日光華厳の滝!駐車場料金やアクセスは?

日光を代表する観光名所・華厳の滝は、那智の滝、袋田の滝とともに日本三大名瀑と呼ばれ、全国に知られています。
nikkokegontaki01

中禅寺湖の湖水が、岩壁から一気に落下してくる水流が華厳の滝。滝の高さは97メートル、幅は7メートルもあり、日光はもちろん日本を代表する観光スポットなのです。

華厳の滝を存分に楽しんでいただくために、駐車場料金やアクセス、そして日光華厳の滝の魅力、おすすめ周辺スポット情報等についてお伝えします。


スポンサードリンク





駐車場料金は?

華厳の滝には車で来る方が多いですよね。ですから華厳の滝周辺にある栃木県営の駐車場を4カ所ご紹介しますね。

■駐車場料金
・普通車 :310円/普通車用2回券は各駐車場の自動販売機で購入
・大型バス:2190円/共通利用券9250円(5回券)
・二輪車 :100円
*全て1台1回の料金です。

■駐車場営業時間
・7:00~22:00(4月1日~11月30日)
・8:00~21:00(12月1日~3月31日)


■華厳の滝駐車場
・華厳の滝第1駐車場:普通車138台/大型バス12台
・華厳の滝第2駐車場:普通車62台/大型バス19台

*華厳の滝第1と第2は、華厳ノ滝に隣接し華厳の滝観光には最適の駐車場です。
華厳の滝まで1~3分、中禅寺湖までは5~8分かかります。


■湖畔駐車場
・湖畔第1駐車場  :普通車218台/大型バス11台
・湖畔第2駐車場  :普通車58台

*中禅寺湖の前にも駐車場が2カ所存在、華厳の滝までは10分程かかります。

4カ所の駐車場のいずれかを利用すると、
1回の駐車料金で華厳の滝観光と中禅寺湖観光ができますので、たいへんお得です!

他にもさがせば、310円もしない個人の駐車場がありますので、お時間に余裕のある方はおさがしください。


スポンサードリンク





アクセスは?

■電車・バス
JR・東武日光駅~東武バス中禅寺温泉行きまたは湯元温泉行き(約40分)
~中禅寺温泉下車~徒歩約5分
⇒ 時刻表・東武バス中禅寺温泉行き・湯元温泉行き


バスは1時間に2~3本程度です。
中禅寺温泉行きと湯元温泉行きがあります。
中禅寺温泉行きバス利用時は、終点で下車、
湯元温泉行きバス利用時は、中禅寺温泉で下車してください。

■自動車
日光宇都宮道路・清滝IC~約15分





日光華厳の滝の魅力は?

栃木県日光市の華厳の滝は、和歌山県・那智の滝、茨城県・袋田の滝とともに日本三大名瀑と呼ばれ、その名も全国に知られている観光スポツトです。

華厳の滝は、男体山の噴火で溶岩が川をせき止めてできた中禅寺湖の湖水が、岩壁から一気に落下してくる水流。滝の高さは97メートル、幅7メートル、滝壷の深さは約4.5メートルもあります。

滝壺に吸い込まれてしまいそうな迫力ある華厳の滝観光!最大の見どころはここ!



定員30名乗り(2基)のエレベーターで100メートルを1分間で一気に降りていきます。滝壺近くにある観瀑台に立ち、大岸壁から落下する大迫力の滝が望めます。間近かな場所で、大爆音とともに水しぶきをあげる豪快な滝をご体験ください。

下から見上げる観爆台とは別の無料の展望台がありますが、折角来たのですから大迫力の滝をより近くで見ることをおすすめします!

この中禅寺湖から流れ出た華厳の滝って、この後どうなるのでしょう?鬼怒川等となって最後は利根川の水と合流し、太平洋へと流れていきます。繋がっているんですネ。

来るときは真夏でも少しひんやりしますので、長袖の羽織るものを用意しておくのもいいですネ。

なお、華厳の滝発見者は勝道上人と伝えられています。
「華厳の滝」命名の由来は天台宗の五時八教説の中にある華厳経から名づけられたといわれています。


日光華厳の滝・基本情報

・住  所:日光市中宮祠2479-2
・電話番号:0288-55-0030(華厳滝エレベータ営業所)
・営業時間(エレベーター):
  8:00~17:00(3月1日~11月30日)
  9:00~16:30(12月1日~2月末日)
*営業時間は変動する場合があります。
・エレベーター料金(往復):
  大 人:550円(中学生以上)
  小学生:330円
  幼 児:無料(小学生未満)


スポンサードリンク





おすすめ周辺スポット?

日光といえば、「華厳の滝」のほかに有名なスポットがありますよね。そぅ「日光東照宮」です。

華厳の滝を見てまだまだお時間に余裕のある方のために、「華厳の滝」~「日光東照宮」までのアクセス情報をお伝えします。
電車は通っていないので、バスか車を利用するしかありません。

■バス
バスは来るときは、「日光駅発⇒中禅寺温泉行き・湯元温泉行き」でしたが、
戻るときは逆に「湯元温泉発または中禅寺温泉発⇒日光駅」となります。

日光東照宮に一番近い(下車する)バス停は、「西参道」。
中禅寺温泉~西参道までの所要時間は30分ほど、西参道バス停から東照宮までは、徒歩で約10分です。乗り換えなしですから、すんなり行けますね。

■自動車
標高1200メートルの華厳の滝から市街地の日光東照宮に向かうことになります。所要時間は20分程ですが、混雑時はさらに時間がかかります。

東照宮に一番近い駐車場として、年中無休の東照宮大駐車場(200台駐車可能)があります。料金は、普通車で600円です。




まとめ

日光といえば、日本を代表する観光地。また日本を代表する紅葉の名所でもあります。

華厳の滝や中禅寺湖、いろは坂などでもキレイな紅葉を見ることができます。
でも紅葉シーズ中やお盆の期間などはたいへん混雑しますので、
時期を変える、公共交通機関を利用するなどの注意が必要です。

またバスを利用しても、紅葉シーズンなどはかなり渋滞しますので、早めに出発されることもオススメします。


コメントを残す

このページの先頭へ