巾着田の彼岸花まつり2017!開花情報・見頃やオススメは?

埼玉県日高市の曼珠沙華公園は、巾着の形をしています。元々水田だったため巾着田と呼ばれています。

その巾着田で、2017年も彼岸花まつりが9月16日から開催されます。

曼珠沙華公園でぜひ見てほしいのは何といっても、日本一・約500万本の曼珠沙華!
これほどの大規模群生の彼岸花は日高市巾着田だけ、まさに圧巻です!

kinchakuda1

続いてオススメしたいのは、「巾着の形」。巾着田は広いので、巾着の形は近くでは確認できません。巾着の形の確かめ方もご紹介しますネ。

2015年と2016年、彼岸花まつり期間中彼岸花が見頃でしたヨ。2017年の開花状況はどうでしょうネ?

では日高市巾着田の彼岸花2017。見頃・開花情報、巾着田彼岸花まつり2017、おすすめは3つ等を見て行きましょう。


スポンサードリンク




見頃・開花情報

まず気になることは、彼岸花の開花状況や見頃でしょうね。

彼岸花の開花条件は気温の影響が大きく、一日の平均気温が20~25度になった時と言われています。概ね秋のお彼岸前後がその時期にあたり、文字通りキレイな彼岸花が楽しめます。素敵な花ですね。

2016年の曼珠沙華まつりは、9月17日~10月2日。見頃は9月21頃~9月下旬でしたので、まつり期間中綺麗な彼岸花が楽しめたのですネ。

2017年の曼珠沙華まつりは9月16日~10月1日ですが、期間中見頃が続くといいですね。

では2017年の開花状況を見て行きましょう!
・9月10日、ドレミファ橋付近で咲き始めました。
・9月13日、ドレミファ橋で見頃に。全体的にも開花!
・9月14日、ドレミファ橋見頃継続。上流エリア~開花進行中。
⇒ 埼玉、ヒガンバナが見頃秋告げる赤いじゅうたん(共同通信)

・9月16日、上流と中間地点で見頃に。開花~見頃までが早過ぎる!
・9月21日、上流~下流地点まで全体的に見頃に!
・9月23日、上流は見頃すぎですが、まだ全体的に見頃!
・9月25日、見頃は下流だけです!


巾着田彼岸花まつり2017

2017年巾着田曼珠沙華(彼岸花)まつりの日程が発表されました。

日程は、9月16日(土)から10月1日(日)まで
時間は、9:00~16:30。

例年30万人の来場者がありますので、公園内はとても賑やかです。

約30店舗が出店し、山菜うどん・焼きそば・お団子など美味しいものがたくさん販売されます。

地元のグルメを買ってもいいし、お弁当やおにぎりを持っていくのもOK。高麗川の川岸でのんびり食べるのも気持ちがいいでしょうネ。


近年は観光客も増え、巾着田曼珠沙華まつり期間中の休日は特に周辺道路が渋滞します。高麗駅からは徒歩が超オススメ。高麗駅から巾着田に行く人がほとんどです。人の流れに従ってゆっくり歩いても10分程で到着です。






巾着田曼珠沙華まつり・基本情報

・開催場所:巾着田曼珠沙華公園
・住  所:埼玉県日高市高麗本郷125-2
・電話番号:042-982-0268
・入場料 :300円(中学生以下無料)
・アクセス:西武池袋線・高麗駅~徒歩約10分



スポンサードリンク




彼岸花まつりのおすすめは3つ!


巾着田の彼岸花まつりを、少しでも楽しんでいただきたい!
オススメの楽しみ方を3つ用意しました。ご参考にしてくださいネ!



巾着田に咲く日本一の曼珠沙華

まずおススメしたいのは、間近かで見る日本一の曼珠沙華。

kinchakuda2

大規模群生の曼珠沙華日本一、500万本の彼岸花が赤い絨毯を広げたかのように咲き誇ります。これほど密度の濃い曼珠沙華はココだけ。まさに圧巻です!

また真っ赤な彼岸花の中に、たまに白い花も見られます。シロバナマンジュシャゲ(白花曼珠沙華)。紅一点(いゃ白一点?)ふっと心が落ち着きますね。

曼珠沙華の咲く場所は、高麗川の蛇行によりつくられた巾着田(休耕田)の中。
おおむね上流地点から咲き出し、中流地点、下流地点の順に開花が続きます。3ヶ所で時期をずらして咲き出しますので、それぞれの開花状況を確認のうえお出かけください。

散策路はとてもキレイに整備されていますヨ。散策路に沿って日本一の曼珠沙華を、間近かでお楽しみください。




日和田山から巾着田の全景を見渡しましょう

ところで、巾着ってご存知ですか?

むかしお金や薬などを入れた袋のこと。別名腰巾着(こしぎんちゃく)。これ(↓)が巾着です!
kinchakuda3

曼珠沙華が咲くのは巾着田、これ(↓)は油揚げの巾着煮!似てますネ
kinchakuda4

巾着のイメージが分かったところで…巾着田の全景はどこで見渡せるのでしょう?

日和田山(金刀比羅神社)から南方を眺めてください。巾着のように見えるのでこの名が付けられたのだそうですヨ。

確かに、巾着の形がクッキリと確認できます(地図を拡大してネ)。目の良い人なら内側に赤い彼岸花も見えます。地図なら、実物に近い巾着の姿が見れますネ。




標高305メートルの日和田山の金刀比羅神社まで登って、巾着田の全体像を眺め、次に群生地に咲く曼珠沙華の赤い絨毯をゆっくり鑑賞するのもいい。その逆でも勿論ok。

高麗駅から巾着田に行く人とともに歩き、両側が赤い鹿台橋を渡ったら日和田山方面に向かいます。登山口から金刀比羅神社までは、ゆっくり歩いて40分ほど

高麗駅⇒鹿台橋⇒日和田山登山口⇒男坂or女坂⇒金刀比羅神社(時間があれば⇒日和田山頂まで)



彼岸花とコスモスの競演

園内の中央部分・水車小屋の近くにコスモス畑があります。この時期、コスモスと彼岸花の華麗な競演が楽しめます。

2017年の曼珠沙華まつりが…9月16日~10月1日まで、
2017年のコスモスまつりが…9月23日~10月1日です。後半の1週間が完全に重なっていますよね。

見ごろの最盛期に行って、コスモス・彼岸花の華麗な競演をお楽しみください。


2016年はまつりの最終日の2日間、コスモスの無料摘み取りができましたが、2017年はできません。ご注意ください。



まとめ

郷土物産品の販売やステージイベントも予定されています。

また2017年も無料シャトルバスが、9月23日(土・祝)・24日(日)まで運行されます。
停車場所は、巾着田~高麗神社(無料駐車場)~日高市役所(無料駐車場)。

巾着田曼珠沙華まつり開催中は、周辺道路の渋滞が予想されます。できるだけ電車・バスなどをご利用ください。



スポンサードリンク




おすすめ・関連コンテンツ



※彼岸花・関連記事
⇒ 幸手市権現堂の彼岸花2017
⇒ 日向薬師の彼岸花2017
⇒ 小出川彼岸花まつり2017

コメントを残す

このページの先頭へ