。

抜粋した中で、特にオススメなイベントを少し詳しくご紹介しますね。それは「清流魚のつかみ取り大会」です。

対象は小学生だけですので、大人の方はつかみ取りに夢中な子どもたちを見守ってあげていてください。
・9月11日(日)11:00~交流会、つかみ取りは13:00~、場所は、湯茶接待所横の滑津川(なめづがわ)河原です。

つかみ取る清流魚(鯉とニジマス)は、佐久市に関係の深い魚です。滑津川の水をせき止めて浅い池を作ります。放された鯉とニジマスを子どもたちがつかめるといいですね!事故など起きないように、地元消防団の方が見守ってくれるから安心ですね。

ただ、雨天時は残念ですが中止になります。

佐久に行かれるのでしょうから、清流魚の鯉とニジマスの事を、少しだけ解説したくなりました。


saku-cosmos3

「佐久鯉」は全国的なブランドで大変有名なんです。「ニジマス」は、かつては長野県が日本一の生産県でした(現在は2位)。県内では佐久市等を中心に生産されています。

鯉もニジマスも清流魚ですが、「清流」って何川なんでしょう?
日本一長い信濃川のことなんです。ただ、信濃川と呼ばれているのは新潟県だけ。長野県では「千曲川」と呼ばれています。

佐久地方では、清流・千曲川の冷水を利用する流水養殖が盛んに行われています。特に佐久鯉は臭みがなくなり、身が締まっておいしいといわれています。



佐久高原コスモスまつり・基本情報

・名  称:第29回佐久高原コスモスまつり
・主催者 :内山コスモス街道実行委員会
・メイン会場:コスモス広場(国道254号線「富岡街道」沿い/内山地区)
・会場・目印:内山郵便局(佐久市内山5671-3)の近く
・電話番号:0267-62-3285(佐久市観光交流推進課)

・開催期間:2017年9月10日~21日
・開園時間:6:30~21:00
・湯茶サービス:8:30~16:00
・特産物即売会:9:00~16:00

・アクセス:上信越道・佐久IC~約20分
      JR小海線・中込駅~徒歩で約20分




まとめ

清流魚のつかみ取り大会が行われる滑津川は、千曲川の支流なんです。清流の水はきっと冷たくてキレイですよ。

コスモス広場には展望台がありますので、コスモス街道のコスモスを一望できます。
また野菜の直売所がありますので、採れたての地元野菜などをお求めください。

9月下旬以降、コスモス街道から車で20~30分の内山牧場に見事なコスモスが咲きます。お時間がある方はコチラもどうぞ!
⇒ 内山牧場大コスモス園2017!開花状況や見どころは?

天気(特に台風情報)と最新の開花状況をご確認のうえお出かけくださいね。

※コスモス・関連記事
⇒ 遠軽コスモスフェスタ2017
⇒ 黒姫高原コスモス園
⇒ 内山牧場大コスモス園2017



スポンサードリンク




おすすめ・関連コンテンツ

コメントを残す

このページの先頭へ