津屋川の彼岸花2018!開花状況や第1回ひがん花まつりはどう?

海津市津屋川の堤防沿い3キロは、彼岸花の群生地として知られています。

2018年も見頃時期には、目の覚めるような真っ赤な彼岸花が楽しめるでしょう。

津屋川の堤防沿いに咲く彼岸花

ところで、あの養老の滝で有名な養老山地から流れ下る津屋川流域は、豊かな自然や今では見られない風景がたくさん残っています。

柳の木・欅木などの木々、養老山脈の山並み等のんびりとした風情も是非お楽しみください。絶景の場所に着いたら、彼岸花と共にその風景も撮影してください!

さて、津屋川の彼岸花、2018年からは楽しみが一つ増えましたヨ。それは、第1回ひがん花まつり開催!

では津屋川の彼岸花2018。開花状況と見頃時期、彼岸花の楽しみ方、第1回ひがん花まつり、アクセスや駐車場等を見て行きましょう。


スポンサードリンク




2018年の開花状況と見頃時期

まず気になる彼岸花の見頃時期を見ていきましょう。

  • 例年の見頃時期は、9月下旬~10月上旬頃

見頃はとても短いですね。2017年は9月23日に見頃になったと思ったら、4日後には見頃過ぎとなりました。

ですから、ぜひ見ごろ時期にお出かけくださいね。


では2018年の開花状況を確認していきましょう。
・9月12日、お待たせしました、開花が始まりました。
・9月21日、だいぶ咲き揃ってきました。見頃は近い!
・9月23日、お待たせしました。見頃を迎えました!
⇒ ヒガンバナ、堤防に真っ赤な秋 海津市の津屋川(岐阜新聞2018/9/23)
・9月26日、見頃が続いています!




彼岸花の楽しみ方

海津市津屋川の彼岸花は、左岸の堤防沿いに約3キロ約10万本が咲き誇る彼岸花の群生地として知られています。

養老山地から流れてくる津屋川の堤防沿いは、彼岸花だけではありません。
豊かな自然があり、名所旧跡がたくさん見られます。

おすすめの楽しみ方をご紹介します。


ゆっくり散策

真っ赤に染まった彼岸花が、斜面一面に埋め尽くす。それを土手の上から見おろす。その景色は他に例えようもなく、素晴らしいの一言です。

まず10万本の大群生を思う存分お楽しみくださいね。

養老山地(あの養老の滝で有名)から流れ下る津屋川のオススメは、彼岸花だけではありません。
豊かな自然や今は見られない風景がいくつも残り、それと彼岸花の取り合わせがとてもお似合いです。

カメラを持参してきた方は、下の場所に着いたらに写真撮影いかがですか。

津屋川の彼岸花と養老山脈

◆柳の木と彼岸花。
◆欅(ケヤキ)の大木と彼岸花。
◆アオサギと彼岸花。
◆バックに構える養老山脈と彼岸花。
◆また津屋川には、清流にしか生息しないハリヨという魚も生息しています。

津屋川堤防に咲く彼岸花と大木

ぜひ、あなたの目でご覧ください。



スポンサードリンク





養老鉄道に乗って彼岸花群生地周遊ハイキング

「養老鉄道に乗って彼岸花群生地周遊ハイキング」をオススメします。

養老鉄道の美濃津屋駅~駒野駅までのコースで、彼岸花群生地をハイキングしましょう!


下記は2015年の情報ですが、とても参考になります。

2015年9月20日(日)一日限定で、津屋川堤防の彼岸花群生地周遊ハイキングが開催されました。

・受  付:養老鉄道美濃津屋駅
・開催日時:2015年9月20日(日) 8:00~10:00
・散策距離:約6キロメートル

◆ハイキングコース
美濃津屋駅⇒津屋城跡⇒ハリヨ池⇒彼岸花群生地⇒津屋川堤防散策⇒駒野橋⇒駒野駅⇒水晶の湯⇒南濃道の駅

※電車の方でしたら、美濃津屋駅~駒野駅までのコースに短縮すると、最後が駅ですから帰りが楽になりますね。



第1回ひがん花まつり

2018年の津屋川は、お楽しみが一つ増えました。

それは、第1回ひがん花まつりの開催です!日程は下記の通りです。

  • 2018年ひがん花まつり日程…9月22日(土)~9月24日(月・振)
  • ひがん花まつりの開催時間…9:00~15:00

場所は、海津市南濃町津屋 ひがん花群生地一帯です。

イベントをご紹介しますね。

■9/22(土)
9:00 オープニング(南濃太鼓)
9:00~10:00 海津市漁協による網打ち

■9/23(日)
9:00~10:00 海津市漁協による網打ち
9:00~(先着50名) 伊藤茶華道教室による野点

■9/24(月・振)
養老鉄道を利用して来場する方は抽選で記念品贈呈!
美濃津屋駅で抽選券が配布されます。

◆3日間ともに、俳句大会・朝市なども催されます。

詳細はコチラをご覧ください。
⇒ 第1回津屋川ひがん花まつり



アクセスや駐車場

■養老鉄道・美濃津屋駅から徒歩約10分
一番のおすすめは、養老鉄道の電車!
このあとで自動車のご紹介をしますが、この時期は混雑するので電車がお勧めです。


■名神高速道路・大垣ICから、車で約25分
簡単にご案内すると、名神高速の大垣ICで下ります。国道258号線を桑名方面(大垣方面ではない)にずっと走ります。

「養老町瑞穂」の信号(横断歩道橋のある大きな交差点)を右折します。この広域農道を走り、「プラザしもたどの駐車場」を目指してください。途中で津屋川を渡ります。


■駐車場
駐車場は少ないですが、車で行く予定の方はプラザしもたどの駐車場をご利用ください。
・住所は、岐阜県海津市南濃町津屋2837-90

9/22と9/23は、駐車場からシャトルバスが運行しますのでぜひご利用ください。(天候による変更あり)
・運行区間は、みかげの森「プラザしもたど」~ひがん花群生地


津屋川近くにも駐車場は2か所ほどあります。
・津屋川を渡り、反対側の南濃梅園と書かれた梅園入口の先に、十数台の駐車場があります。
・津屋川を渡って南濃梅園入口を左折して、100メートルほどの所に数十台の駐車場があります。

他にも探せばありますが、ピーク時は大混雑します。路上駐車した方もいたようですが、ダメですよね。



まとめ

最後に、お車で行く方にお願いします。

彼岸花の群生地では、一般車両が入ってくる箇所もあります。
道幅が狭いので接触事故にならないよう、散策の際お気をつけください。

また周辺には駐車場がありません。路上駐車をしないようお願いしますね。






おすすめ・関連コンテンツ




※彼岸花・関連記事
⇒ 巾着田の彼岸花まつり2018!開花状況・見頃や見どころは?
⇒ 幸手市権現堂の彼岸花2018!開花状況やアクセスは?
⇒ 日向薬師の彼岸花2018!開花状況や見頃は?
⇒ 小出川彼岸花まつり2018!開花情報やアクセスは?
⇒ 半田市矢勝川の彼岸花2018!見頃や開花状況、駐車場は?
⇒ 明日香村彼岸花祭り2018!見頃・開花状況、見どころは?

コメントを残す

このページの先頭へ