寒川神社へ厄払い!予約や受付時間、初穂料は?服装はどうする?

神奈川県の寒川神社は、七五三で参拝したい神社にランキングされる人気神社。また厄払いでも有名な神社で参拝客が絶えません。
samukawa-yakubarai1
初詣・お宮参り・安産祈願でもたくさんの参拝者が訪れ境内は混雑します。混雑で一番気をつける時期は、厄払いと重なるお正月の初詣の時期でしょうか。

では寒川神社の厄払い。予約や受付時間、初穂料の金額、服装はどうする、祈祷の所要時間などをご一緒に見ていきましょう!


スポンサードリンク





予約や受付時間?

神奈川県寒川町の寒川神社は、古くから相模国一之宮と称され長い歴史のある神社です。
いまでは七五三で参拝したい神社にランキングされるほどの人気神社になりました。またお宮参り、さらに厄除け・厄払いでも名高い神社で参拝客が絶えません。


ではこれから、厄払いの予約や受付時間を見ていきましょうね。

◆予約は不要です。
当日、客殿内の受付所で受付してください。
初詣の時期、参拝の列にならんでいる初詣客の最後尾につかないでください。ホントに混雑するときは2時間以上並ぶようです。

祈祷も多少は混みあいますが、間もなく受付けてもらえるのでいいですね。申込み用紙には、住所・氏名・生年月日・電話番号を記入し初穂料と一緒に納めましょう。


◆祈祷の受付時間は、8時~17時まで(年中無休)です。
受付が済んだら待合室に案内されます。その後本殿で祈祷を行います。

受付所や待合室のある客殿は、2002年竣功でとても綺麗です。

外で初詣に来た人は、寒い中を列にならんでいますね~。冷暖房完備の待合室のソファーに座って、セルフサービスのお茶やお茶菓子などをいただきながら、待ちましょうネ。

名前を呼ばれたら本殿へ向かいます。
samukawa-yakubarai2

お正月の三が日など混雑している時期は、大勢で列をなしていくことになります。大勢ですから多少は時間はかかるでしょう。
でも、あわてなくて大丈夫ですよ。本殿は総檜作りで216人が座れる席が用意してありますからね。


スポンサードリンク





初穂料はいくら?

つぎに祈祷料はどのくらいの金額を包めばいいのでしょう。

神社では、祈祷料のことを一般的に初穂料(はつほりょう)と言います。

寒川神社の初穂料は、5種類の金額が定められています。


  • 3,000円以上
  • 5,000円以上
  • 10,000円以上
  • 30,000円以上
  • 50,000円以上

このうち、初穂料の相場と言われる5000円~10000円を包めばいいでしょう。




服装はどうする?

特別決まりや指定はありません。神様に対して失礼のない服装ってことでしょうか。


一般的には…

男性はスーツにネクタイ、女性はスーツかワンピース。



ただ寒川神社の厄払いは、待合室で白装束を渡されその場で身につける事になります。

厄払いは社殿に上がって祈祷する正式参拝ですので、本来は正装でした(現在は男性でスーツ)。
例えば伊勢神宮の正式参拝では、服装がしっかり規定されています。ご神前で祈祷するのですから、納得ですよね。

ここからの2行は、勝手に思ったことです。。
でも、相模国一之宮と称され、氏神的存在の寒川神社では、、、参拝者が正装やスーツに着替えるのも大変でしょうと。
普段着の上から、白くて祓い清めるには最適な白装束を身にまとってもらい、お祓いするのでしょうね。

だから普段着でもOKでは、という考え方もありますが、
ジーンズはちょっと控えたほうがいいと思います。キレイに洗濯された普段着の上に白装束を羽織るのなら、神様もご納得されることでしょう(笑)。

祈祷は本殿で執り行います。
白装束を着て、ぞろぞろと集団で少し歩くことになりますが、本殿に向かう途中で手も洗い清めてから、お祓いを受けてくださいね。


samukawa-yakubarai3


厄払い祈祷の所要時間は?

お正月の三が日などは、受付や待合室で何時間も待つこことがあります。

でも本殿に入ってから(祈祷そのもの)は、時間はそれほどかかりません。人数にもよりますが10分~20分程でしょうか。

本殿の椅子は総檜作りで快適です。場所は自由ですので前からお座りくださいね。

神主さんが申込み用紙に書かれた住所や氏名などを読み上げます。参拝者が大勢のときは、自分の名前を聞き漏らさないようによく注意して聞いてくださいね。名前を聞き漏らしたら、がっかりしますものね。

私の経験談ですが、厄払いをしていただくと、なんとなく気持ちがす~っとして落ち着きます!


スポンサードリンク





まとめ

寒川神社は、七五三で参拝したい神社にランキングされるほどの人気神社。
⇒ 寒川神社へ七五三参り!祈祷の料金や予約、受付時間、アクセスは?

またお宮参り、厄払いでも有名な神社で参拝客が絶えません。

これまで、予約や受付時間、初穂料の金額、服装はどうする、祈祷の所要時間などをお伝えしました。

ポイントは…
・予約は不要
・受付時間は、毎日8時~17時まで
・祈祷料のオススメは5000円~10000円
・服装は、男性はスーツにネクタイ、女性はスーツ・ワンピース
・厄払い祈祷の所要時間は、それほどかかりません

お正月の三が日は大混雑です。避けたほうがよさそうですね。

※厄払いの祈祷料、詳しく知りたい方ご覧ください!
⇒ 厄払いの祈祷料!のし袋の書き方や水引の種類は?


※寒川神社へお宮参り予定の方はどうぞ!
⇒ 寒川神社へお宮参り!予約・時間は?初穂料にお食い初めセット含めて!

※寒川神社へのアクセスはコチラで!
⇒ 寒川神社へのアクセス?電車は海老名や茅ヶ崎で乗り換え!バスも便利!



コメントを残す

このページの先頭へ