川崎大師の七五三!祈祷の予約や料金・待ち時間?アクセスや駐車場は?

川崎大師は、初詣参拝者数300万人全国第3位の人気寺院です。
kawasakidashi1

七五三参りでも神奈川県内で上位にランクインしています。
人気の寺院ですから、もの凄い人出となることでしょう。心配なことがたくさん出てきますね。

それでは川崎大師の七五三。祈祷の予約や料金、祈祷の混雑・待ち時間、アクセス・駐車場などをご一緒に見ていきましょう!


スポンサードリンク





祈祷の予約や料金

川崎大師は関東で人気の初詣スポット。初詣参拝者は例年300万人で全国第3位を誇る寺院です。また厄払いの祈祷にも厄年を迎える男女の参拝者が沢山訪れます。

そんな川崎大師ですが、七五三でも神奈川県内で上位にランクインしています。

ここで一点たいせつな事を確認させてください。川崎大師は、真言宗智山派の寺院です。御本尊は、あの弘法大師・空海上人です。七五三は、子どもさんの名前が書かれた申込用紙を御本尊にお供えして祈祷する事になります。

宗派にこだわりをお持ちの方は、以上のことをご理解した上で祈祷してくださいネ。

では祈祷の予約や料金をご一緒に見ていきましょう。

予約は、ズバリ不要です。
祈祷料も、ズバリ5000円~。5000円でよろしいでしょう。ただお気持ちがあればそれ以上でも構いませんが。



七五三祝子育祈祷月間修行

・開催期間:2016年11月1日~30日
・開催時間:9:00~16:00
・祈祷料 :1名につき5000円以上
・受付場所:大本堂



川崎大師・基本情報

・御本尊:厄除弘法大師
・宗 派:真言宗智山派
・住 所:川崎市川崎区大師町4-48
・夏時間:5:30~18:00(4月~9月)
・冬時間:6:00~17:30(10月~3月)

 ※冬時間の21日は5:30~17:30
・お問合せ:044-266-3420





祈祷の混雑・待ち時間

2016年の七五三祝子育祈祷月間は、11月1日(火)~30日(水)まで。

川崎大師にお願いするのは祈祷。期間内は毎日、広い大本堂内の稚児大師尊像前で随時祈祷を行っています。

稚児大師尊像は、弘法大師・空海上人の5歳の頃のお姿です。

学業成就と子育満足の御本尊ですから、初まいり(お宮参り)や七五三参りのとき、稚児大師尊像前で子どもの健やかな成長を願って祈祷を行います。


具体的には、祈祷の受付を済ませた家族がある程度の数(10数家族ほど)になったら、稚児大師尊像の前で祈祷を行います。

また現在祈祷中のグループが存在する場合であっても、祈祷終了後には案内があります。

kawasakidashi2

ですから、土日や祝日でも、待ち時間はそれほど発生しません。仮に大本堂内が大混雑した時は、受付の場所と祈祷場所を変えることで混雑回避しますので大丈夫!

また、お食事や写真撮影・ヘアメイク・着付けなどは別のところでやります。川崎大師では祈祷だけですので、それほど混雑はしないってことです。

と言われても大混雑を心配される方は…11月16日(火)以降に行くことをおすすめします。


スポンサードリンク





アクセス・駐車場

■電車
☆まず京急本線で京急川崎駅まで行きましょう。

【東京方面から】
・品川駅(JR)から品川駅(京急)へ移動(徒歩2分)する。
・品川駅(京急)~京急本線~京急川崎駅(約10分)一旦下車

【横浜方面から】
・横浜駅(JR)から横浜駅(京急)へ移動(徒歩3分)する。
・横浜駅(京急)~京急本線~京急川崎駅(約10分)一旦下車

☆京急川崎駅で京急大師線の電車に乗り換えましょう。
 ~京急大師線~川崎大師駅下車~徒歩8分

■バス
JR川崎駅東口7番のりば~大師行きバス(川23系統)~大師バス停下車~徒歩8分

■自動車
【東京方面から】
・首都高速の横羽線/大師IC~約5分

【横浜方面から】
・首都高速の横羽線・川崎線/大師IC~約1分

■駐車場
・700台/無料
・利用時間は、8:00~17:00

場所は、自動車交通安全祈祷殿の隣ですので、駐車場からは徒歩10~15分です。

700台が無料とはとてもありがたいですね。




まとめ

川崎大師は、例年300万人の初詣参拝者で全国第3位を誇る寺院です。また厄払いにも厄年を迎える参拝者が沢山訪れます。
⇒ 川崎大師の厄払い!祈祷の予約や受付時間・時期・料金は?厄年は数え年か?

そして七五三参りでも神奈川県内で上位にランクインする程の人気神社です。これまで祈祷の予約や料金、祈祷の混雑・待ち時間、アクセス・駐車場などをお伝えしました。
ポイントは…
・予約は不要。
・祈祷料は5000円~。
・2016年の七五三祝子育祈祷月間は、11月1日(火)~30日(水)。
・祈祷の混雑や待ち時間は、土日祝日でも思ったほど発生しません。
 どうしても心配される方は…11月16日(火)以降をおすすめします。

アクセスは、お子さんの年齢などを考慮して、車にするか電車にするかお決めください。


スポンサードリンク




関連コンテンツ

コメントを残す

このページの先頭へ