明治神宮へ厄払い!予約・受付時間・初穂料は?古いお札の返却方法?

明治神宮は、明治天皇と昭憲皇太后がお祀りされ、日本人の心のふるさととして親しまれています。

明治神宮第三鳥居

1月には厄年を迎える大勢の方が、一年間厄を避けて無事安泰に過ごすため厄払いの参拝に訪れます。

ところで明治神宮の初詣参拝者数は毎年全国一位。
厄払いの時期と重なり境内は大混雑しますが、祈祷そのものは初詣のように何時間も待つことはありません。
そのわけは本文を見てネ!

では明治神宮へ厄払い。予約や受付時間、初穂料とお札の効果、古いお札の返却方法などをご一緒に見ていきましょう!



スポンサードリンク




明治神宮厄払いの予約や受付時間

明治神宮は、明治天皇と昭憲皇太后を御祭神としてお祀りする神社です。

73ヘクタールの鎮守の杜は、日本人にとって心のふるさとといった存在です。1月になると厄年を迎える大勢の参拝者と初詣客で、境内はホントウに大混雑します。このように明治神宮が大混雑するのは、日本人に親しまれているからでしょうネ。

ではまず、明治神宮の厄払いの予約や受付時間を見ていきましょうね。

  • 祈祷の予約は…個人の方は必要ありません。

受付場所は、本殿の右側にある神楽殿の正面受付です。

明治神宮本殿

緑色の御祈願申込書に、願意・住所・氏名などを記入してください。

住所と名前のふりがなは、ゼッタイ読みやすい字で正確に書きましょうネ。祈祷の際、混雑している時には数百名の名前が順番に読み上げられますのでネ。

願意に「厄祓」と書いたら、初穂料と一緒にお出しください。

  • 祈祷の受付時間は…9:00~16:20(随時受付)

希望する祈祷時間の10分前には来て受付を済ませてください。受付が済んだら、案内があるまで待合所でお待ちくださいネ。

そしていよいよ祈祷!160畳の広さで最大で800名まで着席できる神楽殿で執り行われます。

  • 祈祷の時間は…9:30~16:30(約30分毎に開始)

祈祷時間は30分程で決まっていますが、待ち時間は混雑の状況で何とも言えません。ただ、800名まで着席できる神楽殿で行いますので、初詣のように何時間も待つってことはありません。少しだけですからお待ちくださいネ!



スポンサードリンク





明治神宮厄払いの初穂料とお札の効果

つぎに料金はいくら包めばいいのでしょう。

明治神宮では下記のように祈願祭として、3種類が決められています。

◆3万円…名前入り
◆1万円…名前入り
◆5千円…名前なし


なお、大祈願祭は5万円なんてのもありますが。。

大きな違いは、サイズと名前入りかどうかです。それと授与品の内容が変わってきます。値段が高くてサイズも大きいお札は効果も大きそうですが、値段による効果は同じです。

サイズの大小が効果に関係なくても、祀るときに大切なんですよね。祀る場所が神棚とすると、神棚のサイズより大きいお札は入りませんからね。

※自宅の神棚の上下のサイズを測ってから、明治神宮に来てくださいね。

★神棚のサイズにピッタリ納まる、お札のサイズ(金額)をお選びください。


次に…お札のサイズが大きくても小さくても、効果を上げる方法をご紹介しますね。

家に帰ったら、お札を神棚などにお祀りしてください。そして毎日、神棚の前に立ちお参りする事をオススメします。
効果には…神棚が立派とか、お札が大きいとかは関係ありません。できれば毎日二拝二拍手一拝することをオススメします。願いはより強く通じることでしょう。




明治神宮厄払い、古いお札の返却方法

お札は、祈祷の最後のほうで渡してもらえます。

無事に1年が過ぎたら、明治神宮に古いお札を返却してお礼参りしましょうね。感謝の気持ちを伝えれば、きっと神様もお喜びになることでしょう。

あなたを1年の間守ってくれたお札とお守りは、古神符納所に入れてください。また納め料も気持ち程度を賽銭箱へお入れくださいね。

役目を終えたお札などは、お焚き上げで焼納されます。お礼参りでお札もコレでけじめがつくって訳ですね。



まとめ

明治神宮は、明治天皇と昭憲皇太后をお祀りする日本人にとって心のふるさとといった存在の神社です。

毎年日本一の初詣客が全国から訪れるだけでなく、厄払いでも人気があり、一年中参拝者が絶えません。

これまで明治神宮へ厄払い。予約や受付時間、初穂料とお札の効果、古いお札の返却方法などをお伝えしました。

ポイントは…
・個人の予約は不要
・受付時間は、9:00~16:20
・祈祷料は、3種類
※神棚のサイズから、お札の金額を決めてください。

明治神宮は正月三が日は大混雑します。4日以降にしたほうが賢明ですね。また寒い時期ですので、暖かい服装でお出かけくださいませ。

※厄払いの祈祷料、のし袋に入れようか迷っている方はコチラ!
⇒ 厄払いの祈祷料!のし袋の書き方や水引の種類は?



スポンサードリンク




おすすめ・関連コンテンツ




※厄払い・関連記事(東京・神奈川)
⇒ 西新井大師へ厄除け!予約・所要時間・混雑状況は?料金の違いで効果は?
⇒ 日枝神社へ厄払い!予約・受付時間・料金は?服装はどうする?
⇒ 川崎大師の厄払い!祈祷の予約や受付時間・時期・料金は?厄年は数え年か?
⇒ 寒川神社へ厄払い!予約や受付時間、料金は?服装はどうする?
⇒ 鶴岡八幡宮へ厄払い!厄除大祈祷の受付や料金は?待ち時間は?

コメントを残す

このページの先頭へ